クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】新感覚で楽しめる、天界に行けるネタデッキ「10秒デッキ」

 どうも、IGです。今回は「10秒デッキ」を紹介します。10秒デッキはネタデッキと言われていますが、前シーズンに日本のMatatakiさんというプレイヤーが「10秒デッキ」で天界に行ったそうです。つまり、10秒デッキでも練習さえすれば天界にいけるということが立証されたのです。これを機会に使い方などを把握して、相手に10秒デッキを使われてもしっかりと対応できるようになっておきましょう。早速ですが、「10秒デッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。

 

10秒デッキ

デッキ構成

・ディガー
ゴブリンバレルと合わせて出して攻撃orゴブリンギャングと合わせて出して相手に呪文を使わせる。

・ゴブリンギャング
相手の呪文を引き出すユニット。

・スケルトンの群れ
相手の呪文を引き出すユニット。

・ゴブリンバレル
このデッキの主な攻め手となるカード。呪文で処理されないように出す。

・プリンセス
相手の呪文を引き出すユニット。

・ロケット
キングタワーを削るor防衛するために発動する呪文。

・クローン
ゴブリンバレルと合わせて発動する呪文。

・鏡
主にゴブリンバレル、ロケットとして発動する呪文。

 

基本的な使い方

 序盤はゴブリンギャングやスケルトンの群れ、プリンセスを出して、相手の呪文を把握、発動させます。そして、相手の手札にローリング系の呪文やファイアーボールなどの呪文が無いタイミングを見計らって、キングタワーにディガーやゴブリンバレル、鏡などを発動して一気にキングタワーを折りにいくデッキです。相手に呪文を発動させるには、防衛でゴブリンギャング、スケルトンの群れを出していき、残ったユニットに合わせてディガーを出してカウンターすると良いでしょう。

 

意識すべきポイント

 意識すべきポイントが2つあり、1つ目は、相手に10秒デッキであることを悟られないようにすることです。10秒デッキであることに気づかれてしまうと呪文を温存されてしまうので、勝ち目が無くなってしまいます。序盤はディガー+ゴブリンギャングなどで攻めるなどをして普通のデッキを装いましょう。2つ目は、ダメージを許容しながら防衛することです。基本的なデッキの攻撃を守り切ることはほぼ不可能なので、キングタワーを折られないようにある程度のダメージを許容して試合を進めていくことが重要になります。

 

まとめ

 他のデッキに比べて、10秒デッキで勝てた時は何とも言えない高揚感を得られるので、チャレンジしてみて下さい。また、1試合当たりの試合時間が短くなるので、勝つことができればトロ上げも非常に捗るというのが10秒デッキの良いところです。クラロワに少し飽きた方でも新しい感覚で楽しめるデッキとなっています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.