CS:GO ゲーム

【CoD:BO4】2月19日アップデート「グランドハイスト」

こんにちは、Ioriです。
Call of Duty®️: Black Ops 4」に待ち望んだ超大型アップデートが配信されました。

新たな作戦「作戦名:グランドハイスト」がスタート!
期間限定モードの追加やゲームプレイのバランス調整、新スペシャリストの登場、リーグプレイの導入など、たくさんの新要素が追加されました。マルチプレイヤーだけでなくBLACKOUTとゾンビモードにも多くの新要素が加わり、COD史上かつてない程のアップデートになっています。

まだまだ盛り上がりを見せてくれるBO4が今度はどんな進化を遂げるのか、アップデートの詳細を確認していきましょう!

※この記事に掲載する一部の画像や文章は「コール オブ デューティ公式サイト」より引用しております。

 

「作戦名:グランドハイスト」がスタート!

新たな作戦がついに始動しました!
ブラックマーケットの密輸品から、新たな武器や迷彩、コスチューム、ジェスチャーなどが入手できます。

今回の作戦は、名前通り「強盗」がテーマになっています。
戦場の殺伐とした空気から一転して、どのアイテムも全体的に色彩豊かでユニークな雰囲気で満ちていますね。ちょっぴりBO4に飽きてしまっていた方々も、新鮮な気持ちでプレイできるのではないでしょうか。

また、ブラックマーケットのシステムも更新されました。

「密輸品」に以下のものを含む新作戦の100ティアが登場しました。

  • 3つの新武器
  • BLACKOUT新キャラクター
  • 新マスタークラフト武器
  • 新リアクティブ迷彩
  • 新エピックアウトフィット
  • 新たな外見アイテムタイプとして「Jump Pack」など

備蓄品の入手方法が変わり、「BLACKJACKの店」でプレイヤーごとに違うアイテムの《取引》も可能になりました。タブから所持品の履歴を見られるのも嬉しい変更点です。

 

今作戦の公式トレイラーはこちらです。

 

 

マルチプレイヤー

マルチプレイヤーに関しては、以下の変更が実施されました。

  • 新スペシャリスト「OUTRIDER」が登場
  • ブラックマーケットで入手可能な3つの新武器が追加
  • Black Opsパス所持者向けに、2つのマルチプレイヤー新マップ「Lockup」「Casino」が追加
  • 注目プレイリストに「ONE IN THE CHAMBER」が追加
  • 注目プレイリストに4種のMOSHIPITが追加
  • ゲームバランスの大型チューニングアップデート

とても多くのアップデートです。
マルチプレイヤーをメインでプレイしている方が多いと思いますので、1つずつ確認していきましょう。

 

新スペシャリスト「OUTRIDER」登場

前作BO3に登場した弓兵アウトライダーが、新たな装備を携えてBO4に登場しました。ブラックマーケットで1つめのティアをアンロックすると、マルチプレイヤーで新スペシャリスト「Outrider」がプレイ可能になります。

  • スペシャリスト武器《スパロー》
    火炎爆発性の先端を持つ矢で正確無比な攻撃を行う。

  • スペシャリスト特殊装備《ホーク》
    操縦可能なドローンで、監視したい位置で滞空することができます。視界内にいる敵を自動的にマークします。

懐かしのスペシャリスト、アウトライダーが満を持しての参戦です。
あのクールな風貌と渋いウェポン・強力なアビリティから、お気に入りだったプレイヤーたちは沢山いるはずです。

スペシャリスト武器はBO3と同じ弓矢のスパロー。
着弾後に爆発する弓で、ADS(武器のサイトを覗き込んだ状態で狙うこと)することでスコープモードに切り替えが可能です。装弾数は10発と多く、武器としての使い勝手も昔と殆ど同じ。ヒットすれば確殺で、当たり判定は緩くてSERAPH(セラフ)のアナイアレーターよりも当てやすい気がします。ただ、着弾直後にキルできずに爆発するまで僅かな時間があるので、反撃に注意が必要です。

