PUBG ゲーム

【PUBG】荒野行動プレイヤーがPUBGをやってみた「初心者編」

こんばんは、yoskです。
荒野行動の元となったと言われている「PLAYER UNKNOW'S BATTLE GROUNS  略称:PUBG」を以前からスマホにインストールしていたものの、荒野行動が楽しい為、なかなか本腰を入れてやることはなくほぼ放置していました。しかし今回、どのように違うのか、それぞれの優れている点は何かを見つけてみようという目的でやってみました。

プレイスタート


バットマンでしょうか。待機中の画面が非常にかっこいい。この臨場感、迫力は荒野行動ではあまり感じることができない部分だと思います。

しならく放置していた為、約2分も掛かった長いダウンロードが終了してようやくプレイ開始です。

恐らく、以前プレイした時に期間限定スキンを身に着けてそのままだったからなのか、なんとも滑稽な姿です。風景を見る感じ、おそらく凍えてしまうと思います。ニット帽もなんの役にも立っていません。


マップは全部で3種類ありました。これは荒野行動と同じですね。違う点は全て、架空の世界だとというとこでしょうか。モデルはあるにせよ、ゲームをより楽しくするマップが多いのでしょうか。もちろん東京は存在しません。一番左から「ERANGEL」「MIRAMAR」「SANHOK」というマップになっています。ERANGEL以外はプレイする為にダウンロードが必要です。直ぐに終わるのでまだの方は是非マップのダウンロードをしてみて下さい。

ようやくスタートです。今回はデフォルトで行えるERANGELマップにチャレンジしていきます。

まずは待機所です。プレイヤーが100人集まるまでここで待機します。これは荒野行動も同じですね。
違うのはこちら。

リンゴを持っていました。このリンゴは投げることが可能です。このリンゴを使えばグレネードを投げる練習ができます。実世界ではリンゴは投げてはいけません、食べ物は大切にしましょう。因みに上手投げと下手投げの二種類の投げ方ができます。

戦場へ


今回の航路はこのようになっています。このマップの中心にある「POCHINKI」と呼ばれる激戦区に降りようと思います。荒野行動でいうところの「central city」や「都心新区」のような場所で、物資も集まりやすい場所です。


上空からも分かるように、家がたくさんありますね。この時に必ず索敵をしましょう。読んで字の如く敵を見つけることです。私は家を眺めており、そこまで気が回っていませんでした。
ここまでで既にグラフィックの違いに驚きを感じています。圧倒的にPUBGのグラフィックの方が綺麗です。海外映画を見ているような気分でプレイができました。


一通り武器・防具を揃えました。
今回武器は「AKM」「M16A4」のAR(アサルトライフル)2本持ちです。この武器、画像を見て頂くとわかる通り、荒野行動でもお馴染みの武器ですね。因みに小さく映っていますが、この時点で既に1キルすることができました。

武器・防具に加え、回復などの必要なアイテムは自動で回収してくれました。どの武器が良いかわからない私にはすごく有り難いシステムでした。

順調に進み、4キル目に成功。倒した敵は緑の光を放っています。荒野行動とは違い、倒した敵からアイテムを探すのは非常にわかり易かったです。その後も順調に進めていきましたが、あまりに夢中になって、写真を撮るのを忘れてしまいました(笑)

最終的にPUBGでも最強を誇るSR(スナイパーライフル)「AWM」でヘッドショットされ、7キルで終了。

「まあ、こんな日もあるのさ!」なかなかユニークな一言を頂きました。


終了後にはこのように戦闘の評価もされました。グラフで表示されるのは一目でわかるので良いですね。
今回の戦いは「S+」の評価でしたが、最大は「SSS」となっているようです。なので、今回の評価で満足はできませんでした(笑)。
今回の戦闘は、botと呼ばれるコンピューターの敵も多かった為、7キル出来ましたが、やはり対プレイヤーには勝てないことがわかりました。これは荒野行動でも同じ結果です。私の実力不足、いや、初心者だから仕方ないということでご容赦下さい。

設定について

既にこの手のゲームで遊んでいる方には説明不要ですが、ボタン配置・感度設定等の遊ぶ上での設定は基本的にどの状態でも変更することができます。

こちらが設定画面です。右上に見える歯車マークを押すとこの画面が出てきます。それぞれ自分にあった設定を見つけてみてください。


こちらは画質設定の画面です。
画質精度は高画質にすればするほど動きが重くなる為、ゲーム動作に影響が出ます。自身の操作端末と相談して決めましょう。
演出と書かれた映像の映り方を選ぶ項目は全部で5種類ありました。私が海外映画を見ているようだと言った理由は「MOVIE」を選択していたからでしたので当然の印象だったのかもしれません(笑)。この設定も荒野行動と大差はないですが、若干PUBGの方が分かりやすく出来ている印象を受けました。皆さんも実際に触れて、自分にあった設定を見つけてみて下さい。

まとめ

今回PUBGほぼ初心者の私が実際にやってみて、画質の綺麗さや街並みの面白さなどやはり先駆けであるPUBGは素晴らしいゲームだなと感じさせられました。個人的には絵はPUBG、動きの良さは荒野行動とそれぞれ良いところ・気になるところとはっきりした印象を持ちました。

もちろんどちらのゲームもとても面白く、だからこそ日本のみならず多くのプレイヤーがいるのだと思います。まだどちらのゲームもプレイしたことのない方、荒野行動しかやられていない方は是非一度遊んでみて下さい。寝る間も惜しんでハマること間違いないと思います。

今回はほとんどやったことのない私のプレイ紹介となっていますが、「どの武器がいいの?」「なに拾えばいいの?」など初心者ならではの悩みを解消してくれる記事もありますので、合わせて読んでいただけると幸いです。私もこれ読みました。

【PUBG】持っておきたいアイテムのおすすめ個数

これからも共にPUBG・荒野行動を楽しんでいきましょう。私もこれを機に、PUBGもやっていこうと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.