クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】環境が変わっても安定して強い「ペッカ攻城デッキ」

 どうも、IGです。今回は「ペッカ攻城デッキ」を紹介します。クラロワでよくある「せっかく練習したのに弱体化して次の環境で使えない...」ということが今までになく、無課金の方に最もおすすめしたいデッキになります。このデッキのほとんどのカードが弱体化されてきたにも関わらず、現環境でもトップクラスに強力なデッキなので、今後バランス調整が行なわれて環境が変わったとしても強力なデッキであることは間違いないでしょう。早速ですが、「ペッカ攻城デッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。

 

ペッカ攻城デッキ

デッキ構成

・ペッカ
大型地上ユニットに対して効果的なユニット。

・攻城バーバリアン
このデッキの攻め手となるユニット。

・ゴースト
範囲攻撃できる使い勝手の良いユニット。

・アサシンユーノ
突進攻撃が強力なユニット。

・エレクトロウィザード
インフェルノ系に効果的なユニット。

・ガーゴイル
防衛がしやすく、攻城バーバリアンの後衛につけると効果的な空ユニット。

・ザップ
相手の小物系ユニットを処理する2コスト呪文。

・ポイズン
相手の後衛ユニットを処理する4コスト呪文。

 

基本的な使い方

 相手の地上ユニットを枯渇させたタイミングで攻城バーバリアンやゴースト、アサシンユーノなどで攻撃していくのがこのデッキのコンセプトとなります。防衛する際は、できるだけゴーストやアサシンユーノの体力が残るように出すことが重要になります。ゴーストは透明になるので、少しでも体力が残っていればタワーに攻撃することができ、ゴーストに対して空ユニットを出してもノーダメージで抑えることはできないため、終盤になればなるほど相手の地上ユニットを引き出しやすくなります。アサシンユーノも突進攻撃があるため、ゴーストと同様に地上ユニットを引き出しやすいユニットとなります。防衛からカウンターに繋げて、相手の地上ユニットを引き出すことができれば次の攻撃が通りやすくなりますので、これらのユニットを防衛する際に積極的に使っていきましょう。

 

意識すべきポイント

 ペッカは、基本的に防衛時のみに出すことを意識してください。攻撃するために先に出してしまうとアドバンテージを取られやすいので、防衛で使用してカウンターに繋げるということを意識しましょう。防衛で使ったペッカの後衛に、攻城バーバリアンやエレクトロウィザード、ガーゴイルを出すことで強力なカウンターに繋げることができます。相手が小物系ユニットでペッカを処理してくると予想できる場合は、ポイズンを事前に発動しておくと良いでしょう。

 

まとめ

 地上ユニットを引き出すデッキと言えば難しく感じるかもしれませんが、使っていけば難しくありません。弱体化されてきた経緯があるにも関わらず、変わらず強力であるこのデッキは練習する価値があるデッキと言えます。使用するデッキに迷っている方はこのデッキを使ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.