オートチェス ゲーム

【オートチェス】6ウォリアーのおすすめ構成や配置、特徴を解説

 どうも、IGです。今回はオートチェスの「6ウォリアー」のオススメ構成や配置などを解説していきます。「6ウォリアー」は安定的に勝てる構成なので、初心者におすすめのデッキとなっています。

 

ウォリアーシナジーの効果

駒数効果
3味方のウォリアー全員の物理防御が6上がる。
6味方のウォリアー全員の物理防御が7上がる。
9味方のウォリアー全員の物理防御が8上がる。

物理攻撃をしてくる敵に対してはほとんど負けることはありません。

 

ウォリアーの駒

駒名種族コスト
赤き斧の王オーク1
岩のスピリットエレメンタル1
セイウチボクサービースト1
剣聖オーク2
深海の守護者ナーガ2
人狼ビースト / ヒューマン3
海賊王ヒューマン4
バーサーカートロル4
終焉のデーモンデーモン4

コスト4以上のすべての駒が強力なので、早い段階で引けたらウォリアー構成を考えていきたいですね。

 

6ウォリアーの特徴

 ウォリアーは種類が多く、他のシナジーに比べて揃えやすくなっています。序盤はどのウォリアーでも良いので適当な組み合わせでシナジーを発動させ、中盤以降は強い駒に入れ替えていくといったことができます。また、熊のドルイド(ビースト)と非常に相性が良いです。

 

6ウォリアーの必須駒

6ウォリアーの必須駒は下記のとおりです。

  • 海賊王
  • 終焉のデーモン
  • 人狼
  • セイウチボクサー
  • バーサーカー
  • 熊のドルイド(ビースト)

 6ウォリアーにするために必要な残りの1体のウォリアーは、お好きなものでも問題ありませんが、「深海の守護者」をおすすめします。その理由は、深海の守護者を構成に入れることでマリーンシナジーを発動することができ、メイジシナジーを発動している敵に対して有利に戦うことができるからです。

 

6ウォリアーのシナジー例

最終的に発動したいシナジー例は下記のとおりです。

  • 6ウォリアー / 2ヒューマン / 4ビースト
  • 6ウォリアー / 2ヒューマン / 2ビースト / 2マリーン

4ビーストにする場合のおすすめ駒

 4ビーストにする場合は魔毒の芋虫がオススメです。魔毒の芋虫はビーストシナジーと相性が良く、召喚される魔毒の芋虫のトークンにも効果が付与され、1体1体のトークンがより強力になります。

2ビースト2マリーンにする場合のおすすめ駒

 2ビーストは必須駒のセイウチボクサーと熊のドルイドで発動することができます。2マリーンにする場合はアクアハンター、セイレーンがオススメです。駒自体の性能が高いという理由でオススメしているので、止むを得ない場合は他のマリーンでも大丈夫です。

 

6ウォリアーを目指す状況とは

6ウォリアー構成を目指そうと考えるべき状況は下記のとおりです。

  • セイウチボクサー、人狼両方がよく引けた時
  • コスト4の強力なウォリアーが引けた時

コスト4のウォリアーが数種類引けた時は、そのまま6ウォリアーを目指すことで勝率がかなり安定します。

 

6ウォリアーのメリット

 6ウォリアー構成のメリットは、ウォリアーは1体1体の駒が強いので安定的に勝てるところです。同レベルの他のデッキに対して力負けするといったことはほとんどありません。

 

6ウォリアーのデメリット

 6ウォリアー構成のデメリットは序盤から中盤にかけて弱いところです。まず、コスト4の駒を組み込まなければ例え6ウォリアーシナジーを発動できたとしても勝つことが難しいです。また、中盤には複数体★2にレベルアップさせておかないと中盤戦で勝つことが難しくなります。運が悪ければ中盤戦で負け過ぎてしまい、構成を作ることができずに負けてしまうことがしばしばあります。

 

6ウォリアーのおすすめ配置

 ウォリアーを1番後ろに並べることで全ての駒が効果的に攻撃してくれます。高HPの熊のドルイドを前に出すことで自駒全体に満遍なくダメージが与えられるようになるので、結果として全ての駒が生き残りやすくなります。また、魔毒の芋虫が居る場合はウォリアーで囲んで守ってあげましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.