ゲーム ハースストーン

【ハースストーン】ドラゴン年開幕!新パック「爆誕!悪党同盟」登場

爆誕!悪党同盟

 こんにちは、Ioriです。「Hearthstone(ハースストーン)」でついに新シーズン・ドラゴン年が到来しました!新パック「爆誕!悪党同盟」がリリースされ、スタン落ちと殿堂入りによるカードの切り替わりで、新たな環境へ。暗い暖炉の奥深くへ向かう、未知なる1年の旅が始まります。それでは、今回のアップデートについて確認していきましょう。

 

 

ドラゴン年が開幕!

ドラゴン年

「爆誕!悪党同盟」のリリースと共に、ドラゴン年が正式に幕開けました。新パックのリリース以外にも以下の変更点があります。

  • スタンダード・フォーマットの変更。
  • 栄誉の殿堂入り。
  • ソロ・アドベンチャーのグレードアップ。
  • 闘技場のドラフトカードプール変更(本記事で記載)。
  • 闘技場でもゴールデンヒーローの獲得カウントが増加。
  • レジェンドクエストが交換可能に。
  • カード裏面デザインに、ランダム選択オプションが追加。

詳しくは、こちらの記事をご確認ください

 

 

新シーズンの物語

今年はハースストーン初の試みとして、1つの大冒険物語が3つの拡張版を跨いで通年で描かれます。三部作(パック)の舞台は、空飛ぶ魔法都市や古代の深淵で、新たな仲間やお馴染みの敵との出会いが待っています。新たな三部作のテーマは「魔法と悪党の物語」です。

そんな1年の開幕を飾るのは、悪の爆誕!!

爆誕!悪党同盟イラスト

悪党同盟が結成され、標的が定められ、計画が動き出した!!

大いなる野望を抱きながら惜しくも正義の味方に敗北してきたハースストーンの大悪党達。プリーストの《マダム・ラズール》、ローグの《キング・トグワグル》、シャーマンの《魔女ハガサ》 、そしてウォリアーの《ドクター・ブーム》と、歴史に名を刻んだ札付きの悪人達が「リーグ・オブ・エクスプローラー」の《大怪盗ラファーム》による招集に応じ、ついに団結して「悪党同盟」を結成!

怖いものなしの悪党同盟が選んだ最初の標的は、お宝どっさりの浮遊魔法都市ダララン。彼等はそれぞれ強力な新メカニクスを携えてダラランを襲撃するので、雪辱と栄光をもたらすことは間違いなし!私達も彼等の手下となって働き、共にダラランを支配しましょう。

 

 

新パック「爆誕!悪党同盟」リリース

新パック「爆誕!悪党同盟」では、悪党の復活と共に過去のメカニクスも最新技術となって再生。そして、悪の組織の下っ端「悪の手先」と「計略」カードが新登場。しかし悪に対抗すべくダラランの守護者も新メカニクス「双呪文」を駆使して戦います。ダララン防衛にはドラゴンも飛び上がり、ハースストーンはかつてない大騒動へ。

 

「悪の手先」ミニオン

ゴブリンの悪の手先

悪党には、実行役として使い捨てにできる大量の手下が付き物。新カードには、雄叫びや断末魔やコンボなどで「悪の手先」を手札に加える効果のカードが登場しました。悪の手先は全て1/1ミニオンで、邪悪で凶悪な雄叫びを上げます。ほぼいつでも役に立ち、タイミング次第では大活躍間違いなし。今は全5種類ですが、拡張版ごとに 手先の種類も増加します。

悪の手先の種類

  • 《魔女の悪の手先》
    雄叫び:味方のミニオン1体をコストが(1)高いミニオンに変身させる。

  • 《ゴブリンの悪の手先》
    雄叫び:味方のミニオン1体に攻撃力+1と強襲を付与する。

  • 《イセリアルの悪の手先》
    雄叫び:呪文を1つ発見する。

  • 《コボルトの悪の手先》
    雄叫び:2ダメージを与える。

  • 《無貌の悪の手作》
    雄叫び:ランダムなコスト2のミニオンを1体召喚する。

どれも強力で1コストとは思えない能力を持っています。雄叫びなので必ず仕事をしてくれるのが強みです。私も実際にローグデッキで使用してみたところ、悪の手先の持つカードパワーが非常に高いことが判明しました。中でも《イセリアルの悪の手先》が飛びぬけた力を持っており、盤面を制圧する一手となる事が多々あります。もしかすると悪の手先自身や関連カードが下方修正されてもおかしくないと思える程でしたので、リリース当初の今、思う存分に使っておきましょう!

 

「計略」系呪文

ハガサの計略

「計略」系呪文は、手札に握っている時間が長ければ長い程に効果が強化されていきます。優れた計略を立てるには時間をかけた熟考が必要ですが、練った分だけ成功確率も上がるというもの。場にミニオンを出す効果の「ラファームの計略」には限度がありますが、それ以外の計略には強化上限がありません。重いコストを序盤から握っておくのは勇気が要りますが、その分見返りも大きくなります。悪党にも忍耐は大事です。これぞ悪党の3つの「K」、すなわち「機」を伺って、最大限の「恐怖」を解き放つんじゃ「けぇ」!

