クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】6月3日実施のバランス調整アップデートについて解説

 どうも、IGです。今回は6月3日(月)に実施のバランス調整について解説します。低トロフィー帯で活躍しているエリートバーバリアン、使用率が高いローリングバーバリアンのバランス調整が主な内容になります。それぞれのカードの性能の変化から、今後どのような環境になっていくのか考察していきます。

バランス調整内容

オレンジ 強化 青 弱体化

エリートバーバリアン
攻撃ダメージ:+18%
攻撃速度:-13%(1.5秒 → 1.7秒)

アウトロー
ボーイの攻撃速度:-13%(1.3秒 → 1.5秒)

矢の雨
矢の速度:+37%(800 → 1100)

ローリングバーバリアン
攻撃ダメージ:-10%

 

バランス調整後の各カードの性能

エリートバーバリアン
エリートバーバリアンは攻撃速度が低下し、小物系ユニットに対して弱くなりました。その代わり、攻撃ダメージが上がり単体ユニットに対して強くなりました。ウィザードを2回の攻撃で倒せるように変更したとのことです。今回のバランス調整によってカウンター性能が上がりましたが、小物系ユニットで簡単に処理されてしまうようになったのでザップやローリングウッドをデッキに組み込んでおきたいところです。


アウトロー
ボーイの攻撃速度が低下したことによって後衛のガールを処理すれば特に問題ないというカードになりました。後衛のガールを処理し、ボーイによるタワーダメージを許容すれば2~3のエリクサーアドバンテージをとることができそうですね。

矢の雨
矢の速度が上がったことによって使い勝手が上がりました。特にガーゴイルの群れに対してのアドバンテージが大きくなりましたね。マルチやグラチャレではあまり使われないですが、ドラフトチャレンジでは良く使うカードなので積極的に選んでみても良いのではないでしょうか。

ローリングバーバリアン
攻撃ダメージは下がったものの、同等レベルで倒せるユニットに変化はありません。しかし、10%減少となるとかなり影響は大きいので以前のようにユニットを処理できない展開が増えそうです。

 

バランス調整後の環境はローリングウッドも選択肢の1つに

 今後の環境では、ローリングバーバリアンの代わりにローリングウッドを組み込んだ方が良いかもしれません。その理由として、これまでの環境ではローリングバーバリアンを複数ユニットに対して発動すれば非常に効果的でしたが、バランス調整以降はダメージが10%下がったことによって複数ユニットに対してあまり効果的ではなくなりました。

今後の環境ではローリングバーバリアンとローリングウッドの使い方が非常に重要になりそうです。

  • 吹き矢ゴブリンやプリンセス、小物系ユニット → ローリングバーバリアン
  • 複数ユニットに対して → 高ダメージ+ノックバック効果のあるローリングウッド

 このような使い分けをしていくと良いかもしれません。ただ、ローリングバーバリアンの強力な部分はダメージではなく、発動後にバーバリアンが1体出現するところなのでその点を踏まえると今後の環境でもローリングバーバリアンの使用率はそこまで低くならないのではないでしょうか。今後もローリングバーバリアンの弱体化は続くかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.