ゲーム 荒野行動

【荒野行動】初心者に限らず、意外と知らない設定の意味「感度設定」編

 こんにちは、yoskです。荒野HIGH杯が大変な盛り上がりを見せており、多くの有名配信者やeスポーツクランも出場し、素晴らしい戦いを繰り広げています。

 そんな中ではありますが、皆さんのキルレはいかがでしょうか。と言うのも、キルレを上げる為に、その設定が大きく左右すると言っても過言ではない「感度設定」。この感度設定は初心者のみならず、中・上級者の方々も、各項目の意味を理解している方は少ないかと思います。

 そこで今回は常に多くの方が意識している設定の一つ、感度設定に焦点を当ててみました。先に申し上げた荒野HIGH杯に出場している動画配信者の方や、e-スポーツ参戦チームの猛者の方など、多くの方がオススメ設定を公開していますが、実際に設定画面を見てみると「これ、なんのこと?」と言った場面に遭遇するかと思います。

 今回は特に初心者の方や、FPS・TPSゲームの経験が少ない方を中心に、荒野行動内にある感度設定の各項目の意味を理解して頂けるよう説明していきます。

 

感度設定とは

そもそも感度設定とは何だろうと思っている初心者の方も多いかと思います。これはFPS・TPSゲームでは必須の設定で、簡単に言うと「視点・照準の動き設定」です。実際にプレイしていて、敵の方向に視点を合わせる際に、「もっと早く合わせたい」や「頭に合わせたいのに照準が動いてしまう」といった事があるかと思います。それらの動きを自分好みにアレンジすることが出来る設定が感度設定です。

 

設定を変更する前に

この設定は、どの画面でも行うことが出来ます。ホーム画面や戦闘中に変更する事も可能です。しかしながら、初心者のみならず、戦闘中の変更は手を止めてしまう事になり、当然戦場においては格好の的となってしまいますので注意が必要です。

まだ操作に慣れていない初心者の方は「射撃場」での変更をオススメします。射撃場であれば、変更して直ぐに感度の変化を体感する事が出来るのと同時に、時間を気にせずに納得するまで変更に時間を割く事が出来ます。変更する際は是非、射撃場を活用しましょう。

その際こちらも合わせてご活用ください。「初心者だけじゃない、知っておきたい射撃場のアイテム配置

 

設定方法

多くの方はご存知かと思いますが、荒野行動を始めたばかりの初心者の方へ向けて設定方法を案内します。

ホーム画面の歯車マークをタップします。

左側にあるメニューから「操作設定」をタップすると、いくつかの項目が表示されますので、「感度設定」を選択します。上記の画面が表示されれば完了です。

 

項目別説明

これから、上記の画面に表示されている各項目について説明していきます。私自身荒野行動を初めて1年以上経過したにも関わらず、初めて知った事もありました。皆さんもこれを機に覚えて下さい。

 

スコープ感度

スコープ感度とは、スコープを覗いて視点を動かす際の感度設定になります。要は撃つ前の操作の設定という事です。

各種類のスコープ毎に設定出来るほか、腰撃ちを呼ばれるスコープ無し状態の設定も可能です。こちらは敵に合わせる感度になるので、接近戦で使われるスコープ(ドットサイト・2xなど)は高め、遠方をじっくり狙う為のスコープ(8x・15x)は低めがオススメです。

 

カメラ視野角

カメラ視野角とは、水平(横)と垂直(縦)のブレの感度設定になります。簡単に言うと縦横の補正です。

例えば、エイムを合わせる際に真横に動かしているつもりがブレてしまい、頭に合わないといった事があるかと思います。その様な問題を補正することが出来る設定になります。低感度にするとブレが増え、高感度にするとブレが減ります。一見高感度の方が良いように思いますが、デメリットとして、縦横が補正されている為、斜めの動かしが困難になってきます。縦横の動きだけではなく、斜めの動きも重要になりますので、こちらも操作をしながら自分に合った設定を探してみましょう。

とは言え、私の様にエイムが苦手な方や初心者の方はこの補正が掛かるだけで合わせ易くなるかと思いますので、まず両方とも高感度(10~15)に設定することをオススメします。

