ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】シーズン8開幕!パッチノートV8.00の紹介

こんにちは、Ioriです。
遂に、フォートナイトでシーズン8が開幕しました!!
待ちに待ったパッチV8.00がリリースされ、新シーズンが到来です。

シーズン8では財宝・海賊・エジプトなどがテーマになっています。
冬を意識したエリアやアイテムが追加された前シーズンとは打って変わって、暖かさや冬の終わりを感じさせる暖色系のエリアやアイテムが追加され、明るい雰囲気で満ちています。

新たなマップ、新たな戦場、新たなバトルパス――100以上の新たな報酬がプレイヤーを待っています。スキンやエモートやラップ、そして新種の可愛いペット達も登場しているので、是非チェックしてみてください。

それでは、パッチノートV8.00のアップデート情報を確認していきましょう。今回は主にバトルロイヤルについての情報をまとめます。

※この記事に掲載する一部の画像や文章は「フォートナイト公式サイト」から引用しております。

 

パッチノートV8.00の注目点

バトルロイヤル

  • シーズン8の新バトルパス
  • 新エリア「サニー・ステップス」「レイジー・ラグーン」登場
  • マップ内設置アイテム「パイレーツキャノン」登場
  • 既存アイテムが複数、保管庫へ回収
  • 期間限定モード「50対50」「クロースエンカウンター」復活

 

クリエイティブ

  • ボイスチャットのアップデート
  • プレハブ「ジャングルテンプル」登場
  • プレイグラウンドのアップデート

 

世界を救え

  • 新システム「ヒーローロードアウト」登場
  • 「ラブストームクエスト」追加
  • プランカートンのビジュアルアップデート

以上がそれぞれのゲームモードの注目すべき変更点です。
どのゲームモードにも大きな変化があり、別物に生まれ変わっています。

特に今回は、バトルロイヤルだけでなく世界を救えにも注目。
新システム「ヒーローロードアウト」が登場した事により、それに関するパッチノートの掲載文章量が膨大で大変な事になっています。世界を救えをメインにプレイしている方々は、是非こちらの公式サイトから詳細を確認してみてください。

それでは、主にバトルロイヤルがどのような変化を遂げたのか、1つ1つ順に確認していきます。

 

シーズン8バトルパス

一番最初に気になるのは、やっぱり新たなバトルパスの内容ですよね!

特に今回は、シーズン7の終盤に追加された特殊チャレンジ「オーバータイムチャレンジ」をクリアすると無料でシーズン8のバトルパスを貰えたということもあり、今まで無課金でバトルパスを購入しておらず初めてのバトルパスを楽しみに待っていた方々も多いかと思います。私も「次シーズンではどんなスキンなどがくるんだろう」と本当にワクワクが止まりませんでした。

そんなシーズン8のバトルパス内容は、高まった期待にこれでもかと応えてくれるものでした。スキンもバッグもエモートもラップも、魅力的なものばかりです。

特にティア1で貰える最初のプログレッシブスキン「ブラックハート」「ハイブリッド」が2種類とも、初期スタイルから最終スタイルまで全て格好良いのは凄く嬉しいです。最初はクールな海賊ブラックハートは、スタイルを進めると骸骨船長へと変貌!早く使用したいですね。

ペット「ドジャー」はとても可愛い狐ですがティア52と遠いのが残念。
この子を目当てに課金してティアを進める方も少なくないのではないでしょうか。

そんな格好良いスキンや可愛いペットだけでなく、摩訶不思議なバナナマン「ピーリー」のような、奇抜で思わず笑ってしまうアイディアが詰まっているのもフォートナイトの良いところですね。

スキン以外も欲しい物ばかりで、シーズン8のバトルパスはお世辞抜きに「大当たり」と言える内容だと思います。内容によって購入を検討している方は、間違いなく「買い!」だと思います。

 

チャレンジに関する変更点

メインメニュー内のチャレンジタブが改善され、視認性が高く見やすくなりました。

ウィークリーチャレンジやスタイルチャレンジなど、それぞれの進行度が一目で分かるようになりました。

 

新機能「 パーティアシスト」

そして注目すべき新機能「パーティアシスト」が登場しました。

マッチの前に予めチャレンジタブでデイリーもしくはウィークリーのチャレンジを選択しパーティアシスト設定をオンにすることで、パーティメンバーにそのチャレンジを手伝ってもらうことができます。

