クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ「メンタル面、運要素が感じられた試合」

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match3 SET2 1on1」の試合を考察していきます。技術だけでない、メンタル面や運要素が勝敗に影響したように思える面白いゲームでしたので、それぞれを振り返っていきましょう。

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1の概要

  • 日本、韓国、その他のアジア諸国および地域が所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 外国人選手は各チーム2名まで
  • 12チームはグループA、グループBに分けられる(各地域均一に2チームずつ)
  • 2つのPhaseに分かれる、Phase1はグループ内での総当たり戦、Phase2はグループAとBのチームが対戦する交流戦
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット選手で勝利(最大3セット)
  • 各セット BANピックルールを採用
  • 各セット タイブレーカールールを採用
  • セット1 2on2 各チーム2名選出
  • セット2 1on1 各チーム1名選出
  • セット3 KING PF THE HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

 

MATCH3 SANDBOX Gaming vs Bren Esports

【動画】3:36:55~

 

SET2  1on1 

SANDBOX Gaming メンバー Sado選手

BANカード プリンス

Bren Esports メンバー Tobi Spirithawk選手

BANカード ラヴァハウンド

 

GAME1 デッキ構成

Sado選手のデッキ構成

ライトニングドラゴン入りのロイジャイデッキです。

 

Tobi Spirithawk選手のデッキ構成

ライトニングドラゴン入りのゴーレムデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

序盤、Sado選手がロイヤルジャイアントを橋前に出し攻撃。すかさずTobi Spirithawk選手は防衛ユニットを出すがポイズンを発動されてしまい処理される。

序盤はTobi Spirithawk選手がダメージを少し与え若干有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

中盤、Tobi Spirithawk選手はゴーレムを後ろから展開するがSado選手は綺麗に防衛、カウンターに繋げていく。Sado選手、大幅にダメージをアドバンテージをとることに成功。

中盤はSado選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

終盤、Tobi Spirithawk選手は防衛にコストを使わされゴーレムを中々出すことができず、じり貧の展開が続く。

しかし、ゴーレムを使わずにランバージャックやライトニングドラゴンを使って一気に残りHP1800のタワーを折ることに成功。

1vs0でTobi Spirithawk選手の勝利。

 

GAME1 試合考察

勝ち急いでしまった

 勝負が決まった場面を振り返ってみると、Sado選手は橋前にロイヤルジャイアントを出したがTobi Spirithawk選手はライトニングドラゴン+盾の戦士で防衛しました。そして、そのまま防衛に使ったユニットがほとんど生き残りカウンターに繋げてタワーを折りました。この一瞬でSado選手は、6エリクサーアドバンテージをとられてしまいました。

 確かに、ゴーレムデッキに対してはゴーレムを出させないように防衛にエリクサーを使わせるということが重要ですが、ロイヤルジャイアントを橋前に出してまで攻める必要は無かったかなと思います。勝ち急いでしまった感が否めません。

 相手がいくらゴーレムデッキでワンチャンスをものにされる可能性があるとはいえ、冷静に状況を見極めることを常に心掛ける大切さを実感じたゲームでした。

 

 

GAME2 デッキ構成

Sado選手のデッキ構成

ロイジャイデッキです。防衛がしやすいデッキとなっています。

 

Tobi Spirithawk選手のデッキ構成

エリクサーポンプ入りのロイホグデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

序盤、Tobi Spirithawk選手がエリクサーポンプを出すが、Sado選手はそれに対応するカードが手札に無くエリクサーアドバンテージをとられてしまう。

序盤はTobi Spirithawk選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

中盤、Tobi Spirithawk選手はエリクサーポンプを出しながらアサシンユーノ、ロイヤルホグで細かく攻撃していきSado選手に攻撃の形を作らせない。

中盤もTobi Spirithawk選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン1 Week1 Match1~3/Youtube

終盤、Sado選手は、じり貧の展開を打破するべくロイヤルジャイアントを出して攻めの形を作ろうとするが簡単に処理されてしまう。その後、一方的にTobi Spirithawk選手が攻め続けて試合終了。

1vs0でTobi Spirithawk選手の勝利。

 

GAME2 試合考察

クラロワの運要素が垣間見えた

クラロワの運要素である「最初の手札の組み合わせ」によって勝敗が分かれた試合のように思えます。Tobi Spirithawk選手がエリクサーポンプを出した場面で効果的な行動は「1.速攻あるいは、攻めの形を作る。2.エリクサーポンプを壊す。」になります。しかし、Sado選手は墓石を出してその後にベビードラゴンを出していました。

 Sado選手のデッキでやれたことは「1.ロイヤルジャイアントを橋前に出す。2.ライトニングでエリクサーポンプを壊す。」です。おそらく、最初の手札にロイヤルジャイアント、ライトニングが無かったのでしょう。Sado選手は手札を回すしかなかったのです。そして、序盤からエリクサーポンプ分のアドバンテージを丸々得たことで、一方的なTobi Spirithawk選手ペースの試合になりました。

 Sado選手の最初の手札にライトニングあるいは、ロイヤルジャイアントがあれば勝敗はどちらに転んでいたか分からなかったのではないでしょうか。

 

 

MATCH3 SET2 の感想

 クラロワの勝敗を分ける際に、技術ではない他の要素が垣間見えた面白い試合でした。勝ち急いで負けてしまったメンタル面の要素は非常にスポーツらしく、大会ならではの緊張感を選手から感じ取ることができました。

 大会観戦の醍醐味はハイレベルのテクニックを見るだけではなく、こういったメンタル面の要素や運要素から観戦している側も感情移入できるところだと思います。それは決してプレイしているだけでは分からないことなので、違った観点からクラロワを楽しむことができます。あまり大会を観戦しない方は是非1度、リアルタイムで観戦することをおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.