ゲーム レインボーシックス

【レインボーシックス シージ】Y4S2デザイナーズノート公開

レインボーシックス_デザイナーズノート

 こんにちは、Ioriです。レインボーシックス シージのY4S2 デザイナーズノートが公開されました。GLAZのサーマル「HDSフリップサイト」が下方修正され、覗きながら移動すると敵を透過しないように変更されます。また「デザートイーグル」などへの装着可能アタッチメントが追加され、展開型シールドはドアとの隙間を埋めるようになります。先日実装された「リバースフレンドリーファイア」のように、今回のアップデート項目も先ずはY4S2のテストサーバーでテストプレイされ、その後ライブサーバーへ実装します。

※この記事に掲載する一部の画像や文章は「レインボーシックス シージ 公式サイト」より引用しております。

 

 

アタッチメントと微調整

  • NAVY SEALSのサブウェポン・ハンドガン「デザートイーグル D-50」に「マズルブレーキ」と「サプレッサー」を装備可能に。
  • SMOKEのメインウェポン・サブマシンガン「FMG-9」に「VORTEXサイト (MOZZIEのサイト)」を装備可能に。
  • 一貫性を保つため、FINKAのアビリティで爆発物により引き起こされる耳鳴りを無効化。

 

GLAZの調整

  • GLAZのメインウェポン・マークスマンライフル「OTS-03」の「HDSフリップサイト」が下方修正
  • 以前:常に敵をイエローハイライト表示。
  • 今後:GLAZが制止している時のみ敵をイエローハイライト表示。動くと次第にハイライトがフェードアウト。
  • 追加情報(ハイライトの度合い)がスコープのサイドに表示されるようになる。

rainbow6_OTS-03下方修正

調整理由

  • 当初のオペレーターデザインではGLAZは遠距離オペレーターだが、迫力不足で使用率が低かった。
  • そこで「OTS-03スコープ」にサーマル効果が追加。
  • この調整でGLAZは、応戦相手にストレスを与える強力な近距離オペレーターとなった。
  • 現在のGLAZは姿を隠しながら目標地点で戦線を上げられ、本来の意図に沿っていない。
  • ロシア人スナイパーという設定を元に戻すために調整された。

 連射速度の上昇も相まって、現在のGLAZは非常に強力なオペレーターとなっていました。統計を見ても、GLAZはピック率は低いものの攻撃側オペレーターの中ではFINKAに次ぐ2番目の勝利デルタを誇っており、遠距離スナイパーという本来の役割からかけ離れた攻撃性能だったことが分かります。この調整で突激スタイルのプレイは難しくなりそうですが、ピック率と勝利デルタが大幅に低下してしまわないかが心配ですね。

 

 

現在の状況

MAVERICK

  • Y4S1のリリース時、「SURIトーチ」から武器に持ち替える時間が増加。
  • フィードバックで「ガジェットの使用音が小さすぎる」という意見が有り、オーディオの微調整が検討中。

SMOKE

  • CAPITAOの「窒息ガスボルト」の新伝播システムと同じ仕組みが、他のオペレーターやガジェットにも適用される可能性あり。
  • SMOKEの「ガスグレネード」もオブジェクトを透過することがあるため、視覚情報のミスリーディングが減少予定。煙幕のレンダリングとダメージの調整も確認中。
  • 時間の掛かるタスクで、具体的な実装時期に関しては未定。

「展開型シールド」

レインボーシックス_y4s2_展開型シールド

  • シールドがドアフレーム幅に一致する機能(シールドとドアの隙間が自動で埋められる機能)が追加。
  • シールドのスリット部が通常の防弾ガラスになり、攻撃チームが新型シールドの裏に隠れている防衛オペレーターをスポット可能になる。
  • 準備が整い次第、シールドに関しての詳細発表予定。

「バリスティックシールド」

  • チームプレイを強化すべく、これまでとは違ったオプションが模索中。
  • シールドで生じるストレスについて調査され、あくまで前線を守るための存在でいられるための解決策が検討中。

 

 

まとめ

  • 「デザートイーグル D-50」に「マズルブレーキ」と「サプレッサー」が装備可能に。
  • 「FMG-9」に「VORTEXサイト (MOZZIEのサイト)」が装備可能に。
  • FINKAのアビリティで耳鳴りを無効化可能に。
  • GLAZのメインウェポン「OTS-03」が下方修正。今後は制止している時のみ敵をイエローハイライト表示。
  • MAVERICK「SURIトーチ」の音量調節が検討中。
  • SMOKESの「ガスグレネード」にも伝搬システム導入の可能性あり。
  • シールドがドアフレーム幅に一致する機能が追加。
  • シールドのスリット部が防弾ガラス化。
  • 「バリスティックシールド」のストレス軽減調整が検討中。

 いかがでしたでしょうか。GLAZの下方修正は残念ですが、シールドの調整は嬉しいですね。今まではドアとの僅かな隙間から撃ち抜かれることがありましたが、今後は安心してシールドの裏に隠れられます。スリット部は元々ブラックミラーとなる予定でしたが、調整されて通常の防弾ガラスとなった経緯があります。そのブラックミラー式シールドは発表時に歓声が上がる程に期待の膨らむガジェットでしたが、防衛側が著しく有利になってしまう可能性があり廃止されたのかもしれません。しかしプレイヤーとしては一度使ってみたくなるガジェットなので、テストサーバーのフィードバックを得て再調整されることを期待しています。デザイナーズノートに加えて新オペレーター達の情報も解禁されており、新シーズンがとても楽しみです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.