 

過去のメカニクス復活

禁じられし言葉

過去の拡張版にも登場していた厄介な悪党同盟メンバーは、それぞれかつて自分が登場した拡張版を想起させる新カードを懐に忍ばせています。例えば、「旧神のささやき」に登場していた「禁じられし」呪文には見覚えが……?他にも、オメガ、宝物、繰り返し使用できるカードが復活。馴染みのあるイカサマなメカニクスを使い、栄光の記憶と共に勝利を掴みましょう。

 

「双呪文」

双呪文

新メカニクスを扱うのは悪だけではありません。ダラランの守護者たる正義のヒーロー軍団も強力な効果を持つ呪文を紡ぎ、自分自身を複写する呪文までも放ちます。1つの呪文で、2度おいしい!双呪文は、使用すると同じ呪文のコピーを手札に追加します(コピーは「双呪文」ではありません)。2枚目の使用タイミングは自由で、同じターンでも、ずっと後でも使えます。

 

 

新パックリリース記念レジェンドクエスト

リリース記念期間中は、毎日ログインして各カードパックを1つずつ貰えるレジェンドクエストに挑戦できます。非常に簡単なクエストで贅沢な報酬が受け取れるので、逃さないように毎日プレイしましょう。

  • 1日目 - プレイモードでカードを25枚使用する
    報酬:「爆誕!悪党同盟」&「妖の森ウィッチウッド」

  • 2日目 - プレイモードで5回対戦する
    報酬:「爆誕!悪党同盟」&「博士のメカメカ大作戦」

  • 3日目 - モードを問わず、カードを合計20枚引く
    報酬:「爆誕!悪党同盟」&「天下一ヴドゥ祭」

  • 4日目 - プレイモードで1勝する
    報酬:「爆誕!悪党同盟」&「妖の森ウィッチウッド」

  • 5日目 - カードを100枚使用する
    報酬:「爆誕!悪党同盟」&「博士のメカメカ大作戦」&「妖の森ウィッチウッド」&「天下一ヴドゥ祭」

 

 

闘技場のカードプール変更

「爆誕!悪党同盟」のリリースと同時に、闘技場のドラフトのカードプールは、現在および過去の拡張版からいくつかが定期的にローテーションされるようになりました。最初のローテーションに含まれるのはどれも「悪」に関連するテーマのセットです。

闘技場のドラフトでは、以下のセットのカードが出現します。

  • 基本
  • クラシック
  • ナクスラーマスの呪い
  • 旧神のささやき
  • 仁義なきガジェッツァン
  • 妖の森ウィッチウッド
  • 爆誕!悪党同盟

テーマ性を重視したカードプールになったことで、かつての闘技場とは全く異なる環境になりました。闘技場が好きなプレイヤーには嬉しい変化ですね!全ゴールデンヒーロー化を目指しながら楽しみましょう。

 

 

「大魔術師ヴァルゴス」プレゼント

新中立レジェンドカード「大魔術師ヴァルゴス」が、プロモーション期間中にログインした全員へプレゼントされます。

大魔術師ヴァルゴス

標準的スタッツに加えて、とっても悪さをしそうな強烈な効果を秘めていますね。ランダムでも十分ですが、1枚だけ使えば狙ったカードを再使用可能。コンボデッキだけでなく闘技場での大活躍に期待です!

 

 

ソロ・アドベンチャー「ダララン大強盗」

ダララン大強盗

悪の手下となり、お宝どっさりの魔法都市・ダラランを手中に収める一世一代の大作戦へ参加しましょう。
こちらは数週間以内に「ハースストーン」に追加予定となっています。待ち遠しいですね。

 

 

まとめ

  • ドラゴン年が開幕!
  • 新シーズンは「魔法と悪党の物語」。その幕開けは悪の爆誕!!
  • 新パック「爆誕!悪党同盟」リリース。。
    ・「悪の手先」ミニオン登場。
    ・「計略」系呪文登場。
    ・過去メカニクス復活。
    ・「双呪文」登場。
  • 新パックリリース記念レジェンドクエスト。
  • 闘技場のカードプール変更。
  • 「大魔術師ヴァルゴス」プレゼント。
  • ソロ・アドベンチャー「ダララン大強盗」近日公開予定。

いかがでしたでしょうか。かつての《大怪盗ラファーム》には思い入れが深く、懐かしさを感じているプレイヤーも多いのではないかと思います。これを機に帰った来たプレイヤーも既存のプレイヤーも、スタンダード・フォーマット/闘技場と共にガラリと変化した環境を新鮮な気持ちで遊べますね。

奇数/偶数メカニクスが無くなってしまったので、私も新パックの「悪の手先」を軸にしたローグデッキへ切り替えました。そして実際にランクマッチで使用してみたところ、悪の手先の持つカードパワーが非常に高いことが判明しました。中でも《イセリアルの悪の手先》は飛びぬけた力を持っており、盤面を制圧する一手となる事が多々あります。もしかすると悪の手先自身や関連カードが下方修正されてもおかしくないと思える程でしたので、リリース当初の今、思う存分に使っておきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.