クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ「参考にしたいプロの防衛」GameWith編

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1」の試合で参考にしたいプレイングがあったので紹介していきます。防衛でエリクサーアドバンテージを大量にとったり、苦しい状況をしっかりと守り抜く防衛がとても参考になりましたので皆さんもプロの防衛を是非取り入れてみて下さい。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1の概要

  • 日本、韓国、その他のアジア諸国および地域が所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 外国人選手は各チーム2名まで
  • 12チームはグループA、グループBに分けられる(各地域均一に2チームずつ)
  • 2つのPhaseに分かれる、Phase1はグループ内での総当たり戦、Phase2はグループAとBのチームが対戦する交流戦
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット選手で勝利(最大3セット)
  • 各セット BANピックルールを採用
  • 各セット タイブレーカールールを採用
  • セット1 2on2 各チーム2名選出
  • セット2 1on1 各チーム1名選出
  • セット3 KING PF THE HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

第1試合 GameWith vs DetonatioN Gaming

セット1  2on2

GameWith メンバー Yakitori & YUIHIIRO

BANカード ベビードラゴン

DetonatioN Gaming メンバー HANExHANE & Lewis

BANカード ラヴァハウンド

デッキ構成

GameWithのデッキ構成

Yakitori

YUIHIIRO

Yakitori、YUIHIIRO 両者ともロイヤルジャイアントデッキとなっています。

それに加え、ランバージャックもデッキに組み込んでいます。ランバージャック死亡時のレイジ効果をロイヤルジャイアントに付与し、強引にタワーにダメージを与えていくというデッキコンセプトでしょう。

また、ローリングウッドを採用していることから呪文でもタワーにダメージを与えていこうということが見てとれます。

DetonatioN Gamingのデッキ構成

Lewis

HANExHANE

HANExHANE、Lewis 両者ともバルーンデッキとなっています。

それに加え、こちらのデッキもGameWith同様、ランバージャックを採用していることからランバージャック死亡時のレイジ効果をバルーンに付与し、強引にタワーにダメージを与えていくというデッキコンセプトでしょう。

 

試合の流れ

序盤から各チームのデッキコンセプトが色濃く出た面白い試合になりました。

【動画】19:01〜

 

序盤の流れ

 序盤は、GameWithがタワーとマスケット銃士に当たるようにライトニングを発動し、試合を動かした。それを見たDetonatioN Gamingはすかさず逆サイドにランバージャック、バルーン、ディガー、アイススピリットを出し一気に攻撃。それをボムタワー、アイスウィザード、盾の戦士、アイススピリットで防衛し、最後にトルネードを使ってGameWithはキングタワーの起動に成功

 攻撃に使ったエリクサーは13、一方、防衛に使ったエリクサーは14でした。タワーにダメージは全く入っておらず、さらにキングタワーの起動まで成功したGameWithの素晴らしい防衛でした。序盤はGameWithが有利な状況。

 

中盤の流れ

 中盤は、GameWithがロイヤルジャイアントで攻撃するがペッカによって簡単に処理されてしまう。そして、ペッカとバルーンのカウンターによって防衛せざるを得なくなり、その間に逆サイドのタワーにダメージを与えられてしまう。

 GameWithは、DetonatioN Gamingのバルーンによる攻撃をボムタワー、ライトニングを使った苦しい防衛しかできず苦しい状況が続く。GameWithにダメージアドバンテージはあるものの、序盤のライトニングから常にエリクサーアドバンテージをとられてしまっているのでDetonatioN Gamingが若干有利な状況

 

終盤の流れ

 終盤は、GameWithが苦しい防衛ながらもタワーダメージを許容しながらエリクサーアドバンテージを縮めていく。そして、GameWithはロイヤルジャイアントを展開。DetonatioN Gamingのトルネード、フリーズによって完璧に防衛されてしまうが、すぐに2体目のロイヤルジャイアントを展開。DetonatioN Gamingはペッカを出すが間に合わず。GameWithがロイヤルジャイアントの攻撃によってタワーを折ることに成功。

1vs0でGameWithの勝利。

 

試合考察

GameWithの防衛が上手かった

 DetonatioN Gamingのバルーンの猛攻を見事に防ぎ切ったGameWithの防衛が非常に上手かった。

参考にするべき防衛は下記のとおりである。

  • ボムタワーで誘導 → トルネードでキングタワー起動
  • 巨大雪玉、ファイアーボールのノックバック効果を駆使してバルーンをタワーに近づけさせない
  • マスケット銃士、ランバージャック、バルーンをライトニングで防衛
  • ロイヤルジャイアントで攻撃 → フリーズを使わせる

ボムタワーで誘導 → トルネードでキングタワー起動

 序盤に一気に攻められるもののトルネードを使ってキングタワーを誘導することに成功しました。エリクサーアドバンテージをとられるものの、序盤であればあるほどキングタワーを起動させる恩恵は大きいので素晴らしい判断だったと思います。

 

巨大雪玉、ファイアーボールのノックバック効果を駆使してバルーンをタワーに近づけさせない

 延長残り2:46~のバルーン + フリーズの攻撃を巨大雪玉を使いノックバック +スロー効果を付与、近づいてきたところでさらにファイアーボールでノックバック。そのままフリーズの効果が切れ防衛に成功。タイミング、発動する場所ともに完璧だったので是非見習いたいですね。

 

マスケット銃士、ランバージャック、バルーンをライトニングで防衛

 ボムタワーも、トルネードも無い状況でライトニングを上手く3体に当たるように発動しました。13コストの攻撃を6コストで対処することで大量のエリクサーアドバンテージをとることに成功したGameWithは見事に試合の流れを持っていきましたね。

 

ロイヤルジャイアントで攻撃 → フリーズを使わせる

 GameWithは苦しい防衛をせざるを得ない状況でも、逆サイドにロイヤルジャイアントを積極的に展開していました。バルーン + フリーズの攻撃は分かっていても中々防衛できないので、相手に防衛でフリーズを使わせることを意識していたのでしょう。防衛をしながら攻撃をすることで防衛が楽になるので見習っていきましょう。バルーンデッキに対しての防衛のお手本と言えるようなGameWithのプレイングでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.