ゲーム ハースストーン

【ハースストーン】ポジティブな変化、「メカメカ大躍進」アップデート

 こんにちは、Ioriです。ハースストーンに最新アップデート「メカメカ大躍進」が配信されました。(※モバイル版は6月5日未明に配信予定となっています)

 ドクター・ブームが設計を見直して兵器軍団をアップグレード。「博士のメカメカ大作戦」に収録されている各クラスカード2枚ずつに上方修正が施されました。そして新たな中立レジェンドミニオン「チョッキンガー」が配布され、「チョッキンガー」との無限ループコンボを阻止するためにプリーストのエピックミニオン「無謀な実験者」が下方修正(ナーフ)されました。他にも、新たな闘技場セットの追加やシステム改善などが行われています。

※この記事に掲載する一部の画像や文章は「ハースストーン 公式サイト」から引用しております。

 

 

新中立レジェンドミニオン「チョッキンガー」配布

 「メカメカ大躍進」イベント記念として、6月4日~7月1日(日本時間)にログインすると、新中立レジェンド・ミニオン「チョッキンガー」のゴールデンカード1枚が入手できます。

ハースストーン_チョッキンガー

 

 3コストの平均スタッツに加えて「超電磁・木霊・断末魔」の3つの能力を兼ね備えている非常に強力なミニオンが登場です。何度も繰り返し他のメカと合体させ、超巨大ロボを組立てましょう。

  • 期間中にログインできなかった場合、通常版「チョッキンガー」は1600魔素で作成可能。
  • ゴールデンの「チョッキンガー」は「メカメカ大躍進」イベントを通じてのみ入手可能。
  • 「チョッキンガー」は「博士のメカメカ大作戦」セットのカード扱いで、この拡張版と一緒にローテーション。
  • 「博士のメカメカ大作戦」カードパックから「チョッキンガー」は出ません。

 

 

「無謀な実験者」の下方修正

ハースストーン_無謀な実験者

 「チョッキンガー」の登場に伴い、プリーストデッキにおいて対戦序盤での無限ループコンボを可能にするミニオン「無謀な実験者」が下方修正されました。

 

無限ループ詳細

  1. 場にメカのミニオンが1体残っている状態で5ターン目を迎える。
  2. 「無謀な実験者」召喚。
  3. 0コストになった「チョッキンガー」を場に居るメカと超電磁で合体。
  4. 木霊で0コスト超電磁の強化を繰り返す。
  5. 攻撃力∞となったメカで攻撃し、ワンターンキル。

 実際には制限時間が存在するので攻撃力/体力ともに∞にはなりませんが、直ぐに30オーバーの恐るべき数値となります。4ターン目に潜伏を持つメカの「カッパーテイルモドキ」などを召喚すれば確実に場にメカが残ることもあり、とても簡単に成功できる無限ループでした。もしも場にメカがいなくともチョッキンガーのみで超電磁を繰り返し、単体除去カードがなければ絶対に倒せないミニオンを生み出して次のターンにワンターンキルを狙うことが可能でした。

 以上の理由から、コンボパーツの「無謀な実験者」がナーフされました。

下方修正後の効果

  • 自分の手札から使用する断末魔を持つミニオンはコスト(3)減るがターンの終了時に死亡する。(コストは0以下にならない)

 0コスト召喚できないようにすることで無限ループの発生を阻止する調整となりました。新カードの能力を変えずに既存カードを調整するのは意外でしたが、「無謀な実験者」はカードプールが増加すると今後いずれ良くないコンボを生み出してしまうのは避けられなかったため、妥当なナーフだと考えられます。

 また開発は、ワイルドにて使用可能な「自分のメカのコストが(1)減る」効果を持つ「メカワーパー」と「チョッキンガー」の相互作用に関する懸念も認識しており、これについては今後の動向を見守っているとのことです。

 

 