複数の場所を訪れる系統や、複数の武器でダメージを与える系統のチャレンジが達成し易くなりました。フレンドに頼んで協力してもらったり、野良で運よくクリアを狙ってもいいですね。パーティを組み、お互いに協力してチャレンジをクリアしてしまいましょう。

しかし現在は表示の関係からか、PS4でプレイしている場合、一番下にあるチャレンジを選択してもパーティアシストのボタンまでスクロールできずオンにできない状態です。そして困った事に、一番下の「敵が運転する乗り物にダメージを与える」が一番難しくて助けてもらいたいチャレンジなんですよね。X-4ストームウィングが保管庫へ回収されたので、乗り物に乗っている敵と出会う確率が下がっているからです。

でも、この表示の問題はマウスをPS4へ接続することで解決できます。
マウスを接続するとホイールからスクロールして一番下のミッションもパーティアシストボタンを表示できるので、この方法でオンにしてしまいましょう。

普段コントローラーでプレイしていても、一時的にパソコン用のマウスを接続するだけでいいので簡単です。
この方法で、敵の乗り物へのダメージを終わらせてしまいましょう!

 

マップの変化

新シーズンの到来=マップの大幅な変化 でもあります。
お気に入りの既存エリアが消滅してしまうのは悲しいですが、新エリアの登場はやっぱり嬉しいものです。

シーズン8では、マップ北部で主に以下の変化が起きました。

  • 「ウェイリング・ウッズ」に火山が出現・噴火して新エリア「サニー・ステップス」に変化。
  • 「トマト・テンプル」が溶岩地帯に変化し名称が消滅。
  • 「レイジー・リンクス」に水が流れ込んで新エリア「レイジー・ラグーン」に変化。
  • 「ザ・ブロック」が「プレザント・パーク」上部へ移動。

こちらがシーズン8の新マップになります。

新エリアは、かつての森からジャングルへと変化した印象を受けました。

 

マップ変化の経緯

フォートナイトでは、マップが変化する前に前兆イベントが起きることも有名ですね。
シーズン8でもそれは変わらず、実はシーズン7の後半になるとマップの各地で大きな異変が起きていました。

マップ上で地震が頻発し、レイジー・リンクス近辺に巨大な地割れが発生していました。
これは川ができる前兆だったんですね。

そしてウェイリング・ウッズは全体が灰色に染め上がり、不吉な雰囲気が漂っていました。
これは火山噴火の前触れだったんですね。

そんな経緯で、マップが変化しました。
氷山の次は火山の出現と、天変地異の激しいマップでプレイヤーを飽きさせませんね。

個人的には「レイジー・リンクス」はそこまで訪れない地だったので構わないのですが、「ウェイリング・ウッズ」は物資もシールド(キノコ)も豊富で困った時に便利なエリアだったので残念です。そして「ザ・ブロック」が移動したことにより、開幕の穴場だった、古き良き「モーテル」も消滅してしまいました。この流れで行くと、シーズ9ではマップ北西が大きく変わり「ジャンク・ジャンクション」などが新エリアになりそうです。

既存エリアが無くなった悲しみの分だけ、新エリアを楽しみましょう!

 

試合開始前の孤島

試合開始前に待機する孤島?も変化してしました。
今迄は殺風景で味気ない待機島でしたが、シーズン8からは草木が生い茂る色彩豊かな待機島に変化しています。

何気ない部分ですが、凄く良い変化ですね。
気分が一新されて新シーズンの幕開けをひしひしと感じることができます。

 

モードの変更点

二つの期間限定モード「50対50」「クロースエンカウンター」が帰ってきました。

 

50対50(フライング50)

50人のプレイヤーで構成された2チームが最後まで戦う!

  • 各チームのバスが異なる方向から島に接近します。マップ上では味方のバスは青い輪郭、敵のバスは赤い輪郭で表示されます。
  • 2つのチームの戦線を示す点線をマップに追加しました。線を超えると敵に遭遇しやすくなります。
  • 収集できる素材がデフォルトから25%上昇しました。
  • 宝箱や弾薬箱が通常よりも多く出現し、中には弾薬が追加されています。
  • グライダーの再展開が可能に。
  • ショックウェーブグレネード、バルーン、ジャンプパットの出現率が上昇。

 

クロースエンカウンター

ショットガン&ジェットパックで近接戦!

