eスポーツ ニュース

【eスポーツ】eスポーツによる自治体の街づくりに「金沢モデル」

 2月13日、金沢市(石川県)のeスポーツ活用産業創出検討会が、eスポーツによる地域活性化の為の行動計画「eスポーツ金沢モデル」をまとめ、山野之義市長へ提言した。

 金沢美術工芸大学の関係者やゲームクリエイターなどによってつくられる「eスポーツ活用産業創出検討会」によると「eスポーツは最初から地域性のあるものではないので、金沢市にどうフィットするかを考えた場合、オープンなコミュニティをつくる必要性があり、誰しもが馴染めるようなものを目指してeスポーツを文化とし根付かせる。」と話す。

 eスポーツが来年度の茨城国体で文化プログラムとして行われることを受けて、パズルゲームなどに多くの市民が関心を持つようイベントを開催することや、北陸三県のeスポーツ団体が共同で年に一回イベントを開催することなどが「eスポーツ金沢モデル」に盛り込まれている。

 提言を受けた山野之義市長は「若い人たちを中心に新しい産業になり得る、そして新しいコミュニティをつくることに繋がっていくという感じを強く受けたので、行政としては環境整備をはじめ、どんなことが出来るかということを考え、取り組んでいきたい。」と話す。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.