クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】ペッカに対して相性抜群「マジアチャロイホグデッキ」

 どうも、IGです。今回は「マジアチャロイホグデッキ」を紹介します。このデッキは、現環境で使用率が非常に高いペッカデッキに対して相性が良いデッキになります。ペッカはロイヤルホグを1回の攻撃で処理することができないという点が、相性の良い理由の1つです。ペッカによるカウンターに対しても、ゴブリンギャングで処理、アイスゴーレムで逆サイドに誘導などができるので、攻防どちらにおいても相性が良いですね。早速ですが、「マジアチャロイホグデッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。

 

マジアチャロイホグデッキ

デッキ構成

・ロイヤルホグ
このデッキの攻め手となるユニット。両サイドに攻撃できるのが魅力。

・マジックアーチャー
射程が長い後衛ユニット。防衛役として非常に優秀。

・ミニペッカ
1発の攻撃力が高いユニット。大型ユニットや後衛ユニットにピンポイントで出して処理することができる。

・アイスゴーレム
盾役となるユニット。ミニペッカと合わせて出すことで強力な攻撃になる。

・ゴブリンギャング
使い勝手の良い小物系ユニット。攻防どちらにも使える。

・コウモリ
このデッキ唯一の空ユニット。ロイヤルホグとセパレートして出すと強力。

・ローリングウッド
小物系ユニットを処理できる2コスト呪文。

・ファイアーボール
相手の後衛ユニットを処理できる4コスト呪文。

 

基本的な使い方

 このデッキには攻め方が2つあり、1つは防衛で使ったユニットに合わせてロイヤルホグを出して攻める方法です。ホグライダーを出すときのようにアイスゴーレムを盾にして攻める必要はなく、ロイヤルホグの後衛にユニットを出す方がダメージを与えやすいです。もう1つは防衛で使ったミニペッカの前にアイスゴーレムを出して攻める方法です。ミニペッカの体力が少しでも残れば、アイスゴーレムを盾にして攻めの形を作りましょう。この形は絶対に放置できない+処理するのが地味に厄介なので、相手にエリクサーを使わせることができます。

 

意識すべきポイント

 マジックアーチャーにファイアーボールを発動させて、ロイヤルホグが簡単に処理されないようにしましょう。基本的に、ロイヤルホグデッキに対してはロイヤルホグを処理するためにファイアーボールを温存しますが、マジックアーチャーをとにかく延命することで相手にファイアーボールを発動させることができます。防衛で使ったマジックアーチャーの前にアイスゴーレムやミニペッカ、ゴブリンギャングを出すことでマジックアーチャーが自陣に残りながら攻撃してくれるので、その後延命しやすくなります。

 

まとめ

 このデッキに慣れないうちは、相手にファイアーボールを発動させることができたらロイヤルホグを片方に出す、発動してこない相手に対してはセパレートして出すという感じで攻めていくと良いでしょう。ロイヤルホグとマジックアーチャーは使い方次第で化けるカードなので、状況に合わせてうまく出せるようになりましょう。使いこなせるようになると非常に強力なので、ペッカデッキに勝てないというプレイヤーは一度使ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.