eスポーツ ニュース

【eスポーツ】愛媛県eスポーツ連合が5月1日に発足、地域活性化を狙う

松山城2019042605

 eスポーツを組織的に盛り上げようと、愛媛県eスポーツ連合が5月1日に正式発足することが決まった。愛媛県eスポーツ連合は、eスポーツを県内全域に広め、地域社会や経済の活性化につなげるために設立が決まり、県サッカー協会や県内のマスメディアの代表などの5人が理事を務めるという。

 代表に選出されたのは、南海放送社長の田中和彦氏。田中氏は、公開競技として実施され、盛り上がりをみせた昨夏のジャカルタ・アジア大会を例に挙げ「日本にもそうした時代が来る。県内のeスポーツを前に進めていきたい」と話した。また、「最初はサッカーと野球が最初の取り組みになると思うが、その辺りから仕掛けていきたい」と意欲をみせた。

 今後、茨城国体の文化プログラムの正式種目になっている「ぷよぷよ」や「ウイニングイレブン」の県予選大会開催などをサポートするほか、会員や公式パートナーを募り、eスポーツの競技人口の拡大を図るという。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
KAYA

KAYA

元ゲーム会社社員で2児の母。ゲーム未経験からゲーム好きになった経歴を生かし、ゲームの魅力を伝えていきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.