Call of Duty ゲーム

【CoD:BO4】パッチ1.16「ANCIENT EVIL」配信

Ancient Evil1

こんにちは、Ioriです。
Call of Duty®️: Black Ops 4」にアップデートパッチ1.16が配信されました。ゾンビモードで「カオスの物語」新章「ANCIENT EVIL」がリリースされ、マルチプレイヤーには新ゲームモード「BAREBONES」が登場。全てのゲームモードで武器やゲームバランスの調整が行われました。また「HARDCORE」モードとリーグプレイにおけるフレンドリーファイアの仕様も変更されたので要チェックです。

今回のアップデートも変更要素が膨大で、ゲーム環境に大きく変化をもたらすものでした。変更点の多さから記事では紹介できない内容もございますのでご了承ください。

パッチノート全文はこちら(英語/外部サイトへ移動します)でご確認いただけます。
また、アップデートの一部はPlayStation4のみに適用されています。

それでは、詳細を確認しましょう。

 

 

ゾンビモード最新章「ANCIENT EVIL」配信

Ancient Evilタイトル

「コール オブ デューティーブラックオプスパス」を所持するプレイヤーへ向けて、ゾンビモードの新章が配信されました。

「XI」での冒険から戻ったスカーレット、ディエゴ、ブルーノ、ショーの4人が、古代地下都市デルフィーに赴きます。未知のゾンビ、武器、トラップ、イースターエッグ、そして予期せぬサプライズが盛り沢山。アンデッドの大群や神話上の生き物との新たな戦いが幕を開きます。ギリシャ神話を基にデザインされた新武器を駆使し、伝説の予言者を救い出しましょう。

しかし、そのためには大きな犠牲を伴う……?

 

ゾンビモードに新アイテム登場(PS4)

「ANCIENT EVIL」に加えて、新PERK、新エリクサー、新タリスマンが追加されました。

新PERK

  • 「ゾンビボム」

ゾンビボム

ノーマルゾンビを倒した際、爆発する可能性があります。また、汚染地区ではゾンビの動きを遅らせ、与えるダメージを増大させます。MOD効果では、汚染地区で立っている場合ゾンビに狙われなくなり、武器のリロード速度が上昇します。

ゾンビの爆発で危機を回避できる可能性が高まる便利な効果です。汚染地区では更に強力になり、MODを付けていればなんと無敵に。ゾンビモードのようなルールでは、タイミングを選ばず常時発動する能力はそれだけで重宝されるので、4つしかないPERK枠になんとか組み込みたいですね。ただ欠点として、ゾンビの爆発がランダムなのでトレインが乱れてしまったり、最後の1体を残せないという事態も発生するので注意が必要になりそうです。

 

新エリクサー

エリクサー「ドレスアップ」

  • 「ドレスアップ」(エピック)
    ・自身と近くのプレイヤーがアーマーを獲得。(壊れるまで装備可能)
    ・即時に発動。

  • 「山分け」(レジェンド)
    ・獲得したポイントの一部にボーナスが付き、自身と味方に付与される。
    ・即時に発動。(5分持続)

  • 「蘇生はいかが?」(レア)
    ・動いている間ずっと体力を回復し続ける。
    ・即時に発動。(4分持続)

  • 「弾丸強化」(ノーマル)
    ・使用中の武器にAATを装填。(対応している場合)武器の威力は変わらない。
    ・即時に発動。

  • 「クワックナロク」(Classic)
    ・ゾンビがアヒルの浮輪をつける。特に意味はない...。
    ・即時に発動。(5分持続)

 

新タリスマン

タリスマン「輝く聖句箱」

  • 「輝く聖句箱」(エピック)
    ・自己蘇生+1でマッチを開始。

  • 「歴戦のウロコ」(レジェンド)
    ・特殊武器の使用によって得たアーマーは破壊されるまで有効。

 

輝く聖句箱は非常に有用で、本気でラウンド数の記録更新を狙う時は絶対に外せないタリスマンですね。エピックなので、本腰を入れてプレイする際のとっておきにしましょう。

 

 

無料の備蓄品プレゼント

備蓄品

現在ブラックマーケットにアクセスすると、無料の備蓄品がプレゼントされます。備蓄品の中には、「キル毎に+25%のボーナスXPが貰える」能力を備えたMKIIシグネチャーウェポンが確定で封入されています。次のマッチに行く前にブラックマーケットを訪問しましょう!

