クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】どんな環境でも使用されている「2.9クロスボウデッキ」

 どうも、IGです。今回は「2.9クロスボウデッキ」を紹介します。このデッキは昔から使われており、流行っているデッキやバランス調整によって無類の強さを誇ったり、苦手とするデッキが多かったりと環境に左右されやすいデッキです。

 現環境ではロイジャイデッキやペッカデッキが多く、環境に適しているとは言えませんが、このデッキを使ってグローバル上位になっているプレイヤーは昔から一定数存在します。そのため、自分が使わなくてもこのデッキと対戦する可能性が大いにあるので、基本的な使い方などを抑えておくと良いでしょう。早速ですが、「2.9クロスボウデッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。

 

2.9クロスボウデッキ

デッキ構成

・巨大クロスボウ
このデッキの攻め手となるカード。防衛にも使える。

・テスラ
攻撃力が高い建物。攻める際はクロスボウと合わせて出す。

・アーチャー
使い勝手の良い対空ユニット。

・アイスゴーレム
盾役となるユニット。防衛する際は中央に出すことで相手ユニットを誘導できる。

・スケルトン
手札回転率を上げるカード。相手ユニットを誘導することにも使える。

・アイススピリット
手札回転率を上げるカード。相手ユニットを誘導することにも使える。

・ローリングウッド
小物系ユニットを処理できる2コスト呪文。

・ファイアーボール
相手の後衛ユニットを処理できる4コスト呪文。

 

基本的な使い方

 このデッキはスケルトンやアイススピリットを出して手札を回すことで、クロスボウを素早く展開することができます。クロスボウを展開して攻撃し、相手の地上ユニットが枯渇したタイミングで再度クロスボウを展開することで、クロスボウのターゲットをタワーへ向かせやすくすることができます。

 

意識すべきポイント

 2.9クロスボウデッキを使う上で意識すべきポイントは2つあり、1つは相手の地上ユニットが何体居るのかを分析することです。相手の地上ユニットが手札に無いタイミングを見計らって攻める必要があるので、相手の地上ユニットが何体居るのか、何が居るのかを知る必要があります。序盤は無理にクロスボウを出して攻撃せずに、分析することを優先してください。もう1つは、1対0で勝利を狙うことです。クロスボウデッキは、タワーが折られてしまうと満足に攻撃することができないので、絶対にタワーを折られないように防衛することを優先して試合を進めましょう。

 

まとめ

 他のデッキと違ってユニットを出して攻めるのではなく、建物を展開して攻めるデッキなので、そういったデッキを普段から使っていない方からすると慣れるまでは扱いづらいと思います。ですが、環境が目まぐるしく変わるクラロワにおいて、安定して使用されるデッキは非常に少ないため、そういった意味では貴重だと言えます。2.9クロスボウデッキは練習して損はしないデッキですので、これを機会に1度練習してみてがいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.