「博士のメカメカ大作戦」カードの上方修正

ハースストーン_メカメカ大躍進

 破天荒な発明家ドクター・ブームが、その多ボムな時間の合間に研究室に出入りして、「博士のメカメカ大作戦」に収録されている全クラスのカードを2枚ずつ改造強化! これらの修正はローテーション・ワイルドに関係なく今後永久に有効です。

調整内容

ドルイド

  • 「べとべとスプレーマン」が(7)マナに変更。(8→7に減少)
  • 「マルチマンチャー」が(9)マナに変更。(10→9に減少)

ハンター

  • 「ネクロメカニック」が(4)マナに変更。(5→4に減少)
  • 「フラークのブームズーカ」が(7)マナに変更。(8→7に減少)

メイジ

  • 「予想外の結果」が(3)マナに変更。(4→3に減少)
    「ルナのポケット銀河系」が(5)マナに変更。(7→5に減少)

パラディン

  • 「クリスタル学」が(1)マナに変更。(2→1に減少)
    「グロウストーンの技術者」が(5)マナに変更。(6→5に減少)

プリースト

  • 「倍増する腕」が(2)マナに変更。(3→2に減少)
  • 「クローン装置」が(1)マナに変更。(2→1に減少)

ローグ

  • 「ホッピング・ホッパー」が(1)マナに変更。(2→1に減少)
  • 「紫の煙霧」が(2)マナに変更。(3→2に減少)

シャーマン

  • 「ストームブリンガー」が(6)マナに変更。(7→6に減少)
  • 「雷雲」が3/6に変更。(3/5から強化)

ウォーロック

  • 「霊魂爆弾」が(1)マナに変更。(2→1に減少)
  • 「ドクター・モリガン」が(6)マナに変更。(8→6に減少)

ウォリアー

  • 「警備ローバー」が2/6に変更。(2/5から強化)
  • 「ベリリウム・ヌリファイアー」が4/8に変更。(3/8から強化)

調整理由

  • 愉快で楽しい体験をもたらしそうなカードを調整。
  • デッキ構築の考え方が大きく変化すると予想。
  • 調整カードが頻繁に登場したり、新デッキの誕生を促すことを期待。
  • 本来のバランス調整アップデートは、メタゲームの異常値への対処が目的。
  • この「メカメカ大躍進」アップデートは新しくて楽しいアイデアの誕生を促すことが目的。

 「ホッピング・ホッパー」や「ルナのポケット銀河系」など、面白い効果を持ちながら使われていなかったカード達が陽の目を見られるようになる調整でした。シャーマンの「雷雲」も体力が1上昇するだけで随分と除去されにくくなり、相手からすると厄介なミニオンになりますね。ウォリアーのミニオン達はメインデッキにこそ入らないものの「狂気の天才ドクター・ブーム」や「オメガ・アセンブリ」から頻繁に手札に加わるカードなので、試合への影響は大きそうです。

 

 

快適さ向上のための変更

再接続の改善

  • 不安定な接続、アプリケーションの切り替え、モバイル端末のロックなどで「ハースストーン」から通信切断された場合、再接続の試行時にログイン/起動画面に戻されなくなりました。
  • 対戦中だけではなく、どの画面からでもバックグラウンドでシームレスに再接続可能(デッキ構築中や、コレクションブックの閲覧中も)。
    • 注意点:この機能は改善中で問題が発生する可能性有り。
  • プレイヤーにオフライン/再接続の状態を通知する新たなポップアップが追加。

オフラインでの「ハースストーン」アクセス

  • デバイスのインターネット接続が切断されていても、コレクションにはアクセス可能に。
  • 以下の機能はオフライン状態でもアクセス可能。
    • コレクションで所持/未所持のカードを閲覧。
    • デッキ作成。
    • デッキ編集。
    • デッキ削除。
    • デッキ名の変更。
    • お気に入りヒーローをセット。
    • お気に入りカード裏面デザインをセット。
    • 開封プロセス中だったパックの開封。
  • オフライン中にコレクションブックで行った変更は、次にネットワーク接続が回復するまでは使用中のデバイスに保存。
  • 注意点:複数のデッキを作成したり、複数のデバイスから同じデッキを同時に編集した場合、変更内容の一部が失われる場合があります。

