eスポーツ ニュース

【eスポーツ】「国内eスポーツ」市場規模が約13倍の48億円に成長

2018日本のeスポーツ市場規模

2018年度の国内eスポーツの市場動向の予測がGzイレブンによって発表されました。

・大きく飛躍した2018年
日本のeスポーツ市場規模
「出典:Gzブレイン」

eスポーツ元年と呼ばれる本年度は昨年2017年に対し、国内市場規模は約13倍の48.3億円にまで成長しています。
eスポーツ後進国と言われる日本においても本年度は大小問わず多くの大会が開かれるようになり、またバトルロイヤルと呼ばれるジャンルのゲーム(Fortnite,PUBG,荒野行動など)の活躍、そして新語・流行語大賞にノミネートされたほど多くの場面で報道され、より多くのスポンサーを動かしたことなどが要因として挙げられます。

それでも日本のゲーム人口に対してまだまだ国内eスポーツ市場は非常に小さいもので、様々な課題はあるものの大きなポテンシャルを秘めているので今後の成長には大きく期待できます。
またアジア大会の正式種目になったことや今後オリンピックの種目になる可能性も大きな追い風になることは間違いないでしょう。

 

・市場規模の大半を支えるスポンサー
2018年日本のeスポーツ市場規模/項目別割合
「出典:Gzブレイン」

市場の4分の3以上の割合をスポンサーが占めています。
これは2018年度市場規模でも申し上げた通り、eスポーツについての話題が報道され始めたこともあり、ゲームやeスポーツに関連のない企業もスポンサーとして名乗り出したことも影響しています。
その一方で現在行われている興行の多くはスポンサー頼りの状況で、放映権、チケット、グッズなどの収益を増やしていかなければ、国内eスポーツ市場の成長を妨げる要因になってしまいます。

 

・これからに期待したいeスポーツファン数

日本eスポーツファン数
「出典:Gzブレイン」

Youtubeを始めとしてゲーム関連動画視聴者は多いが、まだeスポーツというジャンルにおいてのファンの割合は少ないと言えます。
これは単純にeスポーツの市場が拡がれば自然と比例して伸びていくと考えられますが、興行がより盛んになることが成長の鍵を握ります。

 

このまま日本市場が成長することは必須であるし、更なる飛躍を遂げるポテンシャルは大いにあると考えます。
その一方でeスポーツというジャンルがまだ新しいジャンルである為、インフラの確立が今後の成長の速度を決める大きな課題となるでしょう。
日本で「eスポーツ」というジャンルが多くの人に親しまれるようになることを期待します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.