BO3でアウトライダーのスペシャリストアビリティであった《ビジョンパルス》は、今作ではRECON(リーコン)のスペシャリスト武器として登場済みでした。その為、アウトライダーには新たな特殊装備《ホーク》が与えられています。ドローンでの索敵は非常に強力です。しばらくはアウトライダーピックの奪い合いになるはずなので、パーク「コールドブラッド」でしっかり対策したいところです。

まさかのアウトライダーの登場は、過去作プレイヤーに嬉しいサプライズでした。この調子でスペクターとリーパーもマルチプレイに参戦して欲しいです。

 

3つの新武器が追加

マルチプレイヤーで使用可能な3つの新武器がブラックマーケットで入手可能です。

  • 折り畳み式サブマシンガン「Switchblade X9」ティア100

  • フルオートショットガン「Rampage」 ティア50

  • 現金輸送用近接攻撃武器「Cha-Ching!」 ティア25

どれもティアが高く、現時点で入手するには課金するしかないのが残念です。誰よりも早く使いたいけれど、課金するとティアを進める喜びが少し薄れてしまうのも事実なので難しいですよね。

私は地道に進めていく予定です。
今は様子を見て、武器の強さが明らかになるのを待ちたいと思います。

 

2つのマルチプレイヤー新マップ追加

ブラックオプスパス所持者向けに、新マップ「Lockup」「Casino」が追加されました。通常のマップローテーション(CORE・HARDCORE)と、新プレイリストMAP PACK MOSHPITの両方でプレイ可能になっています。

 

注目プレイリストに「ONE IN THE CHAMBER」が追加

新ゲームモード「ONE IN THE CHAMBER」が注目プレイリストに追加されました。

  • ライフ3つでスタート
  • 武器は装弾数1発だけのハンドガンのみ
  • 敵に弾丸を撃ち込むか近接攻撃を加えると、追加の弾丸と100ポイントを獲得
  • スコアストリーク「UAV」が巡回

アナイアレーターのような武器のみで戦う特殊ルールの「FREE FOR ALL(FFA)」でした。
UAVが巡回しているので角待ちが有効な手段ではなく、なるべく動き回る必要があります。FFAの立ち回りに加えて、より素早く正確なエイムが求められる上級者向けのゲームモードです。ゲーム起動後1発目のエイム練習として丁度良いモードかもしれません。

 

注目プレイリストに4種のMOSHIPITが追加

  • 追加マップ「Lockup」「Casino」で遊ぶことができる「MAP PACK MOSHPIT」プレイリストが追加
  • 「HARDCORE ENDURANCE MOSHPIT」、「PRO SERIES MOSHPIT」、「MERCENARY DEATHMATCH MOSHPIT」が注目プレイリストに追加

公式大会と同じルール、同じマップで戦える「PRO SERIES MOSHPIT」に注目です。

腕に自信のあるプレイヤーは、このモードで猛者達と実力を競い合いましょう!

 

 

ゲームバランスの大型チューニングアップデート

とてつもない数の武器や装備がバランス変更されました。
大きな環境の変化が予想されますので、大事な情報はしっかり覚えておきたいです。

 

武器チューニング

アサルトライフル

《上方修正》

  • RAMPART 17
    • 最長ダメージ距離を37.6ヤードから41.6ヤードに改善
  • KN-57
    • 最長ダメージ距離を15.2ヤードから17.3ヤードに改善
  • VAPR-XKG
    • 5ヒットキルの距離を34.7ヤードから50ヤードに改善
    • エイム時の揺れを改善

《下方修正》

  • MADDOX RFB
    • 最初の5発のリコイルの安定性を低下
    • オペレーターMOD「エコーファイア」:リコイルの安定性を改善
    • クイックドロー:エイム速度を低下
    • クイックドロー II:エイム速度を低下
    • ストック:エイム中の移動速度を低下
    • ELO:リコイルの安定性を低下

強かったRAMPARTが更に強化され、MADDOXが大幅な弱体化をされました。今までストックを付けられる安定のAR枠だったMADDOXですが、今後は見る機会が減りそうです。そして強化されたVAPRは、使用してみた体感かなり扱い易くて以前の様に強い武器に戻っていたので、代わりに台頭してくるかもしれません。

