ゲーム 荒野行動

【荒野行動】新レジャーモード「無重力古城」を実際にプレイしてみた

 皆さんこんにちは、yoskです。今回のアップデートで追加された新レジャーモード「無重力古城」を既に遊ばれましたでしょうか。今回は実際にプレイし、その感想を皆さんにお伝えしていきます。

 

ルール

  • マップは「嵐の半島」のみ使用、戦闘区域は「古城」。
  • シングルで参加。
  • 戦闘時間は固定、安全地帯の大きさは変わらない。
  • 安全地帯内は全て無重力状態となり、ジャンプすると空中に飛び上がることができる。また、落下スピードは遅いが、その間移動や発砲することが可能。
  • バトルに入ると基本装備が整った状態で、古城内にランダムで配置され、準備時間(60秒)が終了すると戦闘が開始される。
  • プレイヤーは撃破されると10秒後に古城内のランダムな場所に基本装備がされた状態で復活する。

※ゲーム内ルールを一部省略して記載

 今回のレジャーモードの最大の特徴は、なんと言っても「無重力」かと思います。とは言え、通常の動作にはその無重力を感じることはなく、あくまでもジャンプ時にそれが反映されます。以前あった「グラップネルガン大作戦」の様に、道具を使って高い位置に飛ぶモードはありましたが、今回は何も使うことなく、上空に移動することができます。しかし、ジャンプ一つで最上階まで移動できるほどではありませんので、多少なりとも移動にも戦略が必要となってくるでしょう。

 

やってみた

ここから実際にやってみた画像を交えながらお伝えしていきます。

■待機画面

戦闘前の待機はランダム配置となっており、毎回同じ位置ではありません。今回は建物内でしたが、外でスタートする場合もありますので、この待ち時間を利用して戦略練ってみましょう。参加人数は8名となっています。この人数で時間内にキル数を競います。

待機時は画像の様に、一定範囲から動くことができません。戦略を考えながら、実際にジャンプをして、滞空時間を体感することをオススメします。個人的には思っていたより遅かった為、少々じれったさを感じました。無重量ですのでこれが当たり前なのかもしれません。「それが嫌なら遊ぶな!」と言った声が聞こえてきそうですが、今回ばかりは大目に見て頂ければ幸いです(笑)。

初期装備はこの様になっています。何度か遊びましたが、こちらは固定のようです。

武器(MP5)に加え、防具、回復アイテムも整っています。場内に防具は落ちていませんので、全員が同じ条件となります。倒した敵が着用していたものは拾うことが出来ますが、ダメージを負っていますので、基本的には拾う必要はないでしょう。

■戦闘開始

場内を移動できる様になって直ぐに、武器が落ちています。初期装備でMP5を所持していますが、それだけでは戦闘が難しいのでしっかりと拾っておきましょう。武器もランダムです。拾わずともすぐに戦えるますので、敵を見つけるも良し、場所を確保して戦闘に備えるも良し、戦い方は様々です。

■戦闘シーン①

今回は、比較的高い場所を確保して敵を狙う戦略を立てましたが、対面した敵にヘッドショットをされてしまい早々にダウンする結果に。しかし、このモードは10秒後に回復して戻れる為、撃たれた相手をやり返す事も可能です。

この場所を取る為には、このモードならではの「無重力」を使う必要があります。この無重力は高い場所への移動には非常に便利ですが、落下スピードは非常に遅く、恰好の的となってしまいます。その為、むやみに飛び跳ねたり、段差を越える動作を行うと動きが制限されてしまい、あっという間にキルされてしまうので十分に注意しましょう。

■戦闘シーン②

キルされてばかりでしたがようやく初キルに成功です。古城内は比較的広々としていますが、家具や遮蔽物もあるので身を隠すこともできます。今回はたまたま出くわした敵との撃ち合いでしたが、遮蔽物を利用して身を隠す戦略もこのモードでは重要かと思います。俗に言う「芋り」と呼ばれる動かずに待ち伏せをする行為も、十分な戦略ですので活用するのも一つです。

因みに、ダウン後の待機中に現在の順位が表示されます。キル数によって順位が変動する為、その時間も敵がキルを稼いでいることを考えれば、この10秒間は勿体ない時間となります。体感も長く感じるかも知れませんが、じっと堪えて、次の戦略を練りましょう。

■戦闘シーン③

終了30秒前からカウントダウンが始まります。最後の詰めとなるので、キル数が足りない方は攻めるも良し、守りに入って順位変動を期待するも良し、この時間は個々の性格が出るのではないでしょうか。私は当たって砕けろの精神で攻めに入りましたが、凄腕プレイヤーの方なのか、私が下手なのか、あえなく返り討ちにあってしまいました(笑)。

■終了画面

最終的にこちらが表示され終了となります。今回は5位という結果になりましたが、その後、何度かプレイしましたが結果は変わらずでした。1位は愚か、キル数も5に満たないこともあった為、恐らく高PSの方が多く集まっているのかもしれません。実際にeスポーツチームを掲げている有名プレイヤーさんも見かけたました。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。ここ最近の荒野行動では、少人数且つ短期間での戦いが増えてきている中で、今回のレジャーモードは、限られたエリアでひたすらキル数を競うモードの為、撃ち合い強化やソロでの立ち回りなどの練習にも役立つかもしれません。また、通常モードでは場合によっては長丁場が強いられケースがありましたが、今回は1試合当たり10分もかかりませんので、お手軽感も良い点かと思います。また、普段訪れる事が非常に少ない「古城」にスポットを当てたのも面白いですね。

 個人的にはこのモード、FPSに切り替えて遊んでも面白いなと思いましたが皆さんはいかがでしょうか。また、古城に限らずデパートで同じようなモードがあっても面白そうですね。デパート内ではすぐに天井に頭をぶつけてしまう為、現実味はありませんが(笑)。古城内の散策も含め、この激しいバトルが体験できるモードを、プレイされていない方は是非一度遊んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.