ゲーム ゲームニュース

Google、新たなゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表

 3月19日、Googleが「Game Developers Conference(GDC) 2019」の基調講演で、新たなゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表した。

 

Stadiaの魅力

デバイスに左右されずにプレー

 「Stadia」では、ネット環境があればどんなゲームもプレーすることが可能になります。例えば、PS4を持っていなければこのゲームタイトルはできない、このゲームタイトルをやりたいけど持っているPCのスペックでは難しいといったようなことが解消されます。負荷の高い処理を引き受け、プレーしている画面だけをデバイスにストリーミングしてプレーすることできるからです。

 そして、対応デバイスがとても多く「PC」「タブレット」「スマホ」「テレビ」と様々な環境で遊ぶことができます。Googleならではのネットワークを駆使し、世界中の人々がプレーすることができるのが魅力です。

 

プレー環境

プレーする際には、Stadia専用のコントローラー(WiFi接続)がありますが、使用デバイスのコントローラーやキーボード、マウスなどが使用可能です。

 また、リンクに飛べば直ぐ(最速5秒)にプレーすることが可能で、ダウンロードやアップデートが一切必要ありません。

 そして、高性能処理能力を保持している為、使用デバイス関係なく高性能グラフィックで遊ぶことができます。

 

プレー状況の共有

 「State Share」という機能があり、その時の環境をリンクに貼るだけで、そのリンクに飛べば、リンクを貼った本人と全く同じ環境を体験することができます。

 つまり、一緒に困難な状況の攻略法などを考えることができるなど、仲間やweb上の人と楽しさを共有することが可能になるということです。 

 

SNSとの連携

 Youtubeと連携していて、Stadia専用コントローラーのYoutubeシェアボタンを押すだけで配信が可能になります。前述にもある通り、負荷の高い処理を担ってくれる為、高スペックのデバイスの必要性もプレーのパフォーマンスを落とすことなく配信できます。

 また、配信中に視聴者がプレーに参加することのできる「Crowd Play」機能もあります。

 

開発者向け

 「Unreal Engine」と「Unity」などのサポートを受けており、ゲーム開発者が開発しやすい環境を整えています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.