ゲーム ドラゴンボールファイターズ

【ドラゴンボールファイターズ】格ゲー初心者が「ランクマッチ」に挑戦

皆さんこんにちは、yoskです。格闘ゲームに限った事ではありませんが、ゲームというのは一人でやっても面白いですが、対人戦に一番の面白さが詰まっていると思います。最近格闘ゲームをやり始めた私ですが、対CPUだけでは面白さに欠ける部分もあった為、今回は初の「ランクマッチ」に挑戦したので、そちらの説明や感想を伝えていきます。

 

ランキングマッチとは

ランクマッチとは、通称ランクマと呼ばれ、ネット対戦で今や殆どの対人ゲームに導入されているランク制度です。世界各地にいる猛者と対戦を行い、勝敗をポイント制で競うものです。

 

はじめに

殆どの方は接続・加入済みかと思いますが、こちらを行うにはインターネットの環境が必須となります。また、PS4ではネット対戦を行う際に「playstation plus」という有料サービスの加入が必要となります。まだの方は環境を整えてからプレイしてください。今回私はPS4でのプレイとなりますが、他のハードウェアでも同じようにネット環境が必要となりますので、各自ご用意の上挑戦しましょう。

 

プレイ方法

コントローラーのR2ボタンを押すか、直接こちらの「ワールドマッチ」に進み、「ランクマッチ」を選択します。

こちらがマッチング相手の条件を設定する画面です。

マッチング相手は自分の実力と同等のプレイヤーや上位のプレイヤー等選択できます。相手側も同様に設定をしている為、必ずしも自分の希望するマッチングになるとは限りませんが、猛者相手に下克上も可能です。

また、対戦相手の回線状況も選ぶことができます。当然速度が遅いと操作が困難になり、自分だけでなく、相手側にも迷惑をかけてしまいます。通信状況は出来る限り良好な状態を心掛けましょう。

 

やってみた

では、実際にマッチングをしていきたいと思います。今回は特に相手の条件は選ばずに挑戦します。

対戦相手とのマッチングは、実際にログインし、マッチングを希望しているユーザーの数や条件によって変わってきます。まず自身がエントリーすると下記の画像右下にある眼鏡マークが表示されます。

マッチング検索中はロビー内を自由に動くこともできますが、他のコンテンツを選択すると、一時中断や種類によってはマッチングの解除が求められますので注意が必要です。

マッチングが決まると右下のアイコンに表示されます。同時に決定音(バイブ)も鳴りますので、すぐに分かるかと思います。

 

対戦

今回のマッチングはこの様になりました。私は向かって左側、「ベジータ」「ヤムチャ」「孫悟空(SSGSS)」の3キャラ、相手は「セル(完全体)」「人造人間16号」「人造人間18号」を使用しています。

今回対戦した方は、ランクマッチが初挑戦だったようで、戦闘回数は0回となっています。この様に発売されてから1年以上経過したゲームですが、まだまだ新規ユーザーが多いように感じます。

序盤から私のコンボが炸裂し、無事に勝利することが出来ました。対戦を終えるとこの様な画面になり、勝敗問わずポイントが加算されます。このポイントがランキングに反映されます。またこの表示の後に、再戦の有無が表示され、同じ相手に再戦を挑むことも出来ます。今回は相手からの要望がなかった為、1戦のみの試合となりました。

 

2回戦目

別の方との対戦です。こちらもランクマッチ初挑戦の方でしたが、結果あえなく撃沈しました。終盤まで私が優勢でしたが、最後の最後に逆転負けでした。やはり対人戦は最後まで油断は禁物ですね。詰めの甘さはゲームでもしっかりと露呈してしまいました。

戦闘終了画面で再戦を選ぶ前にR1ボタンを押すことで、その試合のリプレイを録画保存することが出来ます。そちらの視聴方法は下記の通りです。

 

リプレイ

リプレイ視聴はこちらの場所で確認することが出来ます。画像の場所はワールドマッチの左隣にありますので、勝敗に関係なく自分の結果を見直すために訪れる事をオススメします。また、こちらでのリプレイには、原作でもお馴染みの天下一武道会で登場する司会者が実況をしてくれます。原作アニメを見ているような感覚にも浸れますので、要チェックです。

 

ランキング

上記にもご説明しましたが、勝ち負けによってポイントが付与されます。

こちらが実際の私の情報です。ランクポイントは現時点で17192BP(バトルポイント)です。因みにゲーム全体の上位プレイヤーのポイントは下記の通りです。

1位の方はなんと300万超え。私の約176倍。途方もない数字です。いつかここに私の名前が載る日は来るのでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。戦歴や自身のプレイを常に意識して真剣に取り組みながら楽しんでいる「ガチ勢」の方も、戦歴関係なくゲームを楽しいんでいる「エンジョイ勢」の方も、人それぞれの楽しみ方がある中で、一つのコンテンツを利用して、多くの方と繋がれる事はとても素晴らしいことだと思います。

今回紹介した対戦以外にも数回対戦を行いましたが、どの対戦相手も素晴らしいPSの持ち主で、結果としては私の修行に付き合ってもらう形となってしまいました。しかし、この様に見えない繋がりで楽しめるのもオンライン対戦の素晴らしいところだと思いますので、ネット環境が整っている方は、自分の腕試し、そしてよりゲームを楽しむ為に挑戦してはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.