  • プレイヤーはインベントリにジェットパックが入った状態でマッチを始めます。
  • このモードでは、各種ショットガンしか使用できません。
  • 中盤から後半のストームが通常よりも速く移動します。

50対50(フライング50)が復活しました。
これは最も活気のある多人数チーム戦で、練習やチャレンジ達成にもってこいのモードだったので、待ちに待っていたプレイヤーも多かった事と思います。緊張せず気軽にフォートナイトを遊べるモードなので常設されたら嬉しいですね。

クロースエンカウンターは、パッチノートに記されているものの、これを執筆している現時点では選択肢にありません。恐らくv7.40の時のように遅れて登場するモードかと思われます。
クロースエンカウンターは回復を沢山持って終盤に階段で天空へ昇って籠る戦法がとても強かったので、今でも通用するのかどうか気になるところですね。

 

武器・アイテムの変更点

新アイテム「パイレートキャノン」

新たなマップ上の設置アイテム「パイレートキャノン」が追加されました。

  • 大砲を狙いやすい場所まで押して、狙って、発射!
  • また、大砲の中に入って自分を撃ち出すことも可能です。
  • 大砲はかなり遠くまで砲丸(またはプレイヤー)を撃つことができます。砲丸(またはプレイヤー)はたくさんののオブジェクトを突き抜けてから、やっと止まります。止まるときには大きな爆発が起き、近くにいるプレイヤーはダメージとノックバックを受けます。
  • 直撃した相手には100のダメージを、近くの範囲内にいる相手には50のダメージを与えます。
  • パイレートキャノンはマップ内のいたるところで見つかります。

発射前に大砲の位置や向きを動かすことが可能で、発射時に角度も調整できます。

パイレートキャノンはとても便利で、移動手段及び攻撃手段として大きな活躍を見せることになりそうです。ストームから逃げる際だけでなく、上手く漁夫の利を狙うのにも強力です。マップ上に7か所存在する海賊の拠点には、必ずパイレートキャノンが屋根付近に設置されています。

上手いプレイヤー達による、ハッと驚くような活用方法や魅せプレイにも期待ですね!

 

保管庫に回収されたアイテム

  • スニーキースノーマン
  • チラーグレネード
  • X-4ストームウィング
  • ショッピングカート
  • オールテレインカート(ATK)

シーズン7で追加されたスニーキースノーマン、チラーグレネード、X-4ストームウィングに加えて、フォートナイト史上初の乗り物でファンもいるであろうショッピングカートと、ATKが保管庫へ回収されてしまいました。

シーズン7のテーマだった雪・冬を意識するアイテムだけでなく、X-4ストームウィングも保管庫回収というのを意外に感じた方もいるかもしれません。X-4ストームウィングは強力且つ便利すぎるが故に、何度か下方修正をされていました。それでもバトルロイヤルでは超長距離を安全に移動できるだけでも十分過ぎる強さだったので、ついに回収されてしまいました。

その代わりの移動手段として今は、シーズン7後半に追加されたドリフトボード・今シーズン8で登場したパイレートキャノンがあるので、それらを上手に活かして戦いたいですね。

 

武器・アイテムに関する修正

  • 補給物資がマップに表示されるようになりました。
  • 武器を切り替えた後で、ショットガンがクールダウン中に発射ボタンを押した場合、クールダウンの終了後にショットガンが自動的に撃たれるようになりました。
  • くっつき爆弾がプレイヤーにくっついていると、ダメージが壁や床を通過する問題を修正しました。
  • 消耗品「ブッシュ」の適用後に、誤って自分にリモート爆弾をくっつける問題を修正しました。
  • 金網の近くでスナイパーライフルを撃つと、弾丸が金網を通り抜ける問題を修正しました。
  • レジェンドかエピックのポンプショットガンの散弾の弾道やマズルフラッシュが他のクライアントで再現されないことがある問題を修正しました。
  • ゲームパッドを使っているプレイヤーがホバーボードに乗ると、オートダッシュが使用できない問題を修正しました。
  • 一部のプレイヤーにアイテムが表示されないことがある問題を修正しました。

補給物資がマップに表示されるようになったのは大きな変更点です。アイテム不足時の助け舟になる事が増えるだけでなく、補給物資を餌にして敵を待ち伏せする戦法がより多くなりそうです。今迄は補給物資を見つけると、サッと周囲を確認してから開けてしまっていましたが、今後はしっかりとした警戒が必要になると思います。

