クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「Benzer vs みかん坊や」

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Match1 Chaos Theory vs PONOS Sports SET2 1on1 Benzer Ridel vs みかん坊や」の試合を考察していきます。今回のカードは、拮抗した試合が繰り広げられると予想していましたが、蓋を開けてみると一方的な試合となりました。予想外の結果となった今回の試合を1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH1 Chaos Theory vs PONOS Esports

  • GAME1 30:05~
  • GAME2 36:45~

 

SET2 1on1 

Chaos Theoryメンバー Benzer Ridel選手

PONOS Sports:メンバー みかん坊や選手

 

 

GAME1 デッキ構成

Benzer Ridel選手のデッキ構成

迫撃ディガーデッキです。

 

みかん坊や選手のデッキ構成

ゴブリンの檻入りスケラデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3/Youtube

序盤、Benzer Ridel選手が迫撃砲を展開して攻撃を仕掛ける。みかん坊や選手はゴブリンの檻に迫撃砲のターゲットを集め、うまく防衛していく。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3/Youtube

中盤、みかん坊や選手は防衛で使ったメガガーゴイルに合わせてスケルトンラッシュ+ポイズンを発動。Benzer Ridel選手はアウトローなどで防衛し、迫撃砲を出してカウンターに繋げていく。みかん坊や選手はマスケット銃士などで防衛していくが、Benzer Ridel選手はマスケット銃士に対してピンポイントでディガーを出して素早く処理。Benzer Ridel選手は大きくダメージを与えることに成功する。

中盤はBenzer Ridel選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3/Youtube

終盤、みかん坊や選手のタワーの残り体力がファイアーボール+ローリングウッド圏内になり、攻めるしかない状況でスケルトンラッシュを発動して最後の攻撃をしていくが、タワーを折ることはできず。

最後はBenzer Ridel選手がファイアーボールでタワーを折り、1vs0で勝利。

WINNER Benzer Ridel選手

 

GAME1 試合考察

 Benzer Ridel選手は、みかん坊や選手のスケルトンラッシュ+ポイズンによる攻撃をユニットを処理されないように防衛し、カウンターに繋げたことが勝因の1つと言えるでしょう。タワーのターゲットがスケルトンに向いていたため、無理に防衛はせずに安全な位置にアウトローを出してカウンターに繋げられるように防衛していました。迫撃砲やクロスボウデッキを使用する際は必須のテクニックなので参考にしたいですね。

 一方のみかん坊や選手は、メガガーゴイルと合わせてスケルトンラッシュ+ポイズンを発動していましたが、タワーのターゲットがメガガーゴイルに向く前に発動してしまったので、タワーに大きくダメージを与えることができませんでした。スケルトンラッシュを発動する際はタワーのターゲットが盾役となるユニットに向いてから発動させないと、大きなダメージを与えることができませんので注意しましょう。

 

 

GAME2 デッキ構成

Benzer Ridel選手のデッキ構成

迫撃ディガーデッキです。GAME1と同じデッキです。

 

みかん坊や選手のデッキ構成

メガナイトロイヤルホグデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3

序盤、Benzer Ridel選手が迫撃砲を展開して攻撃を仕掛けていく。みかん坊や選手は迫撃砲のターゲットを集めるのに適したユニットが無く、タワーに大きくダメージを与えられてしまう。最低限のダメージに抑えようと、みかん坊や選手はマジックアーチャーで迫撃砲の処理を試みるが、Benzer Ridel選手はすかさずファイアーボールで処理し、迫撃砲を延命していく。しかし、みかん坊や選手はファイアーボールを発動した瞬間にロイヤルホグで攻撃し、タワーにある程度のダメージを与えていく。

序盤はBenzer Ridel選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3

中盤、Benzer Ridel選手の迫撃砲による攻撃が次々と刺さり、タワーにダメージを与えていく。一方のみかん坊や選手は、メガナイトを出してカウンターに繋げていくがダメージを与えることはできず。

中盤もBenzer Ridel選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3

終盤、みかん坊や選手は巻き返しを図るが、Benzer Ridel選手はユニットを的確に出して防衛から攻撃へと繋げていく。最後は迫撃砲の攻撃によってタワーを折ることに成功。

序盤から中盤にかけてとられたアドバンテージが最後まで響き、1vs0でBenzer Ridel選手が勝利。

WINNER Benzer Ridel選手

 

GAME2 試合考察

 Benzer Ridel選手はユニットで防衛し、カウンターで迫撃砲を出すという一連の流れが、終始正確でした。特に、アサシンユーノの突進攻撃をユニットで受け、迫撃砲を守っていくプレイングは見ていてとても参考になりました。みかん坊や選手はデッキ相性も悪く、攻め手が無い状況が続いてしまいました。ロイヤルホグでセパレートするにしてもゴブリンギャングやアウトローをセパレートして防衛されてしまうので、うまくプレイ出来ていたとしても攻撃を通すのは難しかったかもしれませんね。

 

 

MATCH2 SET2 の感想

 Match1 SET2 1on1の勝者は、Chaos Theory Benzer Ridel選手となりました。Benzer Ridel選手はカウンタースキルが高く、カウンターに繋げられるようにユニットでうまく防衛していたところが非常に素晴らしかったです。自分から攻撃してリズムを掴んでいくことも、クラロワでは非常に重要ですが、カウンターがうまく出来れば自分から攻撃していかなくても勝つことができます。自分から攻撃するよりも安全なので、安定して勝ちたい場合はBenzer Ridel選手のようなプレイスタイルを真似すると良いかもしれません。

 みかん坊や選手は、攻撃に精彩を欠いていた印象を受けました。GAME1では、タワーのターゲットが他のユニットに向いているときにスケルトンラッシュを発動するべきですが、スケルトンラッシュ+ポイズンだけで済ましていました。タワーの残り体力が少ない状況では有効な手段かもしれませんが、そこまで削れていたわけでも無かったのであまり良い攻めではなかったように思えます。またGAME2では、相手の手札にファイアーボールがある状況でエレクトロウィザードの近くにロイヤルホグを出して攻撃していました。ロイヤルホグをファイアーボールで処理されるだけならまだしも、エレクトロウィザードも巻き込まれるように出していたのは良い手とは言えないでしょう。みかん坊や選手は調子が悪かったのかもしれません、次回以降の活躍に期待したいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.