クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】プロの使用率が高い「ゴブジャイスパーキーデッキ」

 どうも、IGです。今回はプロの使用率が高い「ゴブジャイスパーキーデッキ」を紹介します。現環境ではトップクラスに強力なデッキです。攻め方が非常にシンプルなので、スパーキーの使い方さえ慣れてしまえば初心者でも使いこなせるデッキとなっています。早速ですが、「ゴブジャイスパーキーデッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。

 

ゴブジャイスパーキー

デッキ構成

 ・ゴブリンジャイアント
スパーキーの盾に出すと効果的な大型ユニット。

・スパーキー
地上ユニットに対して効果的な後衛ユニット。

・ハンター
攻撃力が高い対空ユニット。

・ダークプリンス
使い勝手の良い範囲攻撃ユニット。

・メガガーゴイル
攻撃力が高い空ユニット。3コストなので気軽に出せる。

・ザップ
コウモリなどの小物系ユニットに効果的な2コスト呪文。

・ローリングバーバリアン
ゴブリンなどの小物系ユニットに効果的な2コスト呪文。

・ライトニング
相手の後衛ユニットを処理する6コスト呪文。

 

基本的な使い方

 相手が攻めてきたところをスパーキーで防衛してから、ゴブリンジャイアントを前に出してカウンターに繋げるといった立ち回りが理想的です。スパーキーと相性が悪いエレクトロウィザードやライトニングドラゴンに対しては、積極的にライトニングを発動して処理するようにしてください。コウモリやゴブリンなどの小物系ユニットでスパーキーを処理してくる相手に対しては、ザップやローリングバーバリアンで素早く対処しましょう。

 

意識するべきポイント

 このデッキはゴブリンジャイアント+スパーキーの形をいかにつくることができるかがポイントになります。どちらのユニットも6コスト必要なので、エリクサーに余裕が無いと両方のユニットを同時に出すことは難しいです。その為、タワーダメージをある程度許容して、エリクサーを貯める必要があることを常に意識して立ち回りましょう。

 防衛に関しては、相手がゴーレムデッキやジャイアントデッキの場合は、同サイドにスパーキーを出して防衛すれば良いのですが、ラヴァハウンドやバルーンなどの空デッキに対しては、メガガーゴイルやハンター、ライトニングで防衛するしかないので、これらのカードは攻めに使わずに温存しておくことを意識してください。

 

まとめ

 先日行われた世界大会「WCG」のライキジョーンズ選手vsRoyal選手の試合でもゴブジャイスパーキーデッキが使用されていました。世界大会でも頻繁に使われる強力なデッキなので、トロフィーを上げたい方は是非一度練習してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.