 

 

マルチプレイヤーに「BAREBONES MOSHPIT」追加

BAREBONES

ベアボーンが登場しました。スペシャリスト能力などが封印された状態で戦うモードなので、プレイヤーは古き良き懐かしの「Black Opsシリーズ」を体験できます。

  • コアとハードコアの「BAREBONES MOSHPIT」がプレイリストに登場。
  • 6v6の「TEAM DEATH MATCH」と「DOMINATION」のMOSHPIT。
  • 以下の物が使用不可。
    ・SPウェポン
    ・特殊装備
    ・ギア
    ・オペレーターMOD
  • 装備(フラグ等)はクールダウン及びリチャージなしで使い捨てに。
    但し、各リスポーンで再使用可能。
  • スポーンセレクトなし。
  • 手動回復、スライド移動は可能。
  • 戦場の霧は存在。

過去作「Black Ops III」から登場したスペシャリスト関連は全て使用不可で、大人気を博した「Black Ops II」を意識したデザインとなっています。スペシャリストはとても楽しい要素ですが、プレイしていると過去作の環境で遊びたくなることもありますよね。派手な能力バトルに少し疲れた時は、こちらのルールを遊びましょう!

 

BLACKOUTに新装備登場+サークルの仕様変更

  • スペシャリスト武器「スパロー」追加。
  • スペシャリスト装備「EMPディスラプター」追加。

BLACKOUTにアウトライダーのスペシャリスト武器「スパロー」とゼロのスペシャリスト装備「EMPディスラプター」 が追加されました。EMPディスラプターは敵の装備だけでなく車両も無効化できるので、使いどころ次第で大きな活躍を見せそうです。

  • サークルの仕様変更。

パーク「アウトランダー」と「せっかち」のコンボを利用して、プレイヤーが戦闘を放棄して最終サークルを生き抜くのを阻止するため、サークルが仕様変更されました。今後は、サークル内に居る時間に比例して、プレイヤーが受けるダメージが段階的に上昇します。

これは最終サークルに限らないのがポイントですね。今迄、序盤のサークルではダメージが低かったため回復しながら移動できていましたが、これからはサークルに呑まれないように意識して動きましょう。

  • ヘリコプターと貨物トラックに副操縦機能が追加。

 

 

フレンドリーファイアの仕様変更

リーグプレイ

ワールドリーグとマルチプレイヤーの「ハードコア」におけるフレンドリーファイアの仕様が大きく変更されました。Ricochet Friendly Fire(以下、RFF)システムが導入されました。

  • マッチまたはラウンド開始15秒でフレンドリーファイア有効化
  • 最初の15秒後、最初の3回のチームキルは今まで通り適用され、犠牲者がフルでダメージを受ける。
  • 3チームキル以降、チームメイトに与えるダメージは自分に反射。
  • RFF状態に移行後、更にチームキルをしようとすると、リスポーン遅延のペナルティ増加。
  • その後、プレイヤーは試合から除外される前に3回の反射チームキル猶予有り。
  • ワールドリーグでは、爆弾を設置/解除しているチームメイトにダメージを与えると自分へダメージが反射。

RFFシステムが導入され、行き過ぎた誤射は自身に反射するようになりました。これはワールドリーグを大きく意識しての調整のように感じました。

フレンドリーファイア問題はとても調整が難しいはずです。ハードコアでは、間違って味方のフレンドを倒してしまって笑い合うという愉快なシーンもあるので、やはり猶予があるのがベストですよね。なので私は今回の仕様変更にとても満足しています。「レインボーシックス シージ」でもフレンドリーファイアの仕様が変更されたこともあり、今後は誤射があるゲームでは、繰り返した場合にダメージ反射化するというのが標準となるのかもしれません。

また、リーグプレイにも新ランクが追加されました。

  • リーグプレイにランク21~30が追加。

 

 

その他のアップデート内容

その他の気になるアップデート内容をまとめます。
全てのパッチノートはこちら(英語/外部サイトへ移動します)からご確認ください。

 

全般

  • リアクティブ迷彩が全銃で利用可能に(ゴールド迷彩が不必要に)。
  • エイムしていない状態では、ひるみが発生する可能性が低下。
  • マルチプレイヤー、ワールドリーグ、ゾンビプレイの安定性向上とバグ修正

 

マルチプレイヤー

  • 「KILL CONFIRMED」において、敵ドッグタグを回収した際のスコアが100に上昇。
  • 武器チューニング。
  • 各アクション時に貰えるXPが大幅に増加。
  • PERK「タクティカルマスク」装備プレイヤーは、敵の「テンペスト」でダウンした際にチームメイトに連鎖効果を与えなくなる。
  • 各クラッシュや複数のスペシャリスト、スコアストリーク「ケアパッケージ」、PERK「タクティカルマスク」の問題修正。

 