 

サブマシンガン

《上方修正》

  • MX9
    • 5ヒットキルの距離を5.5ヤードから7.6ヤードに増加
    • エイム速度を改善
  • GKS
    • 5ヒットキルの距離を2.7ヤードから5.5ヤードに増加
  • DAEMON 3XB
    • 最長ダメージ距離を6.9ヤードから9ヤードに増加

《下方修正》

  • SPITFIRE
    • 最長ダメージ距離を9.7ヤードから7.6ヤードに低下
    • ストック:エイム中の移動速度を低下
    • 拡張マガジン:マガジンサイズを低下
    • ファストマグ:リロード速度を上昇度合いを低下
  • CORDITE
    • オペレーターMOD「弾帯」:オーバーヒートのクールダウン速度を低下
    • グリップ:リコイルの安定性を低下
  • SAUG 9MM
    • ダッシュが終わって次の動作にうつるまでの速度を低下(他のほとんどのサブマシンガンと同等)
    • 基本移動速度を低下(他のサブマシンガンと同等)
    • ストック:エイム中の移動速度を低下
    • ストックII:エイム中の移動速度を低下
    • グリップ:リコイルの安定性を低下

至近距離で爆発的な火力を見せていたSPIFIREとSAUGがどちらも弱体化されました。ストックIIのSAUGで弾避けしながらの攻撃は強力だったのですが、ガンホーデュアルに関しては大きな影響はないみたいですので、今後はそちらのスタイルで活躍しそうです。

 

タクティカルライフル

《上方修正》

  • AUGER DMR
    • エイム中の移動速度を増加
    • 連射速度を増加
    • オペレーターMOD「ダブルタップ」:発射間隔を改善
  • ABR 223
    • エイム中の移動速度を増加
    • ダッシュが終わって次の動作に移るまでの速度を改善
  • SWORDFISH
    • エイム中の移動速度を増加
    • クイックドロー II:エイム速度を改善

タクティカルライフルは3つ全てが強化されました。
特にDMRは連射速度が大幅に変更され、以前とは段違いに強力になりました。大口径とダブルタップを併用して、敵を瞬殺できます。元から性能自体は強かったものの使用者が少ない武器でしたが、今後は日の目を見ることになりそうです。

ABRも決して弱くはないのですが、他2つと比べると見落とししてしまう印象です。今迄は扱いやすさの面も考慮してSWORDFISHの一強状態でしたが、今はDMRと好みで選ぶのが良いかと思います。

 

ライトマシンガン

《下方修正》

  • TITAN
    • 最大ダメージを46から38に低下
    • ヒットされた時のひるみ耐性を低下
    • ストック:エイム中の移動速度を低下

またしてもTITANが弱体化。前回と違って、今回は体感でも分かるくらいに弱くなりました。
最大ダメージでのキルへの必要段数は変わっていないものの、以前とは火力が段違いでキル速度の低下が目に付きます。取り敢えず困ったらTITANに頼る作戦は終わってしまいました。ただ今後も出番がなくなるわけではなく、対スコアストリーク用カスタムとしてFMJ2装備TITANは用意しておきましょう。

 

スナイパーライフル

《上方修正》

  • KOSHKA
    • エイム中の揺れを軽減

ハンドガン

《上方修正》

  • RK 7 GARRISON
    • 全ダメージ距離を増加

ショットガン

《上方修正》

  • MOG 12
    • オペレーターMOD「ドラゴンブレス」:時間の経過と共に与えていた炎のダメージが一度に与える
      これによりある程度以上の近距離攻撃が1ヒットキルとなる可能性が上昇
    • 最長ダメージ距離を3.75ヤードから4.1ヤードに増加
    • クイックドロー:エイム速度を改善

