ゲーム ゼノンザード

【ゼノンザード】「バンダイ」がAI(人工知能)カードゲームを開発

 2月19日(火)、バンダイはAI(人工知能)を活用したデジタルカードゲーム「AI CARDDASS」を開発したと発表した。その第1弾として、スマートフォン向けアプリゲーム「ZENONZARD(ゼノンザード)」を2019年夏に配信する。

 AIを活用したデジタルカードゲームの新ブランド「AI CARDDASS」。共同開発した「HEROZ(将棋のAIの開発を行った)」の蓄積した深層学習を含む機械学習のノウハウも活かされ、初心者でも遊びやすいようAIが具体的にプレーのアドバイスしてくれる。カードゲームは元々ルールが複雑で、初心者には参入しづらいと言われている為、この機能により多くの人が遊びやすくなる。またAIは、プレイヤーとの対戦によって日々学習し、成長する。自分のAIを強化する為に「AI育成」や「AIとの対戦」、「AIとの共闘」を行う。

 「ゼノンザード」の原案は「ブギーポップシリーズ」や「ナイトウォッチ三部作」で有名な上遠野浩平さんが手掛け、原作は「とある魔術の禁書目録」や「ソードアート・オンライン」で有名な三木一馬さんが代表を務めるストレートエッジとバンダイで手掛ける。「ゼノンザード」のプロモーションアニメも今夏に配信される予定である。また、eスポーツへの参加も予定している。

 バンダイは昨年11月にAIを専門に研究する100%子会社「株式会社バンダイナムコ研究所」を今年の4月に設立することを発表するなど、この分野に力を入れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.