eスポーツ ニュース

eスポーツ制作の基礎知識を学べる「RIZeSTアカデミー」開講

Gaming2019061002

 国内初となるeスポーツ専用施設「e-sports SQUARE AKIHABARA」を開業するなど、eスポーツエンターテイメント事業を展開する株式会社RIZeSTは2019年7月より「RIZeSTアカデミー」を開講することを発表した。

 「RIZeSTアカデミー」では、座学・実技を織り交ぜた構成で、一式のカリキュラムを受講することでeスポーツの制作におけるプランニングから実行までの基礎知識に触れることができる。

 eスポーツを用いたイベント制作やインターネット配信の需要が高まっており、「RIZeSTアカデミー」では、各現場で活躍することがのできる人財を輩出し、RIZeSTがミッションとして掲げている「eスポーツを持続可能な文化的・経済的・社会的なものとする」ことへの貢献を目指す。

  また、「RIZeSTアカデミー」開講に伴いe スポーツ業界を⽬指す人向けの人財登録サービスも導入を予定しており、e スポーツ⼈財の採⽤を検討している企業・地⽅⾃治体などとのマッチングにも積極的に取り組んでいく。

 

RIZeSTアカデミー概要

<講座コース>
RIZeSTアカデミー:一般コース
開講日:2019年7月以降
受講日程:毎週月曜日、火曜日合計6日間+イベント制作実技日1日
受講料:262,000円(税抜)「基本受講料、イベント制作実技、年間サポート、テキスト代含む」
定員:15名
会場:「e-sports SQUARE AKIHABARA」

RIZeSTアカデミー:集中コース
開講日:2019年7月以降
受講日程:月曜日〜土曜日合計6日間
受講料:212,000円(税抜)「基本受講料、イベント制作実技、年間サポート、テキスト代含む」
定員:20名
会場:「e-sports SQUARE AKIHABARA」

※申し込み開始は6月中旬を予定
※講座申し込みサイトは、後日RIZeST公式webサイト内にて公開

<講座内容>
・座学編
プロデュース業務:イベント全体進行
制作業務:企画・立案、イベント本番~事後レポート
大会運営業務::競技ルール策定~選手管理、審判業務
コミュニティ運営業務:コミュニティ形成、運営、管理、ツールの活用方法
技術業務:個人、小規模な配信に必要となる機材、知識~大型大会に必要となる機材、知識
施設運営:eスポーツ施設運営に必要なハード・ソフト両面の紹介など

・実技編
座学編で得た知識を実際に「e-sports SQUARE AKIHABARA」の施設、機材設備を使って大会の企画~本番までの業務を体験

<対象者例>
・eスポーツ業界に志を持った方
・eスポーツ人財を採用、内製化したいと考えている方・企業・学校法人・地方自治体
・イベントを自主開催したいと考えているストリーマー・イベンター

※講座内容は状況に応じて変更する場合あり
※講座は定員に達し次第締め切り、また申込み内容に応じて応募を受け付けられない可能性あり

<講座実績>
・エディオンなんば店
制作と技術の講座をオープン前に実施。引き続き、店舗での「コト売り」を加速させるイベント制作能力アップと制作の内製化をサポートしていく。

 

詳細情報は下記公式サイトでご確認下さい。
公式「株式会社RIZeST」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.