ゲーム ブロスタ

【ブロスタ】スーパーレアキャラ3人の立ち回り・使い方

ブロスタ/スーパーレアキャラ/3人/立ち回り/使い方

こんにちは、みどなです。
前回に引き続いて、今回は「スーパーレア」である3人の立ち回りと使い方を紹介します。「レア度=強さ」ではないのがSupercellアプリの良い所ですが、やはり手に入ると嬉しいですよね。
それではいきましょう。

リコシェ

ブロスタ/リコシェ

ロボットガンマンの「リコシェ」は「コルト」に似た性能をしています。しかしながら攻撃力もHPも同パワーであれば「コルト」より低くなっています。
特徴的なのは通常攻撃である「ピンボール」と必殺技の「トリックショット」は弾が壁を反射します。壁に当たって跳ねた弾は更に飛距離を伸ばします。

ブロスタ/リコシェ/戦闘画面

弾が壁を反射する以外での特徴は「コルト」とほぼ同じです。必殺技は「コルト」の場合は障害物を破壊しますが、「リコシェ」の場合は破壊せず反射します。飛距離は反射するごとに伸びるので画面外の敵を倒せることもあります。
「シャープシューター」らしく長い射程を持っていますが、HPは「コルト」よりも低く非常に脆いです。気が付けば倒されていたり、「ブル」や「シェリー」に一瞬にしてやられてしまうこともしばしばあります。
HP管理や距離の取り方が難しいキャラですが、反射する弾を用いて「障害物裏の敵を一方的に攻撃できる」「狭い通路で真価を発揮する」ことが可能です。少しトリッキーな為、扱うのは難易度が高めになっています。

  • 弾が壁を反射する
  • 射程は長いがHPが低い
  • 攻撃幅が狭くエイムが必要になる

必殺技は「トリックショット」

弾の軌道や感覚は「コルト」の必殺技と同じです。弾が反射する軌道と敵の動きを予測して撃つことで大ダメージを与えることができます。
狭い通路では何も考えずに、ただ壁に反射させるだけである程度のダメージを敵に与えることができます。
弾は通常攻撃より射程が長く、壁に反射させることで更に飛距離は伸ばします。上手く使えば画面外の敵に攻撃を当てることも可能です。
また、弾は敵を貫通するので複数の敵に同時にダメージを与えることもできます。

得意な敵&苦手な敵

射程が短い「ファイター」には利を取れます。姿を晒した「ヘビーウェイト」にも一方的に攻撃を浴びせることができます。
同射程の「コルト」には当たり方によって有利不利が変わりますが、基本的にHPも攻撃力も低い「リコシェ」が不利だと言えるでしょう。
「スローワー」に対しては跳弾を利用して牽制はできるかもしれませんが、悲しいことに「スローワー」よりもHPが低い為、厳しいかもしれません。

 

ダリル

ブロスタ/ダリル

ロボット…なのでしょうか。
この武装したタルは、私の個人的な意見としては最弱の「ヘビーウェイト」だと認識しています。早期リリースされていた海外では、逆に強すぎた為に何回も下方修正されたようです。
その影響か、現在の「ダリル」は少し他のキャラバランスより下に設定されている気がします。

ブロスタ/ダリル/戦闘画面

射程範囲はこの通りです。しかし「ヘビーウェイト」の運命なのか、彼もまた近距離でしか戦えません。
その理由は通常攻撃である「ダブル・ダブル」が、ダブルバレルショットガンの2連射だからです。至近距離なら4発×2で8発もの弾を浴びせることができます。
そのダメージは2000を超えるほどですが、それはあくまで「ステータス上の話」です。カタログスペックとでも言いますでしょうか。
実際にプレイしてみるとゼロ距離に近い距離でしか全ての弾を当てられないですし、近過ぎると逆に当たりません。結構判定がシビアなのです。
それだけ至近距離に近づかなければならない性質を持ちながら、HPは「ヘビーウェイト」最弱の値です。「ファイター」や「ヒーラー」よりやや高い程度という悲惨な数値です。
一応必殺技が緊急回避や接近に使えると言えど、結局移動中はダメージを受けてしまうので簡単に倒されてしまいます。

