ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】上級者を参考にした最適なゲーム内設定

フォートナイト設定2019071801

 まもなくワールドカップが迫っていますが、今回はワールドカップ出場者たちやフォートナイト上級者はどのようなゲーム内設定で快適なプレイを生み出しているのか個人の見解も踏まえて解説していきます。

*今回のゲーム内設定はPCを想定したものとし、モニターは240hzモニターを使用しているものとします。

 

基礎知識

 基本設定は「不便にならないところまで落とせ」です。理由としては、競技シーンでのゲームというのはフレームレート(FPS)というのが勝敗を分ける重要な要素になってきます。フレームレート(FPS)というのは、1秒間に何枚描画するかというものです。単位は、「FPS」(frames per second)で、「コマ/秒」を表します。

 これが低くなると、動作が重く感じたりカクカクに感じることがあり、撃ち負けに繋がることもあります。フレームレート低下を起こす原因となるのが、フォートナイト内の画質を上げ過ぎやエフェクトを上げ過ぎたりすることです。最終盤になるとプレイヤーや建築がサークル内に密集しPCに負荷が掛かるので、それを防ぐために競技シーンのゲーマーはPCに負荷をかけない設定まで落とし快適なプレイを生み出しています。

 

画面設定

画面設定201907180101

 ウィンドウモードはフルスクリーンが基本です。フルスクリーンでないとせっかくFPSが240出ていても60FPSしか描画されません。基本解像度は1920×1080 16:8にしましょう。下げると敵を発見しにくくなる可能性があります。最大フレームレートは自分のモニターのリフレッシュレートに合わせましょう。描画距離は「近い」または「中」が良いでしょう。シューティングゲームにおいて「エピック」でなくて大丈夫なのかという意見があると思いますが、フォートナイトでは「中」でほとんど十分な描画距離は確保できます。逆に「エピック」だと終盤になるにつれてFPSの低下につながるので気を付けましょう。(一部競技プレイヤーには序盤エピックで中盤から終盤は近い、とゲーム中に切り替えているプレイヤーもいるほどです)

 影、アンチエイリアス、テクスチャ、エフェクト、ホストプロセスは「オフ」または「低」にしておきましょう。ここはすべて「低」にしているプロプレイヤーも多くいます。PCスペックに余裕のある人はエフェクトを「中」にしてもいいかもしれません。理由としては、宝箱が光ってるのが遠くからでも確認できることなどが挙げられます。しかし、爆発物が使用されたときのエフェクトも大きくなるので気を付けましょう。

 「Vsync」「モーションブラー」「マルチスレッドレンダリングを許可」はすべてオフにしましょう。これらは直接FPSが下がる原因になります。FPSの表示に関しては、最適な設定を見つけるために最初はオンにしておきましょう、右上に表示されるので終盤どれくらいFPSが下がるのか確認してPCスペックに見合った設定にしましょう。

 

操作オプション設定

201907180102

 デフォルトダッシュはオンをおすすめします。オンにすることでダッシュキーの分が浮くので他に当てることができます。ターボ建築は「必ずオン」にしましょう。クリック長押しで建築を次々と出せる設定です。オフの人はほとんどいないです。

 武器の自動回収はオフがオススメです、オンにしていると必要なものが取れずにほかのものを拾ってしまう場合があります。消耗品を右側に自動ソートはオンがいいでしょう、回復アイテムや移動系アイテムをアイテム欄の右へ自動で持って行ってくれる機能なので初動にて敵前でポーションを飲む事故が減るでしょう。他は自分のお好みで大丈夫です。

 

マッチメイキング地域&感度設定

 マッチメイキング地域は自分の地域を選択しましょう。日本に住んでいれば「アジア」を選択しましょう。他地域を選択すると回線が悪くなりまともにプレイできない可能性があります。

 感度に関しましては、「必ず自分に合った感度を見つける」ことが大事です。プロゲーマーやストリーマーの感度設定を参考にするのはいいのですが、有名なあの人が変えたから変えるというのはオススメしません。自分で自分に合った感度を見つけましょう。

 ゲーム内での感度を決める要素は2つあります。1つはマウスDPI設定、もう1つはゲーム内感度です。今回例に出している画像はDPI400のゲーム内感度0.108です。DPI400というのはとても低く、特殊といえます。DPIが低いと普段のマウスカーソル自体の動きも遅くなり、インベントリ内でのカーソルの動きも遅くなります。

 マウスのX軸Y軸の感度設定が終わったら、マウスターゲット感度を設定しましょう。こちらはショットガンやSMGをADS(右クリックで覗き込んだ状態)の際の感度です。ここを1にすると覗き込んでいない時と同じ感度になります。

 次にスコープ使用時マウス感度を設定します。こちらはSRやスコープ付きアサルトなどスコープを覗き込んだ際の感度です。こちらも先ほど同様1にすると覗き込んでいない時と同じ感度になります。クリエイティブなどで射撃練習を重ねて自分に合った感度設定を見つけましょう。

 ここまで紹介してきたものはあくまでプロゲーマー設定を参考にし、個人的にワールドカップ予選やアリーナモードをやったうえで快適にできた設定です。正解はありませんので、自分のPCやプレイスタイルに合ったを目指しましょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.