eスポーツ ゲーム 大会・イベント情報 荒野行動

【荒野行動】「ちーむえーけー!!」荒野王者決定戦を制し、初代王者に輝く

 2019年8月12日(月・祝)、オンライン予選から始まった荒野行動初となるeスポーツ大会「荒野Championship~元年の戦い~」、最終決戦「荒野王者決定戦」が開催されました。最終決戦は配信サイトの他、会場でも観覧が可能とあって、今まで以上に白熱した盛り上がりに包まれました。

 また、最終決戦は従来の実況・解説の他、緊急企画としてOPENREC.TVにて副音声配信や、芸能人・有名配信者の方とのレジャーモードなど大規模なイベントとなりました。

 

 

大会ルール・賞金

<ルール>

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

・嵐の半島・激戦野原・東京決戦の各マップの順に戦いを行います。第4、5試合のマップは人気投票により決定したマップが用いられます。

・順位ポイントは対戦順位で付与されるポイントに加え、キルポイントも加算された合計ポイントによって決定されます。

 

<賞金>

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

 

第一試合:嵐の半島

初戦から劇的な試合展開が繰り広げられました。最終安全地帯に残った「抜く組」・「気持ちぃ」・「爪楊枝建築倶楽部」の一進一退の攻防を制したのは「爪楊枝建築倶楽部」。爪楊枝建築倶楽部は生存1名の中、三つ巴の状況を上手く立ち回り、最終1対1に勝利。大逆転と言っても過言ではない状況で、見事に初戦を勝利し会場を大いに沸かせました。

初戦の順位は下記の通りです。

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

第二試合:激戦野原

第二試合は後半遮蔽物の少ないエリアでの死闘が繰り広げられ、撃ち合いだけでなく、より高い頭脳戦が展開されました。最終安全地帯ではさらに遮蔽物がなくなり、動きの少ない中で一瞬の隙を突く戦いとなりました。その中で、より多くの味方を残していた「Eras」が勝利。激戦野原での試合を制しました。

第二試合の順位は下記の通りです。

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

第三試合:東京決戦

前の2試合と違った戦術が必要となる東京決戦マップ、高所からの戦いがメインとなる為、比較的ゆっくりとした試合展開が繰り広げられました。しかしながら、安全地帯が北方向になったことで多くのチームが移動を要し、移動中に一気に撃ち合う展開になりました。最終エリアも旧家屋が多いエリアでの戦いとなり、建物を利用した接近戦が行われ、東京決戦ならではの戦いとなりました。そんな戦いを制したのは「ちーむえーけー!!」。見事狭い範囲での撃ち合いを制しました。

第三試合の順位は下記の通りです。

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

第三試合までの途中順位は下記の通りです。

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

前半戦が終了し、高い順位に着けながらもキルポイントを稼いだ「ちーむえーけー!!」が1位に。2位「Eras」3位「爪楊枝建築倶楽部」とポイントは同率ながらも、各戦で勝利したチームが上位をキープする展開となりました。4位以降の結果を見ても、この最終決戦は順位もさることながら、キルポイントが重要なことが分かります。

 

第四試合:激戦野原

第四試合・第五試合のマップはTwitterでの人気投票で決定され、第四試合は「激戦野原」での対戦となりました。第二試合とはまた違った遠近での撃ち合いが各所で見られました。そんな中、多くの人数を残した「BsT」「Risky」、メンバー1人の「ちーむえーけー!!」の初戦に似た三つ巴となりました。建物を拠点にした「Risky」に対し、外からの「BsT」、チームを背負って残った「ちーむえーけー!!」と緊迫した展開となりました。最終的には建物3軒をそれぞれのチームが拠点とし、グレンネードを利用した戦いが繰り広げられましたが、最後は人数を抱えていた「Risky」が撃ち合いに勝利。初戦を彷彿とさせる試合展開となりました。

第四試合の順位は下記の通りです。

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

第五試合:嵐の半島

荒野Championship最終戦となる第五試合は順位だけではなく、キルポイントもとても重要になる最終決戦となりました。最終戦は第四試合の勝利チーム「Risky」の4名に対し、「DgGZWEI」「96〒」が1名で応戦する非常にスリリングな展開となりましたが、圧倒的な人数差と優位な位置を陣取った「Risky」が第四試合に続いて勝利する展開になりました。また、13キルポイントを獲得し、圧倒的な力を見せつけてくれました。

第五試合の順位は下記の通りです。

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

 

大会結果

優勝:ちーむえーけー!!:賞金10,000,000円

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

2位:Risky:賞金:4,000,000円

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

3位:DgGZWEI:2,000,000円

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

キルマシーン賞

Ak_Masα選手・DgGarus選手・DgGshu*選手

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

(3名同時受賞となった為、賞金は3人で分配)

 

 

ゲーム内情報

大会中にはゲーム内コンテンツの情報も発表されました。どの情報も荒野行動をより楽しくする情報です、今後の詳細発表にも非常に期待できる内容となっています。

■シーズン7

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

8月15日から「シーズン7」が開幕します。既にゲーム内でも情報が開示されていますが、夏をテーマにしたスキンやレジャーモードが登場します。この暑い時期ならではの新しいシーズン開幕まで残り僅か、大いに期待しましょう!

 

■荒野家宅システム

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

現時点で開発段階ではありますが、この家宅システムでは、プレイヤー自身の家を持つことができ、家具の配置や片付けができるようです。今まで入手した勲章なども飾ることができるのでしょうか。また、フレンド間で家の行き来が可能です。このシステムにより、今まで以上に荒野行動に愛着が湧くかもしれません。

 

■旧マップ更新

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

荒野行動のリリース当初から、今まで多くのプレイヤーが戦いを繰り広げてきた旧マップ「激戦野原」がリニューアルします。こちらも現段階では開発中ですが、今までの激戦野原の良い部分を残しつつ、グレードアップして登場するようです。先日のアップデートで射撃場もリニューアルしましたが、これ以上によりリアルなマップになり、戦闘に臨場感を感じることができるでしょう。

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

 

■進撃の巨人コラボ第3弾

引用:荒野Championship-元年の戦い- 荒野王者決定戦

2019年8月22日(木)~9月8日(日)まで、進撃の巨人コラボ第3弾が開催されます。荒野行動内でのイベントに参加することで、現在開催されている「進撃の巨人展」の無料入場チケットを得るチャンスもありますので、入場チケットをGETした方はご覧になってみてはいかがでしょうか。「進撃の巨人展」の詳細は下記の通りです。

<詳細>

期間:2019年7月5日(金)~9月8日
場所:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
住所:東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ森タワー

 

 

まとめ

 長きに渡り繰り広げられてきた荒野Championshipも閉幕となりました。今回優勝した「ちーむえーけー!!」の皆さん、おめでとうございます。また、惜しくも念願叶わなかったチームの皆さん、そしてオンライン予選から参加された多くの方々、本当にお疲れ様でした。

 この大会を通して、より一層荒野行動の魅力を感じた方も多いかと思います。大会だけではなく、ゲーム内コンテンツの追加情報などもあり、これを機に益々盛り上がりをみせること間違いなでしょう。

 

配信をまだご覧になっていない方は、下記よりご覧になれます。
公式Youtube
OPENREC.TV(副音声)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.