 

ゲームプレイの変更点

新たな要素として溶岩や間欠泉が登場しました。

  • 溶岩に触れたプレイヤーは1のダメージを受け、表面から弾かれます。気をつけて!
  • 間欠泉は熱い空気を吹き出し、プレイヤーや乗り物を空高くへ押し上げます!
  • ロビーにおける「インフィニットダブ」の持続時間を11時間から12時間へ延ばしました。
  • サーマルスコープを通して使用中の「憩いの焚き火」を見ると、光って見えるようになりました。
  • 天井トラップや壁トラップを設置しようとする際、トラップを設置するために必要な建築物が自動で建てられるようになりました。

溶岩に触れるとダメージを受けてしまいますが、軽く跳ねるため移動速度が少し上昇します。この溶岩は建築物に対するダメージはないので、陸地のように建築することは可能です。

溶岩は厄介なので、なるべく戦闘場所にしないよう意識したいです。間欠泉は空高くへ飛んでグライダーを再展開できるスポットなので、緊急時に役立つと思います。早めに設置位置を暗記しないといけませんね。

そして何よりも大きな変化は、トラップ設置時の自動建築。ますますダメージトラップの重要性が増しました。今後は建築バトルをしている最中にトラップキルを狙われる事が今まで以上に増えそうなので、しっかりと対策方法の練習が必要ですね。逆に建築バトル中にトラップボタンを焦らず押せるように癖をつけておきましょう。

 

ゲームプレイに関する不具合の修正

  • 照準中に扉を開けられないようにしました。これは、本来よりも速く武器で射撃できる問題を修正するためです。
  • ジャンプ中に照準を使用できる問題を修正しました。
  • 拾った武器の弾薬が誤って空になることがある問題を修正しました。これは、倒された直後のプレイヤーの武器を拾った際に発生していました。
  • 非常に遠くからダメージを受けると、消耗品のブッシュが破壊されない問題を修正しました。
  • 照準アシストが窓越しにも機能するように修正しました。
  • ジップラインを使う際に、ジップラインから離れた場所に立って、地面にぶつかりながら使おうとすると、ジップラインを使えない問題を修正しました。
  • ジップラインのポール周辺にあるアイテムが拾えない問題を修正しました。
  • ジップライン中に乗り物に乗り込むと、落下ダメージ耐性のビジュアルエフェクトが表示されたままになる問題を修正しました。
  • スカイダイブから着地した直後にアイテムの自動取得が機能しない問題を修正しました。
  • 武器の自動リロードがエモートをキャンセルしなくなりました。
  • スタックしたアイテムを落としたり、スタックした消耗アイテムの最後の1つを使用したり、スタックした爆破アイテムの最後の1つを使用した後に、装備したトラップが切り替わる問題を修正しました。
  • 「ボタン長押しでアイテム切り替え」を、アイテムを拾うのに使用すると、装備中のトラップが切り替わる問題を修正しました。

目ぼしいのは、照準アシストが窓越しにも機能する修正でしょうか。
終盤に家の中に隠れて外の敵を狙うのは今迄も強い戦法でしたが、それが更に強力になります。

トラップが勝手に切り替わる問題が修正されたのも良いですね。
これのおかげで切り替えの手間が減る上に、誤爆して無駄に消費してしまう事もなくなりそうです。

 

オーディオの変更点

  • 上/下にいるプレイヤーの足音の改善。
    ・上にいるプレイヤーの足音を、より分かりやすい音にしました。
    ・よりリアルに感じられるように、上/下にいるプレイヤーの足音が聞こえてくる距離感を調整しました。
  • ゲームの処理内容が多い場合の足音のタイミングを改善しました。
  • ワールド内におけるダウン状態の警告音の空間音響を設定しました。
  • 武器を運んでいるプレイヤーへ向け、全ての武器にステレオ音声を追加しました。
  • 武器を持ったままのしゃがみ時、そして照準を使用している際の動作音を追加しました。
  • ロケットランチャーが接近している際の効果音を改善しました。ロケットが迫ってきている際は、追加の警告音が重ねて再生されます。
  • 敵がグライダーに乗っていることを伝える効果音に、遠近効果を追加しました。
  • ダメージ/撃破を伝える音を改善しました。
  • 新しいシールド破壊音を追加しました。
  • 敵が建築物を破壊した際の音を大きくしました。
  • 収集中に「弱点」に当たった際の音を改善しました。

