クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】5月6日実施のバランス調整アップデートについて解説

 どうも、IGです。今回は5/6に行われるバランス調整アップデートについて解説していきます。中でも注目なのは三銃士のエリクサーコスト減少ですね。他にも細かな調整がされているのでぞれぞれ見ていきましょう。

 

バランス調整内容

オレンジ 強化 青 弱体化

三銃士
エリクサーコスト減少 10→9
配置時間増加 1秒→3秒
各マスケット銃士の間に配置時間追加 0.15秒

ウォールブレイカー
ダメージ範囲増加 100%(250→500)
周囲のユニットにもダメージを与えられるように変更

ゴブリンバレル
配置時間減少 1.2秒→1.1秒

プリンセス
矢の速度増加 33%(450→600)

・ダークプリンス
ダメージ範囲増加 20%(1050→1250)
範囲ダメージの半径増加 25%(1000→1250)

・ボンバー
体力増加 28%(147→188)

 

バランス調整後の各カードの展望

 三銃士は、エリクサーが10になってからマルチ、グラチャレで見ることがほとんど無くなりました。エリクサーが10溜まってから出すので、実質10.5コスト消費(通常時)してしまうことになるので正直使い物にならないカードになってしまいました。ですが、今回のアップデートでエリクサーが9に減少したため、弱体化前のように三銃士デッキが使われることが予想されます。
しかし、エリクサーコスト減少に目がいきがちですが配置時間が3秒になったため素早くファイアーボールを撃つことで簡単に処理できる場面が増えることが予想されます。そのため、真ん中に出して防衛をした後にそのままカウンターに繋げる三銃士の強みが無くなったことになるので、今までと同じような強さは無いでしょう。
個人的に、カウンターがしにくくキングタワーの後ろから展開していく必要がある三銃士は今後の環境で活躍するかは疑問が残ります

 ウォールブレイカーは、周囲のユニットにもダメージを与えられるようになったのでタワーに到達できた時に今までよりもアドバンテージをとることができるようになります。しかし、タワーに到達するまでが困難なので体力などに変化が無い限り使用率はそこまで増えないと考えます。

 ゴブリンバレルは、素早く攻撃できるようになったものの雪玉、ローリングバーバリアンに簡単に処理されることに変わりは無いです。コストが2に減少されるなどの大幅なバランス調整がされない限り、使用率は変わらないと思われます。

 プリンセスは、逆サイドにいるゴブリンなどの素早いユニットに矢が当たらなかったのですが、矢の速度が増加したことによってしっかりと当たるようになります。大幅な強化ではないものの、使い勝手がとても良くなるのでストレスが無くなります。

 ダークプリンスは、スケルトンの群れに対して正面からでないと上手く処理することができなかったのですが、ある程度囲まれていてもしっかりと処理することができます。しっかり囲まれていなくでもスケルトン3匹に手間取る場面も多々見られたので、こちらもストレスが無くなり良いカードになると予想されます。

 ボンバーは、また強化されることになりました。しっかりと盾ユニットの後ろに出せば非常に強力な後衛ユニットになります。使用率の高いアサシンユーノの通常攻撃やバーバリアン、マスケット銃士の攻撃を1発多く耐えることができるようになります。3コストにしては強力なカードになりました。

 

バランス調整後の環境

 個人的にバランス調整後の環境で予想されるのは

  • 三銃士デッキ再来
  • ファイアーボールの使用率増加
  • ボンバー、ダークプリンス、プリンセスの順に使用率微増

です。ラヴァクローンデッキが弱体化されてからはポイズンをデッキに組み込む必要もなくなってきたので、ファイアーボールを組み込む必要性の方が高くなってきたのではないでしょうか。

 私は、ジャイアントを中心にダークプリンス、ボンバー、ウォールブレイカーなどを使って色々なデッキを作ってみようと思います。バランス調整後に強化されたカードを使用したデッキを紹介するのでそちらの記事も是非読んでください。ご愛読ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.