ゲーム 荒野行動

【荒野行動】レジャーモード「新50vs50大戦」をやってみた

 皆さんこんにちは、yoskです。先日行われたアップデートでリニューアルされたレジャーモード「新50vs50大戦」ですが、既に遊ばれた方も多いかと思います。今回、実際に遊んでみましたので、リニューアル前後での変更点を交えながら、紹介していきます。

 

 

ルール

  • シングル・マルチ両方で参加可能。
  • マップは「嵐の半島」のみ。
  • バトルは2チーム(50vs50)で行われる。マルチで参加している場合は必ず同じチームになる。
  • 一定時間内に敵チームを壊滅させるか、制限時間を迎えた段階で人数の多いチームの勝利。
  • 銃器・武器のダメージが通常の75%に軽減。
  • 敵・味方が分かり易い様に、頭上にピンが表示される。
  • 武器・乗り物などは通常モード同様に出現。
  • 勝利チームには2倍、敗北チームには1.5倍のボーナスは付与される。
  • 安全地帯(安置)と縮小スピードは通常と異なる。
  • 補給箱は安全地帯(安置)にのみ出現。

 ルールを見る限りですと、単純に50vs50での戦闘ということになります。以前の50vs50の様に攻撃側・守備側に分かれる訳ではなく、あくまでも全員で攻め、全員で守るといったスタンスです。チームプレイも必要ですが、単独で攻め、多くのキルを稼ぐのも面白いかもしれません。それでは実際にプレイしていきましょう。

 

 

プレイ編

航路と安置

 待機所には参加者全てのメンバーが集まります。赤いピンが刺されている方が味方、ここでは少々分かりづらいですが、キャラクターが赤く囲われている人は敵となります。実際のマップ上でもこの様にピンが表示される為、敵味方の判断はすぐに出来るかと思います。

 航路もこの様に二手に分かれています。それぞれのチームがこの航路からスタートし、安置に向かって進みます。安置は比較的すぐに展開されます。また、ルールにもある様に、レジャー独自となっており、非常に小さなエリアで出現します。

 分かり易い様に赤く表示しましたが、通常に比べて2回り程度小さいエリアになっています。両チームの航路の中心部分に安置が出現する様です。

 

物資

 ルール通り、通常対戦同様に物資が落ちています。その為対戦方法は通常と何も変わりはありません。ある程度物資を揃えたら安置に向かって進みましょう。

 クインテットで組まれますが、50人1チームになる為、大きな町には大勢のプレイヤーが降ります。物資がまともに揃わない場合もありますので、初動はチーム内で話し合って決めるのも良いかもしれません。

 

敵の判別と銃弾

■敵の判別

先にも説明しましたが、敵はキャラクター自体が赤く囲われており、味方と判別しやすくなっています。

 また、敵味方関係なく、このレジャーモードでは銃弾が表示されており、通常の表示だけではなく、その弾道を見ることでどこから撃たれているか判別する事が可能です。弾道の先には必ず敵がいますので、障害物などを上手に利用して、敵の居場所をしっかりと見極めましょう。画像の性質上、見辛いかも知れませんが、実際の画面だと通常モードより発見し易いです。

■銃弾

 このモードでは、銃弾が目視出来る様になっています。通常では撃たれた方向しか表示されませんが、これにより、より一層敵の場所を把握する事が出来るかと思います。

 画像では少々見辛いかもしれませんが、この様に白く線が表示されます。これが銃弾です。この方向が見えることで普段より索敵がし易くなっていますので、索敵が苦手な方でも敵を見つけたり、逃げる(遮蔽物に隠れたり)事もしやすくなっています。通常モードからこれが実装されれば面白いと思うのですが、そう考えるのは私だけでしょうか。

 

終盤戦

 今回の戦闘では、相手との比率に大きく差が開いた為、非常に優位に戦いを進めることが出来ました。画像を見て頂けると分かる様に、小さなエリアに多くの仲間が集結していることが分かります。(赤いピン)

 ここまで来ると、あとは仲間同士でのキルの取り合いとなります。銃声が鳴る度に、一斉にそちらに集まっていく様子は通常モードでは味わえないので、新鮮さを感じます。

 

終了画面

 冒頭でも説明しましたが、制限時間内に空いてチームを壊滅させるか、残り人数の多かったチームが勝利となります。今回は時間内に敵チームを壊滅し、無事に勝利を収めるとこが出来ました。

 終了後には、両チーム通してのMVPも選出されますので、MVPを目指して取り組んでみてはいかがでしょうか。

 この試合ではちゃっかりと私がMVPを獲得することが出来ました。おそらくbotも数体混ざっていた事もあり、運にも恵まれたのかと思います。

 

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。現在5vs5が流行しており、大人数での対戦にスポットが当たらなかったですが、リニューアルした50vs50は純粋に戦闘を楽しむことが出来ると共に、50人1チームといえど、クインテット編成となっている事から、立ち回りの練習も出来るかと思います。以前からルームでは遊べましたが、50vs50が好きな時に色々な方と遊べるのは嬉しいことですね!この機会に皆さんも新しくなった新50vs50で遊んでみて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.