eスポーツ ニュース

【eスポーツ】中国インターネット協会がesports活動委員会設立へ

 中国インターネット協会のエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)活動委員会発足会議とeスポーツ業界のサミット「eスポーツとスマート経済」が2日午後、北京で開催されたと人民日報が伝えた。そこでeスポーツ活動委員会の役割や活動内容が発表されたという。

 同委員会は今後、主管当局と連携してeスポーツ業界の管理の規範化を強化し、eスポーツ教育産業と国家教育戦略を融合させることを掲げている。中国のeスポーツ業界が健全かつ持続的に発展するよう牽引し、スマート都市のインフラ建設のためにサービスを提供していく。

 また、eスポーツ業界の資源を統合し、各企業・事業機関が関連活動を展開できるよう働きかける。さらに業界の統計や調査報告を発表し、海外の業界との交流と協力をしながら、国際的なeスポーツ政策、規範、基準制定などの国際的な活動に参加する役割を担う。

 中国インターネット協会の宋茂恩副事務局長は、「eスポーツ産業は中国内で一定規模にまで拡大しており、大きな経済効果を挙げている。現在、中国国内のeスポーツ産業の商業化とグローバル化がすでに議事日程に組み入れられ、eスポーツの導入と海外進出が促進されている」と述べた。

 中国では、2016年に中国教育部(省)が「eスポーツと管理」を高等職業学校の専攻学科に盛り込んで以降、eスポーツの専門人材育成が正式に高等教育に盛り込まれている。

 2018年にインドネシア・ジャカルタで開催されたアジア競技大会では、eスポーツが初めてデモンストレーション競技として実施され、中国が最初の金メダルを獲得した。同大会で、中国は金メダル2枚、銀メダル1枚と好成績を収めている。

 「中国eスポーツ業界発展報告2018」によると、2017年、中国のeスポーツの競技人口は2億5000万人で、世界の競技人口の半数以上を占め、その市場は50億元(1元は約16.7円)以上に達し、急成長を遂げている。また、eスポーツに興味を持つ人の32.6%がeスポーツに従事する意向を示し、保護者の4分の1が子供がeスポーツに従事することを「支持する」と答えているという。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
KAYA

KAYA

元ゲーム会社社員で2児の母。ゲーム未経験からゲーム好きになった経歴を生かし、ゲームの魅力を伝えていきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.