クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】新たに「ラムライダー」登場!

クラロワ/ラムライダー/アイキャッチ画像

こんにちは、みどなです!

先日発表された新カード「ラムライダー」を紹介します。
ドラフトチャレンジで先行入手できるチャンスがありましたが、皆さんは手に入れることはできましたでしょうか。私はできませんでした(涙)。

巷では「強過ぎる」と噂されている新カードを少し細かく見ていきましょう。

性能

クラロワ/ラムライダー/能力クラロワ/ライダー/能力

こちらがゲームで公開されているカード性能になります。
どうやら「ラム」「ライダー」に分かれたユニットのようです。各々で敵を攻撃するユニットです。但し、1体のユニットとして扱います
ラムは建物目がけて一直線し、敵ユニットには目もくれません。「ホグライダー」や「攻城バーバリアン」と同じ仕様です。
ライダーは違います。彼女は敵のユニットを攻撃しますが、逆に建物には攻撃しません。その代わりに、「投げ縄効果時間」というステータスがあります。これは、フリーズと同様に敵の動きを全て封じることができます。防衛の為に出してきた「メガガーゴイル」や「バルキリー」といった単体ユニットに強さを発揮します。

性能比較

ラムの攻撃目標は建物だけですので、比較対象となるのはやはり「ホグライダー」でしょうか。

クラロワ/ホグライダー

チャレンジレベルであるレベル9を基準として見てみると、「ラムライダー」がダメージは「44」劣り、ヒットポイントは「53」勝り、攻撃速度は「0.2秒」劣ります。「ホグライダー」の方が毎秒ダメージは優位ですが、小さな差です。肝心なのは突撃ダメージがあることと、ライダー自身が攻撃できることです。

次は突撃ダメージを見てみましょう。

クラロワ/攻城バーバリアンクラロワ/ダークプリンス

突撃ダメージはこの2枚のカードが同じぐらいとなります。突撃ダメージを見過ごせないのは既にプレイされている方ならご存知かと思います。
ただ「ラムライダー」の場合はこの2枚と同様に「突撃に入る前の移動速度が遅い」というデメリットがあります。単に「ホグライダー」と比較できない理由の1つです。
もう1つの理由はライダー自身も攻撃することができます。ライダーの性能に近いカードを見つけました。

クラロワ/アーチャー

「アーチャー」です。ただ、ライダーは1人なので「アーチャー」1人分の性能ということです。
ダメージ、攻撃速度、射程は若干の違いはあれどほとんど変わりません。これに「投げ縄効果」という「フリーズ効果」が加えられるのは見過ごせません。「強過ぎる」と言われるのも納得な性能です。

まとめ

「ラムライダー」は、移動は「攻城バーバリアン」で突撃ダメージを与え、タワーに到達すれば「ホグライダー」になり、ラムに乗った「アーチャー1人」に「フリーズ」効果を持たせたユニットということです。ステータス的にもこう言って差し支えないかと思います。非常にユニークなユニットです。

巷では「強過ぎる」と言われていますので、もしかしたら近いうちに下方修正が行われる可能性がありますが、12月25日に正式リリースされたばかりなのでもう少し強過ぎるラムライダーを楽しめるのではないでしょうか。是非使ってみて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.