クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】強化された「ゴレネクロデッキ」の使い方とポイント

 どうも、IGです。今回は強化されたネクロマンサー、ゴブリンの小屋を活かしたゴレネクロデッキを解説します。特にネクロマンサーは、今まで通りの処理の仕方だと思いのほか手間取ってしまいます。

 アップデートで強化されたカードを使っていくことで相手のミスを誘うことができ、勝率がかなり変わってきます。また、自分で使うことでカードの性能に慣れてくるので相手が使ってきたときに処理しやすくなります。バランス調整されたカードを使うことはプレイヤースキル向上にも繋がるので、積極的に使用して現環境のカードバランスを把握していきましょう。

 

デッキ構成

・ゴーレム
大型盾ユニット。

・ネクロマンサー
ゴーレムの後衛ユニット。

・エレクトロウィザード
このデッキで唯一ザップ効果があるユニット。インフェルノ系に効果的。

・ミニペッカ
火力が高い防衛ユニット。

・メガガーゴイル
強力なベビードラゴンに効果的な空ユニット。

・ゴブリンの小屋
多く出していってアドバンテージをとっていくカード。

・ポイズン
ゴーレムを攻撃する相手ユニットをタワーごとまとめて処理。

・ローリングバーバリアン
相手の小物系ユニットを倒しながらバーバリアンを展開。

 

基本的な使い方

 まずはゴブリンの小屋を出してアドバンテージをとっていきます。その後エリクサー2倍タイムまで守り、ゴーレムを出して一気にタワーを落としましょう。

 ゴーレムは、出すタイミングが非常に重要なカードです。エリクサーアドバンテージがとれているとき、又はエリクサー2倍タイムの場合に出さないと、逆サイドにを一気に攻められてしまいます。その為、序盤は温存し、終盤に五分の状況でも積極的に出していくことで優勢に試合を進めていくことができます。

 ネクロマンサーは、4/1のアップデートで死亡時にスケルトンを3体生成するようになりました。これまでよりさらに後衛ユニットとして脅威になり、ゴーレムとの相性は抜群です。防衛する際もゴーレムと相性が悪いペッカを簡単に処理することができます。呪文で倒されてしまっても死亡時のスケルトンが時間を稼いでくれるのでほとんど完封することができるでしょう。

 エレクトロウィザードは、ゴーレムと相性の悪いインフェルノ系カードを処理することができます。また、逆サイドに攻城バーバリアンを出されてもザップ効果のある攻撃によって突進を防ぐことができます。ゴーレムデッキには欠かせないカードの1つですね。

 ミニペッカは、防衛をする際に非常に優秀なカードです。ゴーレムを出した瞬間に相手はエリクサーが無くても逆サイドに出してきます。そういったユニットをミニペッカで簡単に処理しましょう。特にロイヤルジャイアントやジャイアントは簡単に処理することができるので、そういったデッキに対してはとても相性が良いですね。

 メガガーゴイルは、相手の空ユニットに対してピンポイントに出していくことで簡単に処理することができます。また、逆サイドに出されたユニットに対してタワーダメージを許容しながら守ることもこのデッキでは非常に重要で、例えば相手がゴーレムを出した瞬間に逆サイドにロイヤルジャイアントを出してきたとします。ロイヤルジャイアントをメガガーゴイルで防衛することで、タワーにダメージが入るものの2コスト分のエリクサーアドバンテージをとることができます。その2コストを攻めているサイドに回すことで試合を有利に進めることができます。

 ゴブリンの小屋は、4/1のアップデートで槍ゴブリンの生成速度が0.25秒上昇しました。大幅な強化ではないもののアドバンテージをとりやすくなったので、ユニットで壊されない場所に出してアドバンテージをとっていきましょう。

 ポイズンは、ゴーレムを処理するために出したユニットをタワーごとまとめて処理していきましょう。ゴーレムをスケルトンの群れなどの小物系ユニットで処理されないように、先にポイズンを発動しても良いでしょう。

ローリングバーバリアンは、小物系ユニットを処理したり逆サイドにタワーダメージを許容して守る際に出すことをオススメします。また、ゴーレムの後衛にユニットを出すことができない場合にローリングバーバリアンを出すことも選択肢の1つとして覚えておくと良いでしょう。

 

意識するべきポイント

 序盤は、エリクサーアドバンテージがとれているかによってゴーレムを出すか否かを決めましょう。ゴーレムデッキはゴーレムを出した瞬間に逆サイド特攻されると厄介なので常に警戒しておきましょう。また、タワーダメージを許容しながらエリクサーアドバンテージをとっていく防衛をすることが重要なので防衛をする際は意識しておきましょう。

 終盤のエリクサー2倍タイムは、ゴーレム+ネクロマンサーの形を組んで積極的に攻めていきましょう。そして、相手の防衛ユニットに対してメガガーゴイルやポイズンを出していきましょう。

 逆サイドを攻められた場合は、ミニペッカやローリングバーバリアンで防衛していきましょう。防衛に出して残ったミニペッカは放っておくとタワーを落としきるので相手はミニペッカに対してエリクサーを使わなくてはいけません。そうなると、ゴーレムの防衛にエリクサーを使うことができなくなるので攻撃が通りやすくなります。

 ゴーレムとネクロマンサーのカードパワーを活かして相手の防衛を突破していきましょう。

 

今はネクロマンサーが強い!

 ネクロマンサーは度々強化されてきましたがグラチャレやグローバルランカーの間ではあまり使われてきませんでした。しかし、今回のバランス調整でネクロマンサーは実用レベルに近づいてきたと思います。現環境ではポイズンの使用率が高いのでポイズンで処理されないネクロマンサーは環境に合っていると言えるでしょう。

 しかし、まだネクロマンサーの使用率が大幅に増えることはないと個人的には思っています。その理由は、ベビードラゴンという優秀な後衛ユニットがいるということです。ネクロマンサーより1コスト低く、呪文で処理されにくい空ユニットはどのデッキにも入れやすいですよね。

 ベビードラゴンの弱体化はプレイヤーの多くが望んでいるので、近いバランス調整で弱体化されるでしょう。その為、今のうちにベビードラゴンを使わずにネクロマンサーなどの他のカードで練習しておくと良いかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.