 

射撃スコープ感

スコープ感度と同じ様に感じますが、こちらの射撃スコープ感度は射撃中のスコープ感度を指します。要は撃っている最中の感度設定です。こちらも各種スコープと腰撃ち状態の設定が可能です。主に連射が出来る武器での撃ち合い中に影響の出る感度と言っていいでしょう。こちらは各々好みが分かれ易い感度と言えますので、実際にプレイを重ねて自分に合うものを探してみて下さい。

 

ジャイロスコープ感度

ジャイロスコープとは、使用端末の傾きによって照準を合わせる機能で、こちらはジャイロスコープ設定をオンにしている方向けの設定となります。ジャイロ設定自体玄人向けの設定で、オンにされている方は少ないかと思います。こちらの画像も初期値のままですので、そのままで良いかと思います。

 

ジャイロスコープ死角

こちらは視野角設定と同じですが、ジャイロスコープ時の設定となります。実際に使用端末を縦横に移動すると分かりますが、指で動かすよりも更にブレが増します。そちらの補正設定となります。

なぜこちらは「死角」でもう一方は「視野角」なのでしょうか。この辺りの統一感の無さが混乱を招く原因だと思うのですが、そう思うのは私だけでしょうか。

 

ルームモードの観戦カメラ感度

こちらはフレンドの方やクラン戦と呼ばれるチーム戦等で使う「ルーム」内で使用出来るカメラの感度設定です。通常時に拾えるアイテム「ドローン」をイメージして頂ければ分かるかと思います。基本的に普段のプレイで使うことは無い為、そのままで差し支えはありません。

 

番外編

「ベスト10のプラン」「ランク最強のプラン」「HOTプラン」とは

今回私が一番気になった項目がこちらです。

この感度設定画面の一番上には表題に挙げた3つの項目が存在します。そもそも、この3つにどの様な意味があるかご存知の方は意外と少ないかと思います。私はこれをそれぞれ下記の様に解釈していました。

  • ベスト10のプラン=ランクTOP10の方々の設定平均
  • ランク最強のプラン=荒野王者の方々の平均
  • HOTプラン=荒野行動側のオススメ

こちらに関しては、多くの動画・攻略サイトを探しても意味が書いておらず、調べることに難航しました。実際にこれらの内容が気になっている方もいらっしゃるかと思います。今回こちらに関して自力で調べる事が出来なかった為、直接サポートに問い合わせしてみましたが、2週間経過した今でも返答がありません。攻略情報に関することで返答が出来ないのでしょうか。もしご存じの方がいらっしゃればお教え頂けると幸いです。

細かな内容までわかりませんでしたが、こちらの設定にするだけで、多少なりともキルしやすくなった等の声もある為、設定に困ったら一度使用してみるのも良いかも知れません。上記3つの設定を基盤しにて、ご自身にあったベスト設定を探すのも一つの楽しみかと思います。

 

まとめ

普段のプレイで何かと気になる感度設定ですが、一見どの項目が何を指しているのか分からないかと思います。私自身、1年以上荒野行動をプレイしていますが、この設定に関しては意味をしっかりと理解せずに、何となくで変更してプレイしていました。この様なバトロワ系ゲームを初めてプレイされた方には、意味が分かりづらく、動画等で参考にしてその真似をしている方も多いかと思います。

実際に各項目の意味理解することで、真似だけではなく自信と根拠を持って自分に合う感度が発見できるかもしれません。この様な小さな変化がキルレに大きな変化をもたらす可能性を秘めています。実際に自分の感度設定も見直しましたが、意味を理解した上で変更したことで格段に操作感が変わり、荒野行動を始めてから初となる1試合10キル以上を達成することができました。やはり感度設定は意味をよく理解して、何度も試行錯誤を重ねることが重要だと思いますので、今回紹介した内容を頭に入れて、是非ご自身に合ったベストな感度を探してみて下さい。今回のキル数増加は決してBotの増加ではなく、感度設定を見直した結果の実力で勝ち取ったキル数だと思いたいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.