クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】WCG決勝戦、ミスのない洗練されたプレイング

 どうも、IGです。今回は7月21日(日)に開催されたクラッシュロワイヤル世界大会「WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 CRL Asia vs CRL West Match1 Game With vs SK Gaming 1on1 Rolaporon選手 vs SK sergioramos選手」の試合を考察していきます。世界の各地域の代表が集う今回の決勝戦は、世界トップクラスのプレイヤーばかりなので、彼らの卓越したプレイングに注目し、動画と併せて記事をご覧ください。

  • GAME1 17:50〜
  • GAME2 23:48~

 

 

WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 1on1

Game With メンバー Rolaporon選手

BANカード ゴブリンの檻

SK Gaming メンバー SK sergioramos選手

BANカード ベビードラゴン

 

GAME1 デッキ構成

Rolaporon選手のデッキ構成

ゴブリンの小屋入りロイジャイデッキです。今大会ではライキジョーンズ選手が使用していたデッキになります。

 

SK sergioramos選手のデッキ構成

ディガポイデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

引用:WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 CRL Asia vs CRL West

序盤、Rolaporon選手はロイヤルジャイアント+メガガーゴイルを橋前に出して速攻。SK sergioramos選手は、うまくインフェルノドラゴン+エレクトロウィザードで防衛し、残ったユニットがタワーにダメージを与えていく。

序盤はSK sergioramos選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 CRL Asia vs CRL West

中盤、Rolaporon選手はゴブリンの小屋、オーブンを建ててからロイヤルジャイアントを後ろから展開。SK sergioramos選手はインフェルノドラゴンで処理を試みるも、Rolaporon選手のエレクトロウィザードによって無効化されてしまい、タワーに大きくダメージを与えられてしまう。

中盤はRolaporon選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 CRL Asia vs CRL West

終盤、中盤でアドバンテージを取ったRolaporon選手が、そのまま試合の主導権を握り、最後はライトニングでタワーを折ることに成功。

1vs0でRolaporon選手の勝利。

Winner Rolaporon選手

 

GAME1 試合考察

 SK sergioramos選手は、ロイヤルジャイアントをインフェルノドラゴンの処理を試みましたが、Rolaporon選手はエレクトロウィザードでうまく対応し、ロイヤルジャイアントによる攻撃を通すことに成功しました。エレクトロウィザードはインフェルノドラゴンに対して非常に相性が良いので、SK sergioramos選手の攻め手の1つである、ロイヤルジャイアントに対する防衛方法を素早く把握し、攻撃を成功させたRolaporon選手の見事な勝利でした。

 

 

GAME2 デッキ構成

Rolaporon選手のデッキ構成

ゴブジャイスパーキーデッキです。今大会大活躍しているデッキですね。

 

SK sergioramos選手のデッキ構成

ジャイムートデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

引用:WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 CRL Asia vs CRL West

序盤、お互いにユニットを後ろから展開していき、攻めの形を作っていく。しかし、お互いにダメージを与えられないままエリクサー2倍タイムに突入する。

序盤は互角の状況。

 

中盤の流れ

引用:WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 CRL Asia vs CRL West

中盤、SK sergioramos選手のジャイアントに対して、Rolaporon選手はスパーキーで防衛を試みるが、SK sergioramos選手はうまくザップを発動し、スパーキーに攻撃をさせずに処理していく。スパーキーを無効化されたRolaporon選手は、タワーに大きくダメージを与えられてしまう。

中盤はSK sergioramos選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 CRL Asia vs CRL West

終盤、Rolaporpon選手がスパーキーを後ろから展開した瞬間に、SK sergioramos選手はすかさずジャイアント+ランバージャックを逆サイドの橋前に出して攻撃していく。しかし、Rolaporon選手はうまく防衛し、カウンターに繋げてタワーを折ることに成功。

1vs0でRolaporon選手の勝利。

Winner Rolaporon選手

 

GAME2 試合考察

 SK sergioramos選手は、スパーキーが攻撃するギリギリのタイミングでザップを発動し、スパーキーをうまく処理していました。スパーキーを直接的に処理する呪文などが無かった中で、うまく処理することができていました。

 一方、Rolaporpon選手はスパーキーをザップで無効化、逆サイド速攻などの対策をとられましたが、落ち着いてスパーキー以外のカードで防衛していました。この試合はRolaporpon選手の防衛力が光りました。

 

 

WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 Match1 1on1 結果

 WCG CRL Invitational 2019 決勝戦 Match1 1on1 の勝者は、Game With Rolaporon選手となりました。世界大会決勝戦ということで、両プレイヤー共にほとんどミスがなく、全てのプレイが洗練されていると感じました。スパーキーに対してザップを発動するのは、タイミングを一歩間違えれば大きくアドバンテージをとられてしまうのですが、SK sergioramos選手は最適なタイミングでミス無く発動していました。Rolaporpon選手はゴブリンジャイアントをユニットの前に出してカウンターに繋げる際に、ゴブリンジャイアントをギリギリのタイミングで先行させ、攻めの形を作っていました。こういったプレイングは非常に参考になるので、同じデッキを使う際は参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.