eスポーツ ゲーム レインボーシックス 大会・イベント情報

【eスポーツ】大盛況「レインボーシックス シージ」ガールズイベント

 3月16日(土)、LFS池袋にてユービーアイソフト主催で開催された「レインボーシックス シージ GIRLS’FESTIVAL Presented by PlayStation®4」イベント、シージ女子の熱狂ぶりに圧倒されました。早速ですが、その様子をご覧下さい。

 

イベント当日の風景

会場内の様子


入り口へはいって直ぐにある受付の横には撮影できる場所が用意されており、多くの来場者がここで撮影していました。

プレイヤー、観覧者合わせて120名上の女性限定で開催された当インベント

出演者の方々

左から「けんき(父ノ背中)」「灯環」「松嶋初音」「ハービー」「レイナ」「ReyCyil(野良連合)」※敬称略

 

女性同士の熱き戦い

事前に抽選で選ばれた80名の女性プレイヤーが5人1組のチームに分かれて行われた「RAINBOW SIX SIEGE GIRL'S OPEN Tournament」

 

熱戦が繰り広げられた末、見事優勝したのはチーム「グンマー」

個々のスキルがとても高く、1vs1で圧倒していた

惜しくも決勝で敗れ、準優勝となった「今すぐ寝たい」

 

また、トーナメントに敗れたメンバーチームで争うシャッフルトーナメントも開かれ、至る場所から歓喜の声やハイタッチする姿があった。

そんな中、シャッフルトーナメントを優勝したチームは「なた連合」

「RAINBOW SIX SIEGE GIRL'S OPEN Tournament」の初戦で、優勝した「グンマー」と当たり、敗れたものの見事シャッフルトーナメントで優勝を果たした。

 

プロプレイヤーのレッスン「シンデレラレッスン」の風景

シンデレラレッスン希望者の中から「けんき(父ノ背中)さん」「ReyCyil(野良連合)さん」がそれぞれ5人ずつ抽選し、10名の女性がレッスンを受けました。


抽選の様子


抽選に当たった10名の女性たち


レッスン風景(けんきさん側)


ReyCyilさん側

レッスンは両チーム対戦し、試合中に各プロプレイヤーがアドバイスする形で行われた。

 

その他


プロプレイヤーによる写真撮影やサインなどのファンサービスも行われた。

会場に来ていた女性たちへのインタビュー風景

「同じチームの仲間に会えた、会場で新しく友達ができた。」と多くの来場者たちが同じ競技者同士で交流をもっていた。

 

 

あとがき

 今までいくつかのeスポーツイベントを観戦してきたが、今回の「レインボーシックス シージ GIRLS’FESTIVAL Presented by PlayStation®4」を取材し、こんなにも熱く盛り上がるイベントは稀に見ないものであった。それほどまでにシージ女子の盛り上がりの凄さを感じた。

 今回のイベントの参加者は関東近郊のみならず、遠方から訪れた人も数多くいた。また、今回プレイヤーとして参加する人は「PS4を持ち込む」というルールがあり、キャスター付きのキャリーケースで会場に来る熱意、そして観覧者も長時間にも関わらず、ほとんどの人たちが最後までイベントに参加し、改めてR6Sの魅力を実感したイベントでした。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.