クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ「完璧なゴーレム対策&圧巻のプレイング」

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match2 SET2 1on1」の試合を考察していきます。1on1で好成績を残しているMaster Hong選手vs実力のある有名プレイヤーX-Bow Master選手による注目の1戦です。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1の概要

  • 日本、韓国、その他のアジア諸国および地域が所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 外国人選手は各チーム2名まで
  • 12チームはグループA、グループBに分けられる(各地域均一に2チームずつ)
  • 2つのPhaseに分かれる、Phase1はグループ内での総当たり戦、Phase2はグループAとBのチームが対戦する交流戦
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット選手で勝利(最大3セット)
  • 各セット BANピックルールを採用
  • 各セット タイブレーカールールを採用
  • セット1 2on2 各チーム2名選出
  • セット2 1on1 各チーム1名選出
  • セット3 KING PF THE HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH2  Talon vs OP GAMING

【動画】2:12:00~

セット2  1on1 

Talon Master Hong選手
BANカード インフェルノタワー

OP GAMING X-Bow Master選手
BANカード メガガーゴイル

 

 

GAME1 デッキ構成

Master Hong選手のデッキ構成

ラヴァハウンドデッキです。空ユニット中心で攻めるデッキとなっています。

 

X-Bow Master選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。ゴーレムに対して非常に相性の良いデッキとなっています。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

序盤、Master Hong選手が後ろからラヴァハウンドを展開、X-Bow Master選手が逆サイドにペッカを展開。

ペッカはインフェルノドラゴン1体で処理、ラヴァハウンドの攻撃はしっかりと通りタワーにダメージを与えていく。

序盤はMaster Hong選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

中盤、再度Master Hong選手が後ろからラヴァハウンドを展開、X-Bow Master選手が逆サイドにペッカを展開。

X-Bow Master選手タワーダメージを許容し、ベビードラゴン1体で防衛。残ったエリクサーをペッカの後衛ユニットに充てる。インフェルノドラゴンをエレクトロウィザードで対処しながら攻撃を通そうとするがMaster Hong選手が見事な防衛。タワーにダメージを与えられず。

中盤もMaster Hong選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

終盤、Maste Hong選手がペッカサイドの防衛にエリクサーを使っている間にラヴァハウンドサイドの防衛に出していたベビードラゴンを後衛に攻城バーバリアンを展開。橋前に続々とユニットを展開し、X-Bow Maste選手怒涛の攻撃。

しかし、タワーを折るに至らず。最後はMaster Hong選手のポイズンでタワーを折る。

1vs0でMaster Hong選手の勝利。

 

GAME1 試合考察

X-Bow Master選手の捨てが見事

Master Hong選手のラヴァハウンドデッキに対してX-Bow Master選手のペッカデッキは非常に相性が悪いです。デッキの主力であるペッカがまったく役に立たないからです。

X-Bow Master選手は、1回目のペッカ、ラヴァハウンドの攻防で防衛しきれない、攻撃が通らないといった状況を把握しました。そして2回目の攻防でタワーダメージをある程度許容しながら、攻撃にエリクサーを使い攻撃を通そうとしていました。その後、防衛に使ったベビードラゴンを後衛に攻城バーバリアンなどで攻め続けました。

おそらく、ラヴァハウンドの攻撃を完璧に守ることはできないと判断し、逆サイドのタワーを無理やり折り2vs1もしくは、3vs1、2で決着を付けようと考えていたのでしょう。

1回の攻防で冷静に状況を見極めて、クラロワリーグという大舞台でこのような思い切った選択ができるのはさすがX-Bow Master選手といったところです。昔から有名で実力のあるプレイヤーは、負けはしましたが光るプレイングを魅せてくれました。

 

 

GAME2 デッキ構成

Master Hong選手のデッキ構成

ゴーレムデッキです。Master Hong選手得意のデッキとなっています。

 

X-Bow Master選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。ゴーレムに対して非常に相性の良いデッキとなっています。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

序盤、X-Bow Master選手がエリクサーポンプを展開。それを見たMaster Hong選手は後ろからゴーレムを展開。さらにそれを見たX-Bow Master選手が逆サイドに攻城バーバリアン+ガーゴイルの群れを橋前に展開。タワーにダメージを与えていく。ゴーレムに対してはバーバリアンで防衛。すぐさまエリクサーポンプをもう1つ展開。

