ゲーム ストリートファイター

【ストリートファイターV】YouTuberの影響でやってみた第二弾

皆さんこんにちは、yoskです。
先日から少しずつ投稿している格ゲー記事ですが、遂に格ゲー界のキングと言っても過言ではない「ストリートファイターV」を購入しました。

そもそも私が格ゲーに興味を持った理由については「【ドラゴンボールファイターズ】youtuberの影響でやってみた」にも記載しましたが、荒野行動ファンなら誰でも知っているYoutuber、さよドラの「えいた」さんの影響です。えいたさんの数々の動画を見るにつれ、このゲームなくして格ゲーは語れないと思い、満を持して「ストV」を購入に至りました。

今回その「スト5」を初めてやった感想を交え、簡単な紹介をお伝えしていこうと思います。

 

 

はじめに

ゲーム紹介

ストリートファイターをご存知ない方に、簡単にどのようなゲームか紹介します。

ストリートファイター』(英: Street Fighter)は、カプコンが1987年に開発・稼動した2D対戦型格闘ゲーム。

幼い頃より様々な格闘技を学んだ若き天才格闘家・リュウ)と、そのライバル・ケン)。

修行の末に独自の格闘スタイルを確立させた二人は、世界中の強敵たちと戦うべくストリートファイトの旅へと出発する。

目指すは格闘技界の頂点、すなわち「最強の格闘家」である。

(Wikipedia引用)

このゲームは日本はもとより、世界でもプレイヤー人口の多い格闘ゲームです。もちろんe-スポーツにも登録されています。このゲームを知らなくても「ストⅡ」という言葉を知っている方は多いかと思います。それだけ知名度の高い格闘ゲームということです。

 

ⅤとⅤアーケードエディションの違い

今回私が購入したストⅤには2種類存在します。ゲームが発売されてから1年以上経過する為、既にご存知の方も多いかと思いますが、この2つの違いですが大まかに説明しますと下記の通りです。

  • キャラの追加
  • デザイン・演出のリニューアル
  • アーケード追加

通常のⅤからもアップデートすることができますので、購入したもののしばらくやっていなかった方は是非アップデートすることをオススメします。

 

やってみた

早速プレイしていきます。【ドラゴンボールファイターズ】初心者必須「プラクティスモード編」では操作を覚える為に、初心者は練習しましょうと申し上げましたので、今回はトレーニングモードをプレイしてみました。

 

メニュー

まず初めにこちらのゲームのメニュ―紹介です。

メニューは大きく分けて5種類あります。

 

アーケードモード

こちらは過去のストリートファイターシリーズで遊ぶことができるモードです。「ストⅠ」「ストⅡ」「ストZERO」「ストⅢ」「ストⅣ」「ストⅤ」の計6種類が収録されています。

 

ストーリーモード

各キャラクターに焦点を充てたストーリーを体験できるモードです。クリアすることで「ストーリーコスチューム」が購入可能になります。

 

バーサスモード

オフラインでの対人戦や対CPU戦を行うモードです。シングル戦とチーム戦の2種類の対戦形式を選べます。

 

チャレンジモード

こちらもモード内にいくつかの項目があります。

・トライアル

トライアルでは、各キャラクターの連続技を学び実践することができる。各キャラクターに複数のミッションが用意されています。

・デモンストレーション

バトルに役立つ様々な情報を閲覧することができるモードです。必殺技やVシステムなどの基本的な解説から、めくり攻撃やコンボ補正値などの応用まで、戦いの立ち回り方を学ぶことが出来ます。

・ターゲット

日々のお題をクリアしてファイトマネーを獲得していくというもので、「Vトリガーを10回決める」、「カウンターを10回決める」などのバトル内で与えられたお題もあれば、「バトルラウンジに参加」、「デモンストレーションを見る 」などゲームシステムに触れたお題もあります。難易度も簡単なものから難しいものまであるので、自分にあったものから挑戦できます。

・エクストラバトル

特殊な敵を倒すことで、ファイトマネーや新しいコスチュームが入手出来るモードです。チャレンジするにはファイトマネーが必要です。
定期的に異なるバトルが配信されます。

(各説明公式HP引用)

 

トレーニング

実践形式で様々な練習が出来るモードです。今回私はこちらのモードを使用して体験してみました。使用するキャラクターはえいたさんが普段選んでいる「ケン」を選択。少々ミーハーな点はご容赦下さい。

練習相手は「ザンギエフ」というキャラクターを選択しました。

こちらが実際の練習ステージ画面です。ステージは実際の戦いで登場するものが使用できますが、こちらもえいたさんの動画ではお馴染みの場所となっており、敢えてこちらを選択しました。動画をご覧の方は見覚えがあるのではないでしょうか。

こちらはトレーニングモード内にあるメニュー画面です。コントローラーの「optionボタン」を押すことで表示されます。こちらのゲームにもダミーモードがありました。今や格ゲーにダミーモードはマストとなっている模様です。

こちらはケンの必殺技「紅蓮炎迅脚(ぐれんえんじんきゃく)」を繰り出した際の映像です。この様に特殊アクションで技の臨場感や躍動感を演出してくれます。

操作は通常より少し複雑になりますが、実際のプレイ中にこの技でKO出来たら非常に爽快感があります。因みにこの様な必殺技をゲーム内では「クリティカルアーツ」と呼びます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。格ゲー界の王ストリートファイター。今尚高い人気を誇り、世界各地で大会も開かれているこのゲームですが、その理由も納得出来る最高のゲームといえます。私も「ストⅡ」をプレイしていた幼少期を懐かしみながらこのゲームに触れてみましたが、やはり王道と言った面白さを感じることができました。eスポーツ登録ゲームということもあり、今後もプレイヤー人口が増えるかもしれません。格ゲーに触ったことの無い方や、私の様に昔やってたよという方も十分に楽しめるゲームですので、是非一度遊んでみて下さい。

今回はオフラインでの操作となりましたが、オンライン接続することで世界中にいる猛者とも対戦することができますので、そちらも是非チェックして見てください。

因みに、私が格ゲーを始めるきっかけになった「えいた」さんも個人チャンネルを立ち上げ随時動画配信を行うようですので、Twitterアカウントと併せてそちらも御覧ください。運が良ければ対戦できるかも知れませんよ!

カプコン公式HP

えいたTwitter

えいたYoutube

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.