eスポーツ ゲーム フォートナイト 大会・イベント情報

【フォートナイト】W杯ソロ部門、圧倒的世界王者「Bugha」誕生

ワールドカップソロ2019072901

 待ちに待ったワールドカップソロファイナルが行われました。前日に行われたワールドカップデュオファイナルに出場している選手たちは、ワールドカップ会場の雰囲気やストームサージを経験しているのでやや有利かと思われますがどのような結果となったのでしょうか。

「フォートナイト」ワールドカップ詳細

 

<1試合目を制したのは「Bugha」選手>
1試合目から鳥肌の立つ戦いが繰り広げられました。ダイナミックなプレイの中にもテクニックが含まれていて、世界レベルの試合を再認識させられました。9キルビクトリーロイヤルと初戦から勢いをつけました。

<2試合目を制したのは「Skite」選手>
地形を有利に使い、勝利を確実に掴みました。きれいな落ち着いた立ち回りが印象的でした。

<3試合目を制したのは「Dubs」選手>
2試合目で2位と悔しい思いをしたDubs選手、高地を取られていた状態から落ち着いたエイムで見事ビクトリーロイヤルを獲得。

<4試合目を制したのは「psalm」選手>
最後の「Mongraal」選手との1vs1では、ショックウェーブグレネードを使った鮮やかなビクトリーロイヤルでした。立ち上がって喜ぶシーンが格好良く映りました。

<5試合目を制したのは「Kreo」選手>
1番下での移動で難しいと思われましたが、敵同士が撃ち合い始めたタイミングですかさず上へ行き、まさかのフリントノックピストルで敵を安置外へ飛ばし勝利したシーンは鳥肌モノでした。

<6試合目を制したのは「crue」選手>
近距離の戦いで7キルビクトリーロイヤルを収め、手放しで喜んでいました。乱戦の中でも落ち着いた素晴らしいエイムでした。

 

総合順位

RANKNAMEPOINTS
1Bugha59
2psalm33
3EPIKWHALE32
4Kreo30
5KING30
6crue27
7Skite26
8nayte26
9Riversan24
10Fatch24

 

 「ワールドカップ ソロファイナル」栄えある優勝は圧倒的な力を魅せつけたBugha選手でした。1試合目から9キルビクトリーロイヤルと勢いをつけ、ほとんどの試合でキルを稼いで高順位を収め、2位と26ポイントという大差をつけての堂々の1位となりました。Bugha選手はアクロバティックな動きをしつつも周りの状況把握能力が素晴らしく、IQプレイが目立ちました。アサルトライフルを飛んでる敵に全弾当てるという逸脱したプレイには驚かされました。

優勝者201907290101

引用:Fortnite World Cup Finals/Twitch

 

日本人選手

 今回、日本からは「TAKAMURA」選手と「Maufin」選手が出場していました。TAKAMURA選手は33位、Maufin選手は91位となりました。両選手とも緊張や会場の雰囲気に圧倒されて実力を出し切れなかったのように思えました。アジアではワールドカップレベルの練習の場がなかなか確保できないため悔しい思いをしたのではないでしょうか。ワールドカップ後の活躍にも期待したいですね。本当にお疲れ様でした。

まうふぃん選手201907290102

引用:Fortnite World Cup Finals/Twitch

TAKAMURA選手201907190103

引用:Fortnite World Cup Finals/Twitch

 以上で「フォートナイト ワールドカップ2019」は終了となりました。すべての人の心にも歴史にも残る素晴らしい大会であったと思います。

公式サイト
こちらから大会のアーカイブが確認できます。
Twitch
YouTube

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.