クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「諦めない姿勢が見られた試合」

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Match2 DetonatioN Gaming vs Talon SET2 1on1 Tempura vs Yugi_art」の試合を考察していきます。プレイングの質の高さはもちろん、Tempura選手の諦めない姿勢に注目です。序盤から中盤にかけての試合展開からは予想がつかない結末となったので、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH2 DetonatioN Gaming vs Talon

  • GAME1 1:09:51~
  • GAME2 1:17:30~

 

 

SET2 1on1

DetonatioN Gamingメンバー Tempura選手

Talon:メンバー Yugi_art選手

 

GAME1 デッキ構成

Tempura選手のデッキ構成

ジャイスパデッキです。

 

Yugi_art選手のデッキ構成

巨スケネクローンデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3/Youtube

序盤、Yugi_art選手が巨大スケルトン+ネクロマンサーにクローンを発動して攻撃を仕掛けていく。Tempura選手は防衛にエリクサーを使いすぎてしまい、エリクサーアドバンテージをとられてしまう。

序盤はYugi_art選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3/Youtube

中盤、Yugi_art選手は再び巨大スケルトン+ネクロマンサーの形を作って攻撃を仕掛けていく。Tempura選手はスパーキーを出して防衛し、カウンターに繋げようとするが、Yugi_art選手はトルネードをうまく発動して巨大スケルトンの爆破にスパーキーを巻き込んで処理していく。

中盤もYugi_art選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3/Youtube

終盤、Tempura選手はエリクサー2倍タイムに突入してから徐々にペースを握っていく。巨大スケルトンの爆破でまとめて処理されないように、両サイドに攻撃を分散する。

Yugi_art選手は防戦一方の状況が続く。そして、僅かに体力が残ったスパーキーの攻撃がタワーに届いてしまう。

最後はファイアーボールでタワーを折り、Tempura選手が1vs0で勝利。

WINNER Tempura選手

 

GAME1 試合考察

 序盤から中盤にかけて、Tempura選手は巨大スケルトンの爆破によってカウンターができずに、防戦一方になっていましたが、諦めずに少しずつエリクサーアドバンテージを取り戻していきました。そして、Yugi_art選手がスパーキーの攻撃を1発許容すると、両サイドに攻撃を分散させることで、巨大スケルトンの爆破にユニットが巻き込まれないようにしていました。Yugi_art選手の攻撃、防衛の仕方を分析して状況に合わせたプレイングをすることで逆転勝利することができましたね。最後はYugi_art選手のミスにより、決着がつきましたが、Tempura選手の諦めない姿勢が勝利に結びついたと言えるでしょう。

 

 

GAME2 デッキ構成

Tempura選手のデッキ構成

スケラデッキです。

 

Yugi_art選手のデッキ構成

巨スケネクローンデッキです。※オーブンは出していませんでしたが、おそらくGAME1と同じデッキ。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3/Youtube

序盤、エリクサー2倍タイムに突入するまでお互いにユニットを出さずに様子見。解説のドズル氏曰く、熾烈なスタンプバトルが繰り広げられているそうです。

序盤はお互いに笑みがこぼれる状況。

 

中盤から終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match1~3/Youtube

エリクサー2倍タイムに突入してYugi_art選手がネクロマンサーを展開。すかさずTempura選手は逆サイドにベビードラゴン+スケルトンラッシュで攻撃を仕掛けていく。Yugi_art選手はそれを無視し、ネクロマンサーの前に巨大スケルトンを出して一気に攻める。その間にTempura選手はタワーを折ることに成功。

その後、Yugi_art選手はキングタワーを防衛することにエリクサーを使ってしまい、中途半端な攻撃になりタワーを折ることはできず。

1回の攻撃でタワーを折ったTempura選手が1vs0で勝利。

WINNER Tempura選手

 

GAME2 試合考察

 エリクサー2倍タイムに突入した瞬間にユニットを出すのが鉄板ですが、Tempura選手は相手が動くのを待ち、スケルトンラッシュを発動するタイミングを伺いました。Tempura選手の攻撃に対して、Yugi_art選手の手札に有効な防衛手段が無かったため、タワーを捨てて攻撃に集中しましたが、結果的にどちらも中途半端になってしまいました。

 

 

MATCH2 SET2 の感想

 Match2 SET2 1on1の勝者は、DetonatioN Gaming Tempura選手となりました。GAME1では諦めない姿勢の大切さ、GAME2では1つの判断ミスで結果が大きく変わるということが実感できましたね。どれだけ優勢でも1つのミスで結果が大きく変わり、1つの誤った判断によって逆転不可能な状況に陥ります。いくらプロとはいえ、ミスをすることはあるでしょう。特にアジアリーグという大舞台ではプレッシャーを感じ、本来の実力を出せないこともあるでしょう。しかし、そういった要素を加味しながら観戦することで競技シーンの面白さを感じることができます。今回負けてしまったYugi_art選手が、終盤もミスなくプレイすることができればつけいる隙が無い選手だと思いました。次回以降のYugi_art選手の試合を観戦するときは、終盤のプレイングに注目して観るとより面白くなりそうですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.