  • 個人的に「ヘビーウェイト最弱」
  • 「ヘビーウェイト」とは思えないほど低HP
  • 至近距離では思わぬダメージを叩きだせる可能性はある

必殺技は「バレルロール」

「ブル」や「エル・プリモ」と同様に緊急回避や接近に使える必殺技です。
武器や足をタルの中に収めて、進行方向に転がります。壁に当たると反射し、衝突した敵にダメージを与えます。
「ブル」と同様に必殺技中でもダメージを受けてしまいます。良い点としては、転がっている最中に逆の方向に移動するよう操作すると技を中断します。
他のキャラの場合、必殺技ゲージを溜めるには敵にダメージを与えなくてはなりませんが、「ダリル」の場合は何もしなくてもゲージが溜まります。必殺技の回転率が非常に高いのが特徴です。

得意な敵&苦手な敵

「ヘビーウェイト」が得意なキャラと同じです。
「スローワー」には必殺技の急接近やHPのゴリ押しで接近できます。茂みに隠れて近づいた「シャープシューター」を攻撃するという基本的な動きを推奨します。
ただしHPが低いので近接戦でも「コルト」に撃ち負けたり、「ファイター」を削り切れなかったりします。必殺技がどんどん溜まるので使用を惜しまず、ヒット&アウェイや急接近から確実に1体仕留める動きを意識して、相手をかき乱しましょう

 

ペニー

ブロスタ/ペニー

「ラッパ銃」を持ったこのキャラは「ジェシー」に似た性能をしています。問題なのは性別がわからないことですね(笑)。私は男性だと思っています。
分類は「ファイター」で主に中距離戦を得意とします。「ペニー」の通常攻撃はコイン袋を撃ち出し、敵に当たると3枚のコインが敵の後方に飛び散ります。このコインにも当然ダメージ判定があるので、複数の敵にダメージを与えることもできます。

ブロスタ/ペニー/戦闘画面

このキャラは「キャラの強さランキング」で不動の1位「レオン」の次に強いと言われています。「ジェシー」と同一でですが。
「ファイター」特有のバランスのとれた性能に加え、必殺技の「伝家の砲台」という迫撃砲を設置する技が強力です。スーパーレアということで、序盤にはなかなか手に入れることができないかもしれませんが、初心者にもオススメなキャラです。

  • バランスの取れた性能で扱いやすい
  • 必殺技の迫撃砲が強い
  • 複数人にもダメージを与えられる武器性能

必殺技は「伝家の砲台」

「ペニー」が強キャラたる所以である必殺技です。「ジェシー」同様にタレット型の武器を設置します。
「ジェシー」とは違い、障害物裏の敵に攻撃でき、射程も非常に広く、ダメージが高い迫撃砲を設置します。この射程範囲が想像以上に広いです。届かないと思うような場所にも届きます。
砲弾の発射間隔は遅いですが、弧を描きながら見えている敵(茂みの中に居ない敵)に向かって飛んでいきます。発射から敵に直撃するまでも時間があるので敵に当たりにくいですが、敵に「動きを止めれない」状態を誘導することができます。
「回復の為に障害物裏で止まる」ということもできなくなります。これが想像以上にやられると嫌なのです。
設置場所はマップごとに候補がありますが、基本的に障害物裏か、茂みの中に隠せば問題ありません。射程範囲は広いので多少敵から離れた場所に設置しても届いてくれます。

得意な敵&苦手な敵

まず「ファイター」の宿命として「スローワー」には一方的に攻撃されてしまいます。また、直線上では「シャープシューター」にも一方的に攻撃されます。
その一方で、中距離までは変わらないダメージで安定した火力を出せますし、HPも低くないので生存力も高めです。試合中安定した活躍ができます

 

まとめ

以上スーパーレア3体を紹介しました。
スーパーレアはボックスをコンスタントに開けていれば手に入るので、3体コンプも難しくはありません。
使用感も序盤で手に入るキャラと似ているものが多いので、慣れるのも早いと思います。使えるキャラを増やしていき、マップやバトルモードごとに使い分けができるとブロスタを更に楽しめると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.