クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】防衛重視のバルーンデッキ「ポンペヨバルーンデッキ」

 どうも、IGです。今回はメキシコの古参有名プレイヤー「ポンペヨ」さんの得意デッキである「ポンペヨバルーンデッキ」を紹介します。実際にグローバル上位に入ったデッキなので、デッキパワーは折り紙付きです。バルーンデッキの中では現環境最強といっても過言ではないデッキとなっています。早速ですが、「ポンペヨバルーンデッキ」の構成や基本的な使い方、意識するべきポイントを解説していきます。

 

ポンペヨバルーン

デッキ構成

 ・バルーン
このデッキの攻め手の中心となるユニット。

・インフェルノドラゴン
体力の多いユニットを処理する空ユニット。

・メガガーゴイル
攻撃力が高い空ユニット。小物系ユニットには弱い。

・ディガー
相手の後衛ユニットをピンポイントで処理できるユニット。バルーンと組み合わせると効果的。

・アイスゴーレム
バルーンの前に出すと効果的な盾ユニット。地上ユニットに対する防衛にも使える。

・ゴブリンの檻
中央に誘導できる建物カード。破壊後に出てきたリベンジゴブリンがバルーンの盾にもなる。

・ザップ
ファイアーボール+ザップで後衛ユニットを処理。コウモリなどの小物系ユニットにも効果的。

・ファイアーボール
ファイアーボール+ザップで後衛ユニットを処理。終盤の削りにも使える。

 

基本的な使い方

 防衛しやすいカードばかりなので、基本的に防衛をしてからバルーンによるカウンターに繋げていくデッキとなります。

 インフェルノドラゴンやメガガーゴイルで防衛した場合は、タワーのターゲットをアイスゴーレムorディガーに取らせながらバルーンで攻撃します。理想の形はアイスゴーレムを盾にして、相手が防衛に出してきたカードに対してディガーを出すといった形です。ガーゴイルやホバリング砲などの空ユニットに対しては、ファイアーボールで処理、コウモリ、槍ゴブリンに対してはザップで処理していきましょう。

 バルーンの攻撃を複数回タワーに届けるのは非常に難しいので、1.2発タワーに攻撃することができたら防衛を中心に行い、バルーンの爆破ダメージやディガーによる攻撃でじわじわとタワーにダメージを与えていきます。ディガーを出す際は、位置をこまめに変えることを忘れないようにしましょう。

 

意識するべきポイント

 とにかく防衛重視のデッキなので、防衛を確実にこなしていきましょう。相手に攻めの形を作らせないようにすることも重要になります。ゴーレムデッキに対しては、逆サイドにバルーンで速攻を仕掛けることも選択肢の1つに持っておきましょう。

 また、全てのバルーンデッキに共通することですが、バルーンに対して出してくるカードを予測し、どのカードで対応するかをしっかり判断できるようにしましょう。

 

バルーンに対しての防衛に対する対処方法

  このデッキで、バルーンに対して出してきた相手のカードの対応方法を簡単に紹介します。

  • ガーゴイル → アイスゴーレム+ザップ or ファイアーボール
  • ホバリング砲 → ファイアーボール
  • コウモリ → ザップ
  • 槍ゴブリン → ザップ
  • トルネード → トルネードを使わせた後にバルーンを出す
  • アイスウィザード → 単体の場合はディガーやメガガーゴイルで処理、アイスウィザード+αの場合は完封されやすいのであまり出せない
  • アーチャー → ディガー or ファイアーボール
  • 吹き矢ゴブリン → メガガーゴイル or ファイアーボール
  • ベビードラゴン → メガガーゴイル
  • エレクトロウィザード → ディガー or ファイアーボール+ザップ
  • マスケット銃士 → ディガー or ファイアーボール+ザップ
  • ザッピー → ファイアーボール
  • マジックアーチャー → ディガー or ファイアーボール
  • インフェルノドラゴン → メガガーゴイル 
  • ネクロマンサー → ザップ(1発タワーに届く)
  • アウトロー → ディガー(アウトローガールを処理) or ファイアーボール
  • 執行人ファルチェ → ザップ(1発タワーに届く) or ディガー(ファルチェの背後に出す)
  • ウィザード → ディガー or ファイアーボール+ザップ
  • ガーゴイルの群れ → ファイアーボール
  • 三銃士 → ファイアーボール+ザップ
  • 暮石 → ファイアーボール
  • オーブン → ディガー
  • ゴブリンの檻 → メガガーゴイル
  • インフェルノタワー → ディガー+ザップ(ディガーにターゲット変更させる)
  • ロケット → 積極的にバルーンを出してエリクサーアドバンテージを取りにいくのもあり

 

まとめ

 防衛がしやすい反面、攻め手が少ないデッキなので、いかに1回目のバルーンの攻撃を通すかが重要になります。相手の防衛カードを事前に予測し、迅速に最適な対応を出来るように練習しましょう。序盤は相手のデッキを探り、中盤はバルーンの1発を確実にタワーに届け、終盤はディガーで削り切るというのが理想的な展開なので、この展開を目指して練習してみて下さい。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.