オートチェス ゲーム

【オートチェス】6ゴブリンのおすすめ構成や配置、特徴を解説

6ゴブリン201908130301

 どうも、IGです。今回はオートチェスの「6ゴブリン」のオススメ構成や配置、特徴などを解説していきます。「6ゴブリン」は序盤に強く、序盤にゴブリンを重ねて引くことができれば連勝しやすくなり、ゴールドを貯めやすい構成となっています。

 

ゴブリンシナジーの効果

駒数効果
3ランダムで選ばれた味方の駒のアーマー+15、HPを毎秒10回復する。
6全ての味方の駒のアーマー+15、HPを毎秒10回復する。

 

ゴブリンの駒

駒名クラスコスト
ソウルブレイカーメカ1
ソールテイカーアサシン1
ヘブンボンバーメカ2
リッパーメカ2
アルケミストウォーロック4
デストロイヤーメカ5

 

6ゴブリンの特徴

 6ゴブリンは、味方の駒全員に効果が反映される強力なシナジーです。デストロイヤーを引くまで6ゴブリンシナジーを発動することはできないので、レベルを迅速に上げていくことが重要になります。

6ゴブリンのメリット

 ナイトやウィングスに対して相性が良いです。6ゴブリンは持久戦に持ち込むことができれば、ほとんどの構成に勝つことができます。

6ゴブリンのデメリット

 メイジやアサシンに対して相性が悪いです。これらの構成に対しては持久戦に持ち込むことができないからです。メイジに対しては、マリーンシナジーを合わせて発動することが必須になります。

 

6ゴブリンのシナジー例

最終的に発動したいシナジー例は下記のとおりです。

  • 6ゴブリン / 3ウォーロック / 2マリーン

ウォーロックのおすすめ駒

 ウォーロックのおすすめの駒は影の魔王、不死の教皇、闇のスピリットです。影の魔王は中盤を凌ぐためには必要不可欠な駒なので、優先的に購入してください。

マリーンのおすすめ駒

 マリーンのおすすめの駒は深海の歩行者、セイレーン、アクアハンターです。深海の歩行者は序盤から中盤にかけてアサシンシナジーを発動することができるので、凌ぎやすくなります。6ゴブリンを狙う際は必ず購入しておきましょう。

 

6ゴブリンを目指す状況とは

 6ゴブリン構成を目指そうと考えるべき状況は、序盤にゴブリンを重ねて引き、且つ中盤の戦闘に勝ち、体力が多く残っている時に目指すと良いでしょう。また、他のプレイヤーの構成が出来上がっている状況で6ゴブリンを目指すと、構成をつくる前に敗退するリスクが高くなります。他のプレイヤーの構成があまり出来上がっていない状況でのみ、6ゴブリン構成を目指すように心掛けましょう。

 

6ゴブリンのおすすめ配置

 デストロイヤーのスキルを早く発動できるように、前列に配置してMPを素早く貯められるようにしましょう。それ以外のゴブリンは中央付近に配置して、アサシンの駒は後列に配置しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.