 

 

マッチメイキングの改善

  • 同じプレイヤーや同じクラスと連続してマッチングする確率を減らす新機能が実装(自分のランク周辺で相手の選択肢が少ない場合は例外もあり)。
  • ランク25~21のプレイヤーのマッチング精度が向上。

 

 

闘技場のローテーション変更

 爆発王ブームは闘技場で実験台を探しており、闘技場ドラフトに登場するカードが、爆発的にエキサイティングな以下のセットにローテーション!

  • クラシック
  • 基本
  • ゴブリンvsノーム
  • グランド・トーナメント
  • カラザン
  • 博士のメカメカ大作戦
  • 爆誕!悪党同盟

 

 

特別セット「マスターズ・バンドル」販売

 新ヒーローも手に入る期間限定セット「マスターズ・バンドル」が販売開始!

ハースストーン_マスターズ・バンドル

 値段は2400円で、以下のアイテムが手に入ります。

  • 「爆誕!悪党同盟」カードパック10個
  • 「天下一ヴドゥ祭」カードパック10個
  • カード裏面デザイン「盗んだ稲妻」
  • シャーマンヒーロー「雷帝」

 マスターズ・バンドルからの収益のうち50%の最大で合計$750,000(USD)は、2019年の3つの「ハースストーン・マスターズツアー」イベントの賞金総額に直接加算され、大会ごとに最大$250,000(USD)ずつ上乗せされます。

 また、このバンドルはデスクトップ版Blizzard Battle.net AppかBlizzardショップからギフトとして贈ることも可能です。新規プレイヤーを支援しつつ、ハースストーンeスポーツを応援しましょう! 「マスターズ・バンドル」は2019年7月1日(太平洋夏時間)まで購入可能です。

 

 

その他のアップデート内容

  • 新しいカード裏面デザイン登場。
    • シャドーパンの紋章:2019年7月シーズン中に対戦を5回完了で獲得。
    • 盗んだ稲妻:「マスターズ・バンドル」購入で獲得。
  • 各種不具合の修正&改善。

 

 

まとめ

  • 中立レジェンドミニオン「チョッキンガー」配布。
  • 「無謀な実験者」が下方修正。
  • 「博士のメカメカ大作戦」の各クラスカード2枚ずつが上方修正。
  • 再接続の試行時に起動画面に戻されないよう変更。
  • オフラインでもカードコレクションにアクセス可能に。
  • 同じプレイヤーや同じクラスと連続してマッチングする確率が低下。
  • 闘技場のローテーション変更。
  • eスポーツを応援できる「マスターズ・バンドル」販売。

 いかがでしたでしょうか。ハースストーンにしては珍しい上方修正が全クラスカードに適用され、前回の下方修正アップデートと比べるとポジティブな変化で嬉しいですね。調整理由にもあるように、強化されたカードをメインに据えた新デッキが頭角を現して環境の変化が見られそうでワクワクします。

 現在、48名の名だたる世界トッププレイヤー達が集う大会「グランド・マスターズ」が開催されており、Twitchでは激戦の様子が日本人の実況・解説付きでライブ配信されています。今回の調整を経て強豪プレイヤー達がどんなデッキを用意するのか、今週末は配信を見てデッキ構築やメタの参考にしましょう!

 またゲームバランス以外のところでは、再接続の改善が非常に有難いですね。スマートフォンなどでハースストーンをプレイすると、一瞬でもアプリがバッググラウンドに切り替わると起動画面に戻されてしまい手間がかかっていましたので、ようやくストレスフリーで楽しめるようになりました。今後もデッキ編成やオプションなどの様々な使い勝手改善が期待できそうです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.