クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ「熟練度を高めると相性を覆せると分かる試合」

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match2 SET3 KOH」の試合を考察していきます。SET1.2はどれも拮抗した面白い試合が続いていたので、SET3 KOHも試合が始まる前から好ゲームが予想されていました。実際に非常に面白い試合が繰り広げられたので、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1の概要

  • 日本、韓その他のアジア諸国および地域が所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 外国人選手は各チーム2名まで
  • 12チームはグループA、グループBに分けられる(各地域均一に2チームずつ)
  • 2つのPhaseに分かれる、Phase1はグループ内での総当たり戦、Phase2はグループAとBのチームが対戦する交流戦
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット選手で勝利(最大3セット)
  • 各セット BANピックルールを採用
  • 各セット タイブレーカールールを採用
  • セット1 2on2 各チーム2名選出
  • セット2 1on1 各チーム1名選出
  • セット3 KING PF THE HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH2 Talon vs OP GAMING

【動画】2:39:40~

 

 

セット3  KOH GAME1

Talon メンバー Xiake選手

BANカード ライトニング

OP GAMING  メンバー Asher選手

BANカード メガガーゴイル

 

GAME1 デッキ構成

Xiake選手のデッキ構成

基本的なラヴァハウンドデッキです。

 

Asher選手のデッキ構成

プリンス入りのゴーレムデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

序盤、両者睨み合いが続く。エリクサー2倍タイムまでお互いに動かず。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

中盤、エリクサー2倍タイムになってXiake選手はラヴァハウンドを、Asher選手は逆サイドにゴーレムを展開。

Xiake選手はインフェルノドラゴンでゴーレムを素早く処理。一方のAsher選手はラヴァハウンドをうまく処理できずタワーにダメージを負う。

中盤はXiake選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

終盤、Xiake選手が後ろからラヴァハウンドを出してからAsher選手が後ろからゴーレムを展開。

ゴーレムがタワーに届く前にラヴァハウンドの攻撃によってタワーを折ることに成功。

1vs0でXiake選手の勝利。

 

GAME1 試合考察

ゴーレムは出すタイミングが非常に重要

Xiake選手が1番後ろにラヴァハウンドを出してから、Asher選手は1番後ろにゴーレムを出しました。今回の試合のような状況だと、Asher選手はラヴァハウンドの攻撃をしっかりと防衛してからゴーレムを出し、カウンターに繋げる選択をするべきだったように思えます。

やはり、ゴーレムデッキはゴーレムの出すタイミングが非常に重要ですね。冷静に状況を見極めてゴーレムを出すように心掛けることだ大切ですね。

また、この試合中にトラブルが続出しており、何回も試合が中断していました。そのため、Asher選手は集中力が切れてしまった可能性も考えられます。トラブルは仕方ないとはいえ、悔やまれる結果となりました。

 

 

セット3  KOH GAME2

Talon メンバー Xiake選手

BANカード ライトニング

OP GAMING  メンバー DDaB0ngTV選手

BANカード メガガーゴイル

 

GAME2 デッキ構成

Xiake選手のデッキ構成

バルキリー入りのスケラデッキです。

 

DDaB0ngTV選手のデッキ構成

プリンス型枯渇デッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

序盤、Xiake選手がローリングバーバリアンを発動した瞬間にDDaB0ngTV選手はゴブリンギャングを展開。

Xiake選手は苦しい防衛を強いられてしまい、DDaB0ngTV選手は4エリクサーアドバンテージをとることに成功。

すかさずDDaB0ngTV選手はディガー+コウモリで攻撃するがXiake選手はダメージを最小限に留めることに成功。

序盤は若干DDaB0ngTV選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

中盤、DDaB0ngTV選手のプリンスによる攻撃をXiake選手はスケルトンラッシュで防衛。特殊な防衛でダメージを最小限に留めていく。

中盤もDDaB0ngTV選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

終盤、DDaB0ngTV選手は吹き矢ゴブリンを中央に出し、うまく両サイドのユニットに対して攻撃を当てていく。

Xiake選手のスケルトンラッシュによる攻撃も綺麗に防衛し、DDaB0ngTV選手は地道にタワーにダメージを与えていく。

DDaB0ngTV選手の流れそのままに1vs0でDDaB0ngTV選手が勝利。

 

GAME2 試合考察

吹き矢ゴブリンを使った防衛が上手かった

DDaB0ngTV選手は吹き矢ゴブリンを上手に扱い防衛していました。

橋前中央に吹き矢ゴブリンを出して両サイドの防衛を行ったり、スケルトンラッシュ+ポイズンの攻撃をポイズンの効果範囲外に吹き矢ゴブリンを出して防衛に成功。スケラデッキの攻め手の1つを見事に完封する使い方となりました。

DDaB0ngTV選手は、序盤から流れを掴みながらもそのまま攻め急がずに防衛を確実にこなしていました。スケルトンラッシュ+ポイズンの強力な攻撃に対して完璧な防衛を終始、正確に行なっていたことが勝因の1つでしょう。

 

 

セット3  KOH GAME3

Talon メンバー SB選手

BANカード ライトニング

OP GAMING  メンバー DDaB0ngTV選手

BANカード メガガーゴイル

 

GAME3 デッキ構成

SB選手のデッキ構成

ロイホグデッキです。両サイドに対応することができます。

 

DDaB0ngTV選手のデッキ構成

ライトニングドラゴン入りのゴーレムデッキです。

 

GAME3 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

序盤、SB選手は後衛ユニットをつけてロイヤルホグをセパレート。DDaB0ngTV選手はトルネードを発動してキングタワーの起動に成功するが両タワーにそこそこのダメージを与えられてしまう。

