クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】流行りつつある、ゴブリンの檻入り「枯渇ロイジャイデッキ」

 どうも、IGです。今回はゴブリンの檻を入れた「枯渇ロイジャイデッキ」を紹介します。呪文枯渇とロイヤルジャイアントでの攻撃といった2つの攻め方がある少し変わったデッキとなっています。相性が悪いデッキは比較的少ないので、着実にトロフィーを上げたい方におすすめのデッキです。

 早速ですが、「枯渇ロイジャイデッキ」のデッキ構成や基本的な使い方、意識するべきポイントを解説していきます。

 

枯渇ロイジャイデッキ:デッキ構成

・ロイヤルジャイアント
このデッキの攻め手の1つ。

・メガナイト
防衛に長けた地上ユニット。

・コウモリ
ザップ枯渇カード。唯一の空ユニット。

・ゴブリンの檻
とりあえず設置しておくだけで効果的。

・ゴブリンバレル
ローリング枯渇カード。ゴブリンバレル+メガナイトで攻めるのが強力。

・プリンセス
ローリング枯渇カード。呪文が無いデッキなのでプリンセスの範囲攻撃は貴重。

・吹き矢ゴブリン
ローリング枯渇カード。防衛に上手く使っていきたい。

・スケルトンの群れ
ザップ&ローリング枯渇カード。積極的に出していきたい。

 

基本的な使い方

 基本的に、序盤は相手の呪文を枯渇させるように攻めて、ローリングウッド、ローリングバーバリアン、巨大雪玉を上手く発動させ、タワーにダメージを与えられなさそうな場合はロイヤルジャイアントを中心に攻めましょう。この2つの攻め手を駆使して戦うデッキとなっています。このデッキは、相手のデッキに対して柔軟に対応することができます。

 ザップ、巨大雪玉が無い敵に対してはコウモリ、スケルトンの群れを積極的に出してアドバンテージをとっていきましょう。防衛する際にコウモリ、スケルトンの群れを単体で出すのは絶対にしないでください。最速でザップを発動されると大幅にダメージを与えられるからです。

 ローリングウッド、ローリングバーバリアンが無い敵に対してはプリンセス、吹き矢ゴブリンを積極的に出してペースを掴んでいきましょう。防衛からペースを作っていくことで相手に攻めの形を作らせないようにすることができます。

 また、枯渇デッキと見せかけて終盤に、不意にロイヤルジャイアントを出すことで相手の不意を突くこともできます。基本的に枯渇デッキに対しては、攻めの形を強引に作ることで勝ちやすくなります。その為、終盤に相手が攻めの形を作ろうと後ろからペッカなどを出した瞬間に、橋前にロイヤルジャイアントを出したりするとかなりのダメージを与えることができます。

 

意識するべきポイント

 相手のデッキをいち早く把握することを意識して立ち回りましょう。序盤は、相手のデッキが分かるまで無理に攻めず堅実な防衛をすることを意識し、相手のデッキをある程度予測することができたら呪文枯渇、ロイヤルジャイアントのどちらか効果的な攻め方を選んで攻めていきましょう。

 このデッキを使いこなすには、細かい技術が必要というよりは柔軟な思考が必要です。相手の出方を伺ったり、手札を把握したりといったことをしっかり意識することで勝率が高くなっていくでしょう。

 

まとめ

 「枯渇ロイジャイデッキ」は他のデッキとは少し毛色が違うので、慣れるまでは使いにくいかもしれません。呪文も入っていないのでユニットで全ての攻撃を対処する必要があるので、少しのミスが命取りになります。堅実な防衛ができるようにまずは練習してみて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.