マルチプレイヤーの武器チューニング

サブマシンガン

  • 「CORDITE」
    ・スプリントの回復速度が上昇。
    ・5発キル距離が2.5メートル→4メートルへ拡張(コンソールのみ)。

  • 「DAEMON 3XB」
    ・6発キル距離が8メートル→11.5メートルへ拡張。

  • 「MX9」
    ・覗き込み解除スピードが向上。
    ・スプリントの回復速度が上昇。

  • 「SPITFIRE」
    ・6発キルが7メートル→7.5メートルへ拡張(コンソールのみ)。

  • 「SAUG 9MM」
    ・スプリントの回復速度が上昇。

  • 「SWITCHBLADE X9」
    ・装弾数が26→30へ増加。
    ・プレイヤーは3つの追加マガジンを持ってスポーンするように変更。

アサルトライフル

  • 「KN-57」
    ・4発キル距離が16メートル→17メートルへ拡張。
    ・5発キル距離が46メートル→57メートルへ拡張。

タクティカルライフル

  • 「ABR 223」
    ・覗き込み速度が向上。
    ・装弾数が30から36に増加。
    ・4発キル距離が32メートル→38メートルへ拡張。

スナイパーライフル

  • 「PALADIN HB50」
    ・装弾数がを5→6に増加。
    ・リロード速度が低下。

  • 「SDM」
    ・発射レートが上昇。

ハンドガン

  • 「RK 7 GARRISON」
    ・ダメージ増加。全距離において、キルに必要な段数が1発減少。

  • 「MOZU」
    ・3発キル距離が19メートル→24メートルへ拡張
    ・4発キル距離が25メートル→32メートルへ拡張
    ・5発キル距離が32メートル→38メートルへ拡張。

  • 「STRIFE」
    ・発射レートが上昇。

多くの武器が強化されました。ベータテスト以降は不遇の扱いを受けていたサブマシンガンが全体的に強化されたことで使用率にも変化が見られそうです。私としては、お気に入り武器「ABR 223」が強化されて嬉しいです。元よりかなり強い部類だったのが、4発キル距離が延びて装弾数が増加と、痒い所に手が届くようになりました。皆さんも是非オペレーターMODを装備して使用してみてください。

 

BLACKOUT

  • 武器チューニング(マルチプレイヤーの武器チューニングと同様)
    「CORDITE」「MX9」「SPITFIRE」「SAUG 9MM」「SWITCHBLADE X9」「SDM」「RK 7 GARRISON」「STRIFE」
  • 太陽の方角を向いている時の眩しさが軽減。
  • 近接武器「Home Wrecker」が密輸品スタッシュで入手可能。

 

ゾンビモード

  • 武器チューニング(マルチプレイヤーと同様だが、ダメージは変化なし)
    「CORDITE」「MX9」「SPITFIRE」「SAUG 9MM」「ABR 223」「PALADIN HB50」
    「SDM」「STRIFE」
  • 様々な問題の修正。

 

まとめ

  • ゾンビモードに新章「ANCIENT EVIL」配信。
    ・「ブラックオプスパス」所有者を対象とした、カオスの物語の新エピソード。
  • ゾンビモードに新PERK、新エリクサー、新タリスマンが追加。
  • 今ブラックマーケットへ行くと、「+25%のボーナスXP」の能力を持つシグネチャーウェポンが絶対に手に入る備蓄品が貰えます。
  • マルチプレイヤーに「BAREBONES MOSHPIT」登場。
    ・スペシャリスト武器や装備の存在しない、昔の「Call of Duty」を楽しみましょう。
  • BLACKOUTに新装備登場+サークルの仕様変更。
    ・今後はサークル外で回復する作戦が通用しなくなります。
  • フレンドリーファイアの仕様変更。RFFシステム導入。
    ・誤射が繰り返されると、自分へダメージが反射するように変更。
  • リアクティブ迷彩が全銃で利用可能化。
  • 各モードで武器チューニング。

いかがでしたでしょうか。今回のアップデートではゾンビモードへ多くの追加要素がありました。CODゾンビはとても奥が深くて遊びがいのあるモードです。PERKなどの追加要素はブラックオプスパスを所有していなくても適用されているので、今までゾンビに触れていなかった方もこれを機にプレイし、楽しめたらパスを購入してみてはいかがでしょうか。

「BAREBONES」の登場は、昔のシリーズファンにとっては嬉しいサプライズです。これで、スペシャリストシステムが受け入れられずBO4をプレイしていなかった過去作ファンにもお勧めできる作品となりました。現在はTDMとDOMのみですが、今後他のルールにも適用される可能性は高いと思われます。そして、運要素が減ることから、このモードがeスポーツのルールに追加される事もあり得るかもしれません。スペシャリストの特殊能力に慣れてしまった今こそ、「BAREBONES」でシンプルな撃ち合いを楽しみましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.