eスポーツ 大会・イベント情報

日本初のeスポーツアナウンサー平岩氏、「神戸学校」にて講演

神戸学校201910300301

 11月16()、「経験と言葉の贈り物」をコンセプトにしたメッセージライブ「神戸学校」にて、日本初のeスポーツアナウンサー平岩 康佑氏による、「eスポーツにかける思い~日本初のeスポーツアナウンサーとして~」をテーマにした講演会が開催される。

※以下、プレスリリース引用

 

 11月の神戸学校は、元朝日放送のアナウンサーで現在はフリーでご活躍中の平岩康佑さんをお招きします。これまで、テレビやラジオで平岩さんによるスポーツの実況中継をお聞きになられた方も多くいらっしゃると思います。

 平岩さんは現在、急激に認知されはじめているeスポーツの可能性にかけ、2018年に日本初のeスポーツ専門アナウンサーとして独立・起業されました。神戸学校では、そもそもeスポーツとは何なのか、現在の状況や課題、そして実況の重要性とともに、平岩さんが実況を通じて観衆に伝えたいことについてお聞かせいただきます。

 eスポーツ界における平岩さんの役割や思いについてもおうかがいしながら、その魅力や未来について、みなさまに感じていただく会にしたいと思っています。お楽しみに。

詳細・お申し込みはこちら:https://feli.jp/s/kg191030/1/

 

開催概要

第271回 フェリシモ『神戸学校』
<ゲスト>
平岩 康佑さん(元朝日放送アナウンサー)

<テーマ>
「eスポーツにかける思い~日本初のeスポーツアナウンサーとして~」

<日時>
11月16日(土)13:30~16:00 13:00開場

<場所>
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)2階 STAGE FELISSIMO
兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4
地図はこちら:http://kiito.jp/access/

<交通>
阪神神戸三宮駅、阪急神戸三宮駅、JR三ノ宮駅より徒歩約20分 ポートライナー「貿易センター駅」より徒歩約10分

<参加料>
一人:一般 1,200円(学生 1,000円)
ペア:一般 2,000円(学生 1,600円)
※中学生以下の方は無料。
※神戸学校の参加料は、全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児への支援に活用されています。

 

ゲストプロフィール

平岩 康佑(ひらいわこうすけ)さん<元朝日放送アナウンサー>
 1987年9月2日生まれ。法政大学在学中にアメリカワシントン州の大学に編入し、ビジネスを専攻。卒業後、2011年に朝日放送にアナウンサーとして入社。プロ野球や高校野球、Jリーグ、箱根駅伝などの実況を担当。2017年には高校野球の実況が評価され、ANNアナウンサー賞優秀賞を受賞。報道番組や情報バラエティにも出演、ラジオのパーソナリティも務めた。

 2018年に同社を退社し、株式会社ODYSSEYを設立。日本最大級のeスポーツイベントRAGEやプロ野球機構パワプロebaseballなどで実況を担当。出演にフジテレビ「TEPPEN 芸能人特技最強決定戦」「ジャンクスポーツ」、TBS「有吉ジャポン」、テレビ東京「ジャンプポリス」、毎日放送「明石家TV」「Of Life」、関西テレビ「ミヤネのナンバーワン」、読売テレビ「そこまで言って委員会」「TEN」。eスポーツ実況としては「ニンテンドーライブ」「ニコニコ闘会議」「RAGE」「XFLAG  PARK」「東京ゲームショー」「AbemaTV レギュラー番組」など多数。

 

『神戸学校』とは

 『神戸学校』は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。

 2019年度の神戸学校のテーマは「ひらけ わたし」。さまざまな顔を持つゲストのお話から、たくさんのヒントを得て、まだ発見されていない“新しいわたし”の開拓に、みなさまとともにチャレンジしたいと考えています。神戸学校のご参加料は全額あしなが育英会を通じて、東日本大震災遺児のために活用されています。

神戸学校201910300302

 

これまでのゲスト(2019年10月まで)

神戸学校ウェブサイト:https://feli.jp/s/kg191030/2/
Twitter:https://feli.jp/s/kg191030/3/
Facebook: https://feli.jp/s/kg191030/4/

 

お問い合わせ

神戸学校事務局 TEL:078-325-5727
(平日10:00~17:00)
eメールアドレス:kobe@felissimo.co.jp

神戸学校201910300303

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.