ゲーム レインボーシックス

【レインボーシックス シージ】「リバースフレンドリーファイヤー」実装

RFFの効果について

 こんにちは、Ioriです。レインボーシックス シージに「リバースフレンドリーファイア(RFF)」が正式実装されました。RFFとはフレンドリーファイアに関するシステムで、チームキルへの対処方法が「一定時間マッチメイキングBAN」から「2回目以降のダメージ反射」に変更されます。これは以前のアップデートバージョン1.64にてPCテストサーバー上へ実装されており、フィードバックと調整を経て今回ライブサーバーへ登場しました。正式実装に伴いRFFに関する詳細なガイドラインが公開されたので、確認していきましょう。

※この記事に掲載する一部の画像や文章は「こちらの公式サイト(英語/外部サイトへ移動します)」より引用しております。

 

 

RFFとは

リバースフレンドリーファイア

概要

  • フレンドリーファイア時に有効化されるシステム。
  • 過去:チームキルすると一定時間マッチメイキングBAN。
  • 今後:チームキルして故意のチームキルだと認定された場合、RFFが有効化。認定されたプレイヤーは、マッチを通してフレンドリーファイアダメージが自身へ反射するようになる(ドローンなどのガジェットによるダメージはガジェットへ反射)。

RFF適用までの流れ

  1. フレンドリーファイアをすると警告メッセージ表示。
  2. チームキルされたプレイヤーが故意のチームキルかを判定。
    (判定しなかった場合、自動的に故意だと認定)
  3. 故意認定されたプレイヤーはリバースフレンドリーファイアが有効化され、全プレイヤーのキルログへアナウンス。
  4. (繰り返しの違反行為が認められた場合は特殊な制裁措置の可能性も有り)

 更に詳しい内容はこちらをご確認ください。

目的

  • 誤射に対するある程度の柔軟性を維持しながら、誤射を悪用できなくするために実装。

 

 

リバースフレンドリファイアーの効果範囲

武器/固有ガジェット/投擲物

RFF 武器

RFF 固有ガジェット/投擲物

RFFの影響を受ける武器・ガジェット

  • メインウェポン/サブウェポン
  • 固有ガジェット投擲時のダメージ
  • 「EXOTHERMIC-S"SURI"トーチ」(MARVERICK)
  • 「SK 4-12(スケルトンキー)」 (BCUK)
  • 「RP-46デグチャレフマシンガン 」(TACHANKA/ターレット使用者に適用)
  • 「M120 CREMブリーチング弾」 (ASH/ブリーチング弾の直撃時)
  • 「KS79ライフライン」(ZOFIA)
  • 「エアジャブランチャー」(NOMAD)
  • 「ペストランチャー」(MOZZIE)

RFFの有効化前

  • チームメイトへダメージを与えます。
  • RFFの有効化にカウントされます。

RFFの有効化後

  • チームメイトはダメージを受けません。
  • ダメージが自分へ反射します。

爆発物

RFF 爆発物

RFFの影響を受ける爆発物

  • 爆発ダメージを与える共通ガジェット (フラググレネード、ニトロセル、ブリーチングチャージ)
  • 「コンパウンドZ8 ガスグレネード」(SMOKE)
  • 「TAC MK0 窒息ガスボルト」(CAPITAO)
  • 「M120 CREMブリーチング弾」 (ASH)
  • 「APM-6クラスターチャージ」(FUZE)

RFFの影響を受けない爆発物

  • クレイモア
  • 「EDD-MK II」(KAPKAN)
  • 「X-KAIROS ペレット」(HIBANA)
  • 「ヒートチャージ」(THERMITE)

 これらの爆発物はRFFを有効化せず、RFF適用時でもチームメイトへダメージを与えます。これは今後、フィードバックとゲームデザインのさらなる考慮から変更される可能性があります。

RFFの有効化前

  • チームメイトへダメージを与えます。
  • RFFの有効化にカウントされます。

RFFの有効化後

  • チームメイトへダメージを与えます。
  • ダメージは反射しません。

 現在、爆発物はRFF有効下でもチームメイトにダメージを与え続けてしまいます。これは意図された仕様ではなく、シーズン2で修正予定とされています。

 

ドローン/オペレーターカメラ

RFF ドローン/カメラ

RFFの影響を受けるドローン/カメラ

  • 「イーヴィルアイ」(MAESTRO)
  • 「RSD Model 1ショックドローン」(TWITCH/MOZZIE)

RFFの有効化前

  • チームメイトへダメージを与えます。
  • RFFの有効化にカウントされます。

RFFの有効化後

  • チームメイトはダメージを受けません。
  • ダメージがドローンまたはカメラへ反射します。

 

 

今後のRFFについて

 今回のRFFはシステムの完成版ではなく、データ集計とプレイヤーからのフィードバックに基づいて今後も反復と改善が行われます。Year4 Season2では早速の改善が予定されており、問題のプレイヤーだけでなくチーム全体でのRFF有効化が検討されています。また、RFF下でのガジェットへの影響についても微調整されます。

 

 

まとめ

  • 「リバースフレンドリーファイヤー(RFF)」が正式実装。
  • RFFとは:
    • キルされたプレイヤーが故意のチームキルだと認定した場合に有効化。
    • 故意認定されたプレイヤーは、マッチを通してFFダメージが自身へ反射。
    • ドローンなどのガジェットによるダメージはガジェットへ反射。
  • メインウェポン/サブウェポン/固有ガジェット/投擲ダメージ/ドローンダメージにはRFFが有効。
  • 一部の爆発物はRFFの効果範囲外。
  • 現在、全ての爆発物がRFF有効下でもチームメイトにダメージを与え続けてしまう。シーズン2で修正予定。
  • Y4S2ではチーム全体でのRFF有効化が検討中。

 いかがでしたでしょうか。私はRFF賛成派ですが、レインボーシックス シージは誤射があるからこそ緊張感が増して味方との連携が楽しめるゲームなので、規制し過ぎると逆に息苦しくて遊びにくい環境になってしまうのも事実ですよね。公式は「フィードバックは非常に貴重で、早期的なシステム改善に繋がる」とアナウンスしています。否定的な意見が多い場合、ランクマッチのみのシステムになったり、RFF自体が無かったことになる可能性もあるのではないでしょうか。先ずは現在のRFF環境下で遊び、こちらの国内公式サポートページなどからフィードバックを送信しましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.