ゲーム 荒野行動

【荒野行動】初心者だけじゃない、知っておきたい用語集part2

みなさんこんばんは、yoskです。
先日お伝えした記事「初心者だけじゃない、知っておきたい用語集」。多くの反響を頂き、非常に感謝しております。今回は前回お伝えしきれなかった内容を新たにお送りしたいと思います。まだ全記事を御覧になっていない方は、是非お読みください。

今回はマップ上に多くある「名もなき街」の略称を中心に、普段プレイしていて実は見落としがちな名称、略語をお伝えできればと思います。

 

プレイ編

マップの名称をお伝えする前に、意外と知らない方もいた用語を改めて紹介していきます。

 

弾抜き(たまぬき)

戦闘を行う上で絶対に必要となる銃ですが、拾われていない銃の中に既に弾薬が入っているのはご存知でしょうか。下記の画像をご覧下さい。

銃弾が計60発と95式が落ちています。既にM4A1で90発分の銃弾を所持している為、銃弾だけ拾えば150発に増えます。

しかし、銃も一緒に拾うことで180発に増えます。この様に、銃の中に30発分の弾が装填されており、この分の弾薬を抜くことを「弾抜き」と呼びます。この作業は普段通りただ銃を拾うだけで出来る一方、意外とやられていない方が多いことや序盤では弾薬が集まりにくい場合がある為、名称を含めこの作業を覚えておいて損はありません。

 

伏せキャン

伏せ撃ちをキャンセル(やめる)する動作を通称「伏せキャン」と呼びます。これは主にTwitterをやられている方の間で多く広まっている言葉で、相手に伏せ撃ちをすると見せかけて、それをやめて撹乱させる戦術の一つです。一時期このプレイがグリッチ(不具合を意図的に悪用する行為)と言われ、賛否両論ありましたが使っているプレイヤーが多かったことから、一部動作を変更した仕様となりました。

 

 

この動作、覚えれば強力な戦術となりますが、少々コツがいる動作となる為、無理に覚える必要はありません。安心して下さい、私は出来ません。

こちら2つのツイートは、荒野行動開発担当のぎんなんさんによるものです。開発段階やユーザーの声を多く取り入れてくれますので、まだの方は是非チェックしてみてください。

 

検問

「激戦野原」「嵐の半島」でよく見られる戦術の一つです。

橋のある場所に車を並べて、後から来る敵を通れなくさせ一気に奇襲をかける戦法です。個人的には「激戦野原」でよく目にするイメージがあります。実際の検問の様に待ち構える事から、このような名称がついています。早めに気づくことができれば回避できますが、この罠に嵌ってしまうと非常に危険ですので、橋を渡る際は十分に注意しましょう。

余談ですが、普段トラックを運転している私からのお願いです。ゲームとは違い、本物の検問で捕まってしまうと人生が崩壊してしまう可能性があります。車を運転される方はくれぐれも安全運転に努めましょう。特に飲酒運転はあなただけではなく、家族や身内、他人の人生すら狂わせますので、絶対に止めましょう。

 

アイテム編

前回紹介したもの以外にも、プレイしていて気になった名称があったのでご紹介します。

 

サプレッサー・サプ

銃声を消す事の出来るアイテム、消音機全般を指します。サイレンサーと呼ぶ方もいらっしゃいますが、どちらも同じ意味です。これを略して「サプ」と呼ぶことが多いですので、略語を覚えておくと良いでしょう。

 

砂・単砂(すな・たんすな)

スナイパーライフルの略語です。言葉(音)で聞けば直ぐにわかりますが、VCなしの場合、この文字だけがチャットに出ると「ん?」と思う方も多いかと思います。私もその一人でした。また、単発射撃のスナイパーライフル(Kar98k・M24など)を略して「単砂」と呼ぶ方もいますので、砂=スナイパーと覚えましょう。「砂拾って」と言われても、本物の砂を欲しているわけではありません。

 

マップ編

さて、今回のメインとなるマップ編では「激戦野原」と「嵐の半島」の2つに絞ってお伝えします。東京マップはごめんなさい。

マップ上の各街にはそれぞれ名前が付いており、その表記もされていますが、名前の無い街も存在します。マップ上にピンを刺すことで「ここに行こう」と呼びかけることは出来ますが、チーム内や人によって様々な名称で呼んでいるかと思います。今回はその一部を抜粋してご紹介します。

 

激戦野原

比較的ほとんどの街に名前が付けられていますが、それでも小さな街には名もなき街が存在します。その一部をご紹介します。

①ジョージ・ジョージタウン

「常時」敵が居るため、このように呼んでいるようです。確かにこちらには敵が常にいるように感じます。そのままの言い方ですが、カタカナにするだけで街の名前になりますね。これは面白いと思いました。

因みに、私が所属しているクランのメンバーは「サンタマリア」と呼んでいます。理由はあえて書きません(笑)。

②4軒(よんけん)

このマップに複数個所ある4軒の家がある場所です。見たまま家が4軒並んでいる事から、このように呼ぶ方も多いようです。同意語で3軒ある場所もそのまま「さんけん」と呼ばれています。

 

嵐の半島

激戦野原に比べて名もなき街が多く存在します。全て調べることが出来なかったので、4箇所の紹介となります。

①トレイン・トレインステーション・似非(エセ)トレ

激戦野原にあるトレインステーション同様に、駅ということでこの様に呼ばれているようです。

1棟だけマンションがある為、「単マン」と呼んでいる方もいるようです。

②ドーナツ

内側・外側と円の様に家が建てられており、上から見たときにドーナツの様に見える事からこのように呼ばれています。

クランメンバーは、上から見たときに三角形に見えるので「おにぎり」と呼んでいました。

③クワガタ

よく見るとクワガタの様に見えるため、このように呼ばれています。言われてみれば「確かに」と思った方もいらっしゃるのでないでしょうか。

④3軒の横の街

こちらは私が所属しているクランのメンバーから教えてもらいました。これほど大きな待ちで、多くの人が降りるポイントですが、その近くにある3軒の家がフューチャーされるのは悲しい限りです。こちらも仲間内での呼び方かと思われます。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。前回に引き続き第2段としてお送りした用語集ですが、今回の街の名称はまだまだ複数の呼ばれ方が存在しているようです。前回の記事の締めにも書きましたが、要は「伝わればいい」の一点に尽きます。

 初心者だけでなく、何も知らないよりは「こんな呼ばれ方があるのか」と頭の片隅に入れておくだけで、いざという時にこれらの名称が出た時に仲間と意思疎通することができます。今回紹介した中にも、クラン内でしか伝わらない名称もありますが、そういう事も覚えるだけで連携が違ってきます。引き続き分からなかったアイテムや街の名称については調べていきますので、情報が集まり次第また皆さんに紹介できればと思います。

 今回の記事を書くに当たって、たくさんの方にご協力して頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.