序盤はX-Bow Master選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

中盤、Master Hong選手がゴーレム後ろから展開。それを見たX-Bow Master選手は逆サイド橋前に攻城バーバリアンを展開。しかし、Master Hong選手それを無視しゴーレムの後衛にベビードラゴンを展開し攻撃を通そうとする。

しかし、X-Bow Master選手の見事な防衛で守り切られる。

X-Bow Master選手がタワーを1つ折り、中盤も有利な状況。

 

終盤の流れ

終盤、Maste Hong選手の攻撃をX-Bow Master選手はマスケット銃士を華麗に延命しながら防衛していく。そのままカウンターに繋げタワーをもう1つ折り試合終了。

2vs0でX-Bow Master選手の勝利。

 

GAME2 試合考察

ゴーレムデッキに対してのお手本のような立ち回り

Maste Hong選手はゴーレムデッキが得意なのでそれに対してX-Bow Master選手は、相性の良いデッキを使用し勝利することができました。

今回のMaste Hong選手のデッキには、エリクサーポンプを壊す呪文が無いので効率的にエリクサーポンプを展開していきました。エリクサーポンプを展開されるとゴーレムを後ろから展開するしかないのでそれを見たX-Bow Master選手はしっかりと逆サイドに攻城バーバリアンをすぐに展開しゴーレムの後衛にユニットを展開させないようにしました。

ゴーレムデッキに対してはゴーレムを展開した隙をついて逆サイドを攻撃し、相手に攻めの形を作らせないことが重要になってきます。それをX-Bow Master選手は終始徹底していたため、一方的な試合にすることができました。

ゴーレムデッキに対しては、本当にこのままのプレイをするべきだと思うので是非参考にしてください。

 

 

GAME3 デッキ構成

Master Hong選手のデッキ構成

ゴーレムデッキです。先ほどの試合を経て、エリクサーポンプ対策としてポイズンを組み込んできていますね。

 

X-Bow Master選手のデッキ構成

迫撃ディガーデッキです。攻めの手段が2つある二刀流デッキとなっています。

 

GAME3 試合の流れ

序盤の流れ

序盤、X-Bow Master選手は迫撃砲を展開。Master Hong選手は効果的に防衛できるカードが無かったためタワーにダメージを与えられる。

序盤はX-Bow Master選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

中盤、X-Bow Master選手の迫撃砲に対してMaster Hong選手はゴーレムを展開。後衛にライトニングドラゴンを展開して攻撃に繋げていく。X-Bow Master選手は苦しい防衛を強いられる。

盤は五分の状況。

 

終盤の流れ

終盤、Master Hong選手のゴーレムに対してX-Bow Master選手は迫撃砲で防衛。苦しい展開ながらも粘り強い防衛で守りぬき、最後はX-Bow Master選手の迫撃砲による攻撃でタワーを折り試合終了。

1vs0でX-Bow Master選手の勝利。

 

GAME3 試合考察

ゴーレムの攻撃を通さない鉄壁の防衛

ゴーレムデッキの防衛を迫撃砲を防衛に使ったり、ゴブリンギャングやアウトローを効果的な位置に出し、ライトニングドラゴンなどの攻撃をタワーに通さない完璧な防衛をやり続けました。

さらにMaster Hong選手の猛攻の最中、逆サイドにローリングバーバリアン+コウモリを展開して相手に防衛にエリクサーを使わせるといったこともしていました。最後にタワーを折られたとしても2vs1で勝つ未来を予想していたでしょう。

 

 

MATCH2 SET2 の感想

 Master Hong選手はゴーレム使いとして実力のあるプレイヤーです。それに対してX-Bow Master選手はゴーレム対策のデッキを使用していました。通常のプレイヤーは複数のデッキを使いこなすことは難しいのですが、X-Bow Master選手は自分の得意なデッキを使わずに相手に合わせたデッキを使いながらも完璧に使いこなしていました。使い慣れていないデッキだと細かいミスが目立つのですが、終始安定したプレイをし続けたX-Bow Master選手は流石でした。相手に合わせた対策は大会ならではの面白い要素の1つなので、その点も注目して観てみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.