《下方修正》

  • SG12
    • オペレーターMOD「ストロボライト」:視覚効果の光の明るさを低下

その他の気になる変更点

  • タクティカルマスクを装備している状態でフラッシュ・コンカッショングレネードを受けた時に手を上げないよう変更
  • フラッシュ・コンカッショングレネードを受けている間も姿勢の変更が可能
  •  音響センサーが敵を検知できる範囲を縮小
    PERK「デッドサイレンス」を装備する敵が検知される範囲を縮小
  • 炎・放射線に対する耐性がタクティカルマスクからフラックジャケットに移行

フラッシュをくらった時に姿勢を変更できるのは嬉しい変化です。今まで何度「見えなくてもいいから伏せさせて」と願いながら撃ち倒されたことでしょうか。

そしてタクティカルマスクとフラックジャケットの仕様変更に注目です。PERK1は悩んだらマスクを着けることが多かったですが、これでフラックジャケットとの選択肢ができました。相手によってジャケットの対策カスタムに切り替えられるようにしておきましょう。

 

 

BLACKOUT

  • マップ内に新エリア「ゴーストタウン」が登場
  • 新プレステージシステム(プレステージレベル:10、階級:1,000)
  • マップ全体にわたって多数の建造物を追加
  • 新スペシャリスト「OUTRIDER」が登場
  • Black Opsパス所持者むけにキャラクター「コスミック・シルバーバック」を追加
  • ゲームプレイとアーマーのチューニング

新エリアが登場しただけでなく、多数の建造物も追加されて新たなBLACKOUTの幕開けです!

アーマーが全体的に強化されてダメージ軽減量が増加されました。キル速度が変化し、より高レベルアーマーとアーマープレートの重要性が高くなりました。また、マルチプレイヤーだけでなく、BLACKOUTでも「AUGER DMR」と「SWORDFISH」が強化されています。特にDMRは強力で、BO2のFALが再来したかのような錯覚を受けます。

操作関連も不満に感じていた点が改善されており、元の武器に装備されていた互換性のあるすべての武器アタッチメントを拾った武器に取り付けることが可能になったりと、細かい部分でストレスを感じないようになりました。前々から望んでいた機能なので、個人的にとても嬉しいアップデート項目でした。

システム変化や武器調整も相まり、今までとは一味違う対戦が楽しめそうです。

 

 

ゾンビモード

  • 「CLASSIFIED」に新GAUNTLET「DEATH-CON FIVE」が登場
  • 新PERK「天空の刃」を追加
  • 「CLASSIFIED」の単体購入が可能に
  • デイリーチャレンジの完了でティアスキップが追加
  • 固有武器が利用可能に
  • 安定性の改善とバグ修正

近接攻撃で体力を回復する新PERK「天空の刃」が登場!
土壇場でナイフで切り抜けられる状況が増えることで、事故死が減りそうです。MOD有りならノーマルゾンビを一撃キルできるので、ラウンド数が増加したあとも無駄にならないのが良いですね。この効果で、ゾンビ勢なら誰もが好きであろう武器「BOWIE KNIFE」のチャレンジも進めやすくなりました。

 

 

まとめ

  • 「作戦名:グランドハイスト」がスタート
  • ブラックマーケットのシステムが変更
  • 新スペシャリスト「OUTRIDER」が登場
  • 3つの新武器、2つが新マップが追加
  • ゲームバランスの大型チューニングアップデート
  • BLACKOUTに新エリア「ゴーストタウン」が登場
  • ゲームプレイとアーマーのチューニング
  • ゾンビモード「CLASSIFIED」に新GAUNTLET「DEATH-CON FIVE」が登場
  • 新PERK「天空の刃」を追加

暫定ですが、以上になります。
記載できなかったBLACKOUTとゾンビモードの詳細も含む、全てのアップデート内容はこちらからご確認ください。

マルチプレイヤーは武器バランスが大きく変動したことで、今は各々が気になる武器を試している段階ですね。プレイした感じでは、DMRとVAPRの使用者がとても増えていました。今後は火力重視ならDMR、ストック付フルオートならVAPRという具合になるのかもしれません。

マルチプレイヤーだけでなくBLACKOUTとゾンビモードにも大きな変化があったことで、どのモードを遊ぶか非常に悩ましいです。新武器「Switchblade X9」を目指して、少しずつティアを進めていきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.