クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】グラチャレ大人気「ゴブリンの檻入りラヴァハウンドデッキ」

 どうも、IGです。今回はグラチャレで流行っている「ゴブリンの檻入りラヴァハウンドデッキ」を紹介します。グローバル上位プレイヤーの使用率が高く、それぞれのカードの使い道も明白なので他のデッキに比べて慣れるまで早いデッキになります。普段プレイできる時間は限られているけど、新しいデッキにチャレンジしてみたいといった方におすすめのデッキです。早速、それぞれのカードの使い方や意識すべきポイントを細かく解説していきます。

 

ゴブリンの檻入りラヴァハウンドデッキ:デッキ構成

・ラヴァハウンド
大型盾ユニット。

・ベビードラゴン
範囲攻撃空ユニット。

・インフェルノドラゴン
相手の大型ユニットを処理する防衛ユニット。

・ディガー
ラヴァハウンドと合わせて出したり、防衛にも出せる使い勝手の良いユニット。

・盾の戦士
地上ユニットに対して防衛しやすい。(ペッカやアサシンユーノなど)

・ゴブリンの檻
墓石の代わり。ラヴァハウンドの後衛にリベンジゴブリンが出ると地味に厄介。

・ローリングバーバリアン
使い勝手の良い2コスト呪文。

・ポイズン
ラヴァハウンドと相性の良い呪文。

 

基本的な使い方

 ラヴァハウンドを後ろから出した瞬間に、逆サイドに特攻されても対応しやすいデッキとなっています。ゴブリンの檻で誘導後、リベンジゴブリンによるユニットに対しての攻撃が非常に強力です。墓石はファイアーボールやポイズンで簡単に対処されてしまうのに対し、ゴブリンの檻は呪文では対処できないのが強みですね。

主な攻め方は下記のとおりです。

  • ラヴァハウンド+ディガー:ラヴァパピィの攻撃が通りやすくなります。また、ラヴァハウンドを攻撃しているユニットに対してディガーを出すのが強力です。
  • ラヴァハウンド+ベビードラゴン+インフェルノドラゴン:シンプルですが非常に強力。カウンターする際はこの形が理想形です。
  • ディガー+ポイズン:終盤に残りHPが少ないタワーを削る際に効果的。

 

意識するべきポイント

 ラヴァハウンドを出すタイミングは、他のラヴァハウンドデッキに比べてあまり気にしなくても大丈夫です。特に相手のデッキが地上ユニット主体の場合は、ゴブリンの檻や盾の戦士で対処するとかなり効果的です。

 兎に角、ラヴァハウンドをできるだけ多く出す必要があります。バルーンが居ないので火力は少し低いので、ディガーやポイズンでタワーを削っていく状況も多くなりますので、攻め手の1つとして覚えておくと良いでしょう。

 

まとめ

 最初はラヴァハウンドを出してタワーにダメージを与え、ある程度タワーにダメージを与えたらディガーやポイズンで削るのが定石のデッキとなっています。グラチャレで大人気のデッキなので、実力は折り紙付きですね。使いこなすまでは時間かかりますが、それぞれのカードの使い道も明白なので慣れるのは早いデッキです。使いこなせればかなり強力なので、時間をかけて練習するのも良いでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.