音はバトルロイヤルでは非常に重要な要素なので、これらの変更は大きいですね。銃声やシールド破壊音など、まるで別ゲームになったかのようにガラリと変わっています。改善ではありますが、やはり慣れるまで違和感がありますね。

私は今まで上下のプレイヤーの判別が苦手だったので、そこが分かり易くなったのは個人的には大変ありがたいです。ただ、収集中の「弱点」に当てた時の音が以前より爽快感が減ってしまったのが少し残念。

しゃがみや構え時の動作音追加と、ロケットランチャーの警告音追加に関しては、本当に人それぞれ賛否両論だと思います。毎回アップデート後にEpicGamesはフィードバックを求めているので、思うところがあれば感想を発信すると良いかもしれませんね!

 

オーディオに関する不具合の修正

  • 空中にいる敵を倒した際に、空中の風の音が最初から再生される問題を修正しました。
  • スナイパーの投射物が何かに当たったときに効果音が鳴らない問題を修正しました。
  • エモート「フーテナニー」が無限に再生される問題を修正しました。
  • サイレンサー付きSMGの効果音が誤って連続で再生される問題を修正しました。

 

UIの変更点

  • 「ニュース」画面からパッチノートのウェブページにアクセスできるようになりました。
  • スクワッドメンバーの名前やインジケーターの表示を改善しました
  • ワールドマーカーの改善
    ・ワールドマーカーが自分の近くに設置されると、ワールド内でも表示されるようになりました。
    ・ワールドマーカーのホットキーをダブルクリックすると、マーカーの「危険」バージョンを設置します。
    ・武器の照準を使用中にワールドマーカーを設置した場合も、同じように「危険」バージョンを設置します。
  • ワールドマーカーに2DのUIインジケーターを追加しました。これにより、オブジェクトを通して見やすくなります。
  • ワールドマーカーに画面外のインジケーターと、自分からの距離の表示を追加しました。
  • アイテムにワールドマーカーを設置すると、そのアイテムのアイコンとレア度を表示します。
  • ロッカー画面に、アニメーションロード画面やペット用のフィルタータブを追加しました。
  • 一部のアニメーション付きビジュアルアイテム用に、カードの角アイコンを追加しました。

ワールドマーカーの仕様が改善され、より連携がとりやすくなりました。改善当初の今はまだ「Apex Legends」のシグナルのような使い勝手の良さはありませんが、今後アップデートを重ねることで更なる改善が望めそうです。

 

UIに関する不具合の修正

  • ロードに時間がかかっている場合に、「ネットワーク状況が悪い」ことを示すインジケーターがマッチ開始時に表示されることがある問題を修正しました。
  • 建築情報の表示
    ・建築モードのプレイヤーがスカイダイブに移行した場合、設計図、鉛筆、建築物のゴーストが非表示化されるようになりました。それらはプレイヤーが再度建築可能な状況になった際に表示されます。着地後に、設計図、鉛筆、建築物のゴーストは自動的に再表示されます。
  • バトルパス/バトルパスバンドルの購入画面に、応援しているクリエイターが表示されるようになりました(設定されている場合)。
  • 撃破数のチーム合計が正確でない数値を表示することがある問題を修正しました。
  • プレイグラウンドでプレイしていると、撃破数が正しくカウントされない問題を修正しました。

 

リプレイの変更点・修正点

  • リプレイの再生位置を動かしていると、ロビーでプレイヤーのヒーローが消えることがある問題を修正しました。
  • リプレイの再生中にビジュアルアイテムのスタイルが正しく表示されない問題を修正しました。
  • リプレイ中の、敵にダメージを与えた数値が正確に表示されていない問題を修正しました。
  • リプレイ中に武器の発射アニメーションが2回再生される問題を修正しました。

 

モバイルの変更点

  • ボタンを押したことがより分かりやすくなるように、画面の描写を追加しました。
  • グライド/自由落下中のHUDの表示を変更しました。これでモバイル版とその他のプラットフォーム間での差異が軽減されました。
  • 建築/編集モード中でも、しゃがみと立ち状態を切り替えられるようになりました。

 

