クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】グローバル上位も使用する「ゴブリンの檻入りロイホグデッキ」

 どうも、IGです。今回は「ゴブリンの檻入りロイホグデッキ」を紹介します。グローバル上位プレイヤーも使用しているデッキですので、デッキパワーは折り紙付きです。早速ですが、「ゴブリンの檻入りロイホグデッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。

 

ゴブリンの檻入りロイホグデッキ

デッキ構成

・ロイヤルホグ
攻撃力は低いが安定してダメージを与えられるユニット。ファイアーボール枯渇カード。

・バーバリアン
地上ユニットに対して効果的な防衛ユニット。ファイアーボール枯渇カード。

・ホバリング砲
射程が長く、両サイドの防衛に使える空ユニット。ファイアーボール枯渇カード

・マジックアーチャー
射程が長く、両サイドの防衛に使えるユニット。ファイアーボール枯渇カード

・アサシンユーノ
攻防共に使える使い勝手の良いユニット。

・コウモリ
ロイヤルホグの後衛に出すと効果的な空ユニット。

・ゴブリンの檻
設置するだけで効果的な建物。防衛能力が高い。

・巨大雪玉
相手の小物系ユニットを処理する2コスト呪文。

 

基本的な使い方

 基本的にはカウンター仕様のデッキとなっています。このデッキの防衛の要となるユニットは、ホバリング砲やマジックアーチャーといった射程が長いユニットになります。これらのユニットを出す際は、両サイドの防衛ができるように中央付近に出すことを心掛けましょう。また、ゴブリンの檻で相手ユニットを中央に誘導することで、カウンターに繋げやすい防衛をすることができます。

 ロイヤルホグの弱点はファイアーボールなので、バーバリアンやホバリング砲、マジックアーチャーを出して、相手にファイアーボールを使わせたタイミングでロイヤルホグを出してください。そうすることで、ロイヤルホグの攻撃がタワーに届きやすくなります。相手がファイアーボールを温存してくる場合は、ロイヤルホグ+コウモリをセパレートして攻撃すると良いでしょう。

 

意識するべきポイント

 攻撃面では、ロイヤルホグをセパレートするかしないかの選択が重要になります。相手のデッキやタワーの残り体力などの状況にもよるのですが、基本的には範囲攻撃ユニットの有無でセパレートするかどうかを決めると良いと思います。ウィザードやファルチェの範囲攻撃によってまとめて処理されてしまうと、アドバンテージをかなりとられてしまうのでセパレートした方が良いでしょう。

 防衛面では、このデッキには火力の高いユニットがいないので、ゴブリンの檻で相手ユニットを誘導したり、巨大雪玉で遅延させることが重要になります。ゴブリンの檻は、リベンジゴブリンを用いてカウンターに繋げることができるので、積極的に出していきましょう。巨大雪玉は、盾ユニットと後衛ユニットにも当たるように発動することでアドバンテージをとりやすくなります。

 

まとめ

 このデッキは非常に強力で、ランキング上位に食い込むことが十分に可能です。ファイアーボールを枯渇させてロイヤルホグでしっかりと攻めることができれば、勝率がグッと上がるので練習してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.