eスポーツ ゲーム パワプロ 大会・イベント情報

【eスポーツ】eBASEBALL パワプロ「初代日本一は西武」

1月12日(土)、ビッグサイト(TFTホール)にてNPB(日本野球機構)とKONAMI主催で開催された「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ SMBC e日本シリーズ 2018-19」で埼玉西武ライオンズが横浜DeNAベイスターズを6-3で破り、「eBASEBALL 初代日本一」の栄冠を埼玉西武ライオンズが獲得した。

当日の様子を紹介していきます。
まず会場に入ると右手にeBASEBALL、左手にはパワプロチャンピオンシップス(パワプロアプリ、プロスピAのイベント)の入口がありました。

早速右手にあったeBASEEBALLへ向かうと受付があり、当日の「優先入場整理券」「みんなでセ・パ対抗戦の参加受付」が行われてました。早朝からにも関わらず、優先入場整理券は直ぐになくなってしまうほど注目度が高く、多くのファンやメディアが押しかけていました。

また試合前には様々な球団のマスコットがファンとの交流するサービスも行われ、多くのファンが楽しんでいました。

さて、いよいよ試合会場へ入場です。

そして皆さんご存知、解説のプロ野球OB真中満さん、谷繁元信さん

この「SMBC 日本シリーズ」に至るまでの流れや試合ルール、両チームの選手紹介などの説明も行われました。

そして、各球団より選手たちへの応援メッセージ

なんと、現役監督からの応援メッセージまでありました。

そしていよいよプレーボール

埼玉西武ライオンズが先制し、横浜DeNAベイスターズがそれを追いかける白熱した展開になりました。

そして見事、初代日本一に輝いたのは

「埼玉西武ライオンズ」

優勝インタビューや表彰式の様子です。

「eBASEBALL パワプロ プロリーグ」のエンディングソングを歌う「ベリーグッドマン」によるライブも行われました。

各種タイトル発表

そして栄えある最優秀選手に選ばれたのは

埼玉西武ライオンズの「なたでここ」選手、おめでとうございます。
2019年もNPB斉藤コミッショナーの発表により「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の継続が発表され、最高潮の中閉幕しました。

想像以上の人気ぶり、豪華なイベントに圧倒された一日となりました。
来期のリーグ継続で今回涙を飲んだ選手たちや王座を守る埼玉西武ライオンズ、そして新しい選手たちの活躍が楽しみになりました。
皆さんも是非一度会場に足を運んで、プロの試合を観戦してみて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.