モバイルに関する不具合の修正

  • 「プレイヤーを通報」を閉じるとロビーの背景が消える問題を修正しました。
  • 建築モードの切り替えと同時にクイックバーをタップすると、戦闘モードに戻る問題を修正しました。
  • モバイルコントローラーを使用してトラップを設置しようとすると、キャラクターが扉を開けるアニメーションを数回再生してからトラップを設置する問題を修正しました。
  • グライド中にしゃがみ状態を解除する問題を修正しました。
  • バトルバスに乗っている間にアクションボタンがUIに残る問題を修正しました。
  • モバイルデバイスで変更を実施した後も、HUD設定の「素材」がゲーム内で正しく表示されるようになりました。
  • 建築物をタッチで編集すると、再度ボタンを押すまで照準線の編集ができなくなる問題を修正しました。
  • ドラッグでホットバーからアイテムを外すと、ダブルクリックが入力される問題を修正しました。
  • 何かを拾うアイコン、ジップラインの使用アイコン、そして照準のアイコンのデフォルト位置が重なっている問題を修正しました。
  • コントローラーの設定画面でコントローラーの画像が表示されないことがある問題を修正しました。

 

クリエイティブ・世界を救えの変更点

多くの変更点があり掲載しきれないので、詳細はこちらの公式サイトよりご確認ください。

 

全般の変更点

  • 起動時の読み込み回数を減らしました。
  • 全てのモードの間で、プレイヤー通報のUIを統一しました。
  • プレイヤー通報のUIにおいて、「理由」が「プレイヤー名」よりも先に来るようになりました。
  • プレイヤー通報のUIにおいて、通報対象のプレイヤーと自分との関係に、新しい選択肢(「倒された」や「チームメイト」など)が追加されました。

 

全般に関する不具合の修正

  • 建築物の弱点を壁越しに命中させられる問題を修正しました。
  • カメラを地面の近くまで傾けた状態で一部の武器を発射すると、プレイヤーの背後にいる敵にダメージを与えられる問題を修正しました。
  • 建築プレビューマーカーを建築物に重ねた状態で「建築」と「編集」を素早く連続で押すと、建築プレビューマーカーの編集に入る問題を修正しました。今後は同様の操作をすると、新しく建てた建築物の編集に入ることになります。

 

ソーシャルの変更点

  • 「世界を救え」の報酬フローの最中にチャットウィンドウが開ける問題を修正しました。

 

パフォーマンスの変更点

  • フレームレートの上限を解放している状態で、ジャンプするかカメラを動かした際の、クライアントとサーバーのデータ転送を改善しました。
  • PlayStation®4版の全ゲームモードにおいて、安定性が向上しました。

 

まとめ

  • 新シーズン8が開幕。
  • バトルパスの内容は豪華で大当たり。
  • 新エリア「サニー・ステップス」「レイジー・ラグーン」登場。
  • 試合開始前の孤島も変化。
  • 期間限定モード「フライング50」が復活。
  • マップ内設置アイテム「パイレートキャノン」登場。
  • 複数のアイテム、X-4ストームウィングが保管庫へ回収。
  • 補給物資がマップに表示されるように変更。
  • トラップ設置時に建築物が自動建築。
  • サウンドが大幅に変化。
  • ワールドマーカーの改善。

いかがでしたでしょうか。

シーズン7のフォートナイトは、通常モードへ「インフィニティブレイド」実装・濃霧の発生・ゾンビの再来など、人によっては不満を感じてしまう内容が多かっただけに、シーズン8にはいつも以上に不安と期待が高まっていることかと思います。私は先ずバトルパスの内容を見て、どれも魅力的で気合の入り方が前シーズンとは違っているように感じたので凄く期待が高まりました。

ゲームシステムも改善されており、「PlayStation®4版の全ゲームモードにおいて、安定性が向上」というのはこれ以上ないアップデート内容です。

クリエイティブもプレイしてみたところ、模様替えされて使いやすくなっていましたし、ワールドマーカーの改善にはとても驚きました。このワールドマーカーの改善は、彗星の如く現れた新バトルロイヤルゲーム「Apex Legends」の影響が有るのかも分かりません。ただ、それぞれのゲームが互いの良い部分をリスペクトして共有し合い、より良いゲームへ進化していくのはプレイヤー達にとっては最高ですよね。

フォートナイトはユーザーの声を聞きながら頻繁にゲームバランスを調整してくれる事も強みなので、シーズン8でもアップデートが繰り返されるはずです。今までで最高のシーズンになる事を期待しながら、楽しんでプレイしましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.