序盤はSB選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

中盤、SB選手が後ろからホバリング砲を出した直後に、DDaB0ngTV選手は後ろからゴーレムを展開。その隙をついてSB選手は逆サイドにアサシンユーノを展開。しかし、DDaB0ngTV選手はそれを無視。さらにホバリング砲も無視しタワーにダメージを許容。

そのままゴーレムに後衛ユニットをつけて、DDaB0ngTV選手はタワーを折ることに成功。

中盤はDDaB0ngTV選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

終盤、SB選手の猛攻を雪玉や序盤に起動したキングタワーの攻撃によってギリギリの防衛をし続ける。

粘ったDDaB0ngTV選手が1vs0で勝利。

 

GAME3 試合考察

ゴーレムデッキはダメージ許容が重要

今回の試合では、ゴーレムデッキを使う上で重要な要素の1つであるダメージ許容の仕方を学べる試合でした。序盤、完璧な防衛をすることができないと判断し、キングタワーの起動を優先しました。

キングタワーの起動に成功したからこそ、中盤のアサシンユーノを悠々と無視することができたのでしょう。

先ほどの試合は、ゴーレムを出すタイミングの重要性を痛感できましたが、今回の試合ではダメージ許容の重要性を学べる試合となりました。

 

 

セット3  KOH GAME4

Talon メンバー Master Hong選手

BANカード ライトニング

OP GAMING  メンバー DDaB0ngTV選手

BANカード メガガーゴイル

 

GAME4 デッキ構成

Master Hong選手のデッキ構成

ライトニングドラゴン入りのゴーレムデッキです。

 

DDaB0ngTV選手のデッキ構成

エリクサーポンプ入りの攻城バーバリアンデッキです。ライトニングドラゴン入りのゴーレムデッキと相性が良いデッキとなっています。

 

GAME4 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

序盤、お互い中型ユニットを展開しながら様子見。デッキの探り合いが行われる。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

中盤、DDaB0ngTV選手がエリクサーポンプ展開直後、Master Hong選手はゴーレムを展開。すかさずDDaB0ngTV選手は逆サイドに攻城バーバリアンを展開。Master Hong選手はコウモリのみで防衛。

DDaB0ngTV選手は、ゴーレムの防衛からカウンターに繋げてタワーにダメージを与えていく。

中盤はDDaB0ngTV選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

終盤、Master Hong選手のゴーレムによる猛攻をDDaB0ngTV選手防衛しきれず、タワーを折られてしまう。

1vs0でMaster Hong選手の勝利。

 

GAME4 試合考察

相性を覆した熟練度の高さ

Master Hong選手のゴーレムデッキ対策としてエリクサーポンプ入りのデッキを使ってきたDDaB0ngTV選手でしたが、相性を覆しMaster Hong選手が勝利しました。

DDaB0ngTV選手はゴーレムデッキの後衛ユニットの処理の仕方が上手くいかなかったように思えました。ベビードラゴンとライトニングドラゴンにガーゴイルの群れを出してしまい、5エリクサーのビハインドを背負う結果となりました。

相性が悪くても熟練度の差で勝つことができると明確に気づかせてくれた試合でした。

 

 

セット3  KOH GAME5

Talon メンバー Master Hong選手

BANカード ライトニング

OP GAMING  メンバー X-BOW Master選手

BANカード メガガーゴイル

 

GAME5 デッキ構成

Master Hong選手のデッキ構成

ロイヤルホグデッキです。両サイドに対応することができます。

 

X-BOW Master選手のデッキ構成

スケラデッキです。防衛がしやすいデッキとなっています。

 

GAME5 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

序盤、Master Hong選手の攻撃が地味にタワーにダメージを与えていくがX-BOW Master選手はキングタワーの起動に成功。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

中盤、Master Hong選手の攻撃をX-BOW Master選手は両サイドのタワーにダメージを分散していく。防衛後、スケルトンラッシュ+ポイズンでカウンター。少しずつタワーにダメージを与えていく。

中盤はX-BOW Master選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

Master Hong選手は不利な状況をそのまま打開できず、完璧に防衛されてしまう。

そのままスケルトンラッシュ+ポイズンで削りX-BOW Master選手が1vs0で勝利。

 

GAME5 試合考察

スケラデッキのお手本

スケラデッキは自分から攻撃せずに、防衛してからカウンターに繋げることで最大限の力を発揮することができます。

X-BOW Master選手は終始防衛からのカウンターで適所にトルネードを使ってタワーダメージを与えていく見事な攻撃をしていました。

防衛では、Master Hong選手のロイヤルホグを墓石で釣り、序盤にキングタワーを起動させたことで中盤以降の防衛を楽にすることができました。

キングタワーの起動は序盤であればあるほど効果的なので、ある程度のダメージを許容しながら先を見越してキングタワーの起動を優先させたX-BOW Master選手は流石プロといった印象を受けました。

 

MATCH2 SET3 の感想

 適所で魅せる高レベルなテクニックはもちろん、それぞれのデッキの熟練度の高さが垣間見えました。特に、MasterHong選手のゴーレムデッキ。ライトニングデッキ入りのゴーレムデッキを使うためにライトニングをBANしたのではないかと解説のドズルさんはお話しされていました。

 またGAME4では、DDaB0ngTV選手がMaster Hong選手のゴーレムデッキを対策したエリクサーポンプ入り攻城バーバリアンデッキを使用してきましたが、相性不利を見事に覆し勝利しました。

 熟練度が高ければ、相性を覆すことができる例を見ることができ、1つのデッキを使い続ける重要性を再確認することができました。たくさんのデッキを使いなせるようになるのも大事ですが、得意なデッキを1つ見つけ熟練度を極限まで高めるのも大